楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#麻婆豆腐


2年に1回行く予定のあの店に行ってみれば違う店になってたりして

IMG_4888


近くにカラシビが2軒あるっていうのにあえてのカラシビ勝負とか

IMG_4893


辛さにも痺れにも弱いボクですがパクチーを見た瞬間入る気マンマンです

IMG_4899


パクチーの盛りの良さにゴキゲンになったのも束の間

IMG_4897


分かっちゃいたけどやっぱり担々麺って具がさびしいのよね

IMG_4898


しかしながら盛りのいいまくり飯とやらが全てを受け止めて

IMG_4900


ドンストップラビンユーカラシビ状態です

IMG_4901


担々麺には欠かせない穴あきレンゲの装備でキッチリと具をサルベージ

IMG_4904


最後の最後まで余すコトなくカラシビを堪能したのでした

IMG_4905


こりゃあ冬の間の再訪は避けられなさそうな店との出会いとなりました





ち〇とかま〇とか男の子だったら好きな言葉ですから

003


そんな名前を付けたら流行るとでも思ったのでしょうか

009


けっしてそんなコトはないと思いますが麻婆飯と担々麺がウリのチェーン店

004


某〇〇ログによれば全国に50店舗近くを出店とナカナカの増殖度です

014


固めにゆでられたパツッとした麺は麺としては好きですが

013


スープとの馴染みを考えるとボク的にはやわらかめ指定したいところ

006


麻婆豆腐はもっと花椒が効いてるのが好みです

018


何度も言ってるコトですがトッピングのひき肉

011


穴あきレンゲなしでこの水面からどうやってサルベージすれば良いのでしょう

020


担々麺メインでやってくなら絶対に必要だと思うのに全国50店舗

001


こんなコト言ってるのはごく少数の人だけなんでしょうかねぇ


ある日スゴイ中華料理が食べてみたくなり検索して辿り着いたお店がフルタで

003


コースの値段がお一人様3万円~Σ(゚д゚lll)

004

005


最低のコースが3万円という価格設定に尻尾を巻いて逃げだしたボクは

007


某〇〇ログ日本一に君臨し続けるコチラに活路を見出します

010

011


すっぽんのスープに脂抜きしたフォアグラ入りとか

012


アワビの戻し汁で煮込んだフカヒレにトリュフにツバメの巣とか

016


オシンコショウガノッケテオスに対抗してフカヒレトリュフノッケテツバメノスとか

015


おまかせで頼んだコースですが初っ端から充実としか言いようがありません

018


おねいさんがコースで一番人気というコチラの料理は鹿肉に

019


ナンチャラ鮫のくちびるに

021

020


鹿のオティンティンという超絶滋養強壮薬膳

023


このアワビなんか頬が緩みっぱなしだったし

027


鹿のアキレス腱に松茸にすっぽんの卵とかハンパない食材の数々

029


何を食っても脱帽の味でココに来てホントに良かったと思いましたが

024


値段ならフルタより上のコースもあるようですよ(中華怖いね)

031


四川料理といえば辛いばっかりだと想像していましたがそんなコトもなく

032


本格的な担担麺もボクでも食べられるカラシビっぷりですし

033


元祖のレシピ(日本でココだけ!)で作られた麻婆豆腐もサスガの味わいで

036


ごはんオカワリするのをガマンするのがつらかったです

039


グルメな同行者も全く知らなかったネクストステージ超絶品中華

040


今まで知らなかった中華の世界を知ってしまったボクたちが

043


マンゾクを得られる中華はココしかないのかも知れません



刀削麺はマイベスト刀削麺が会社近くにあるので他所で食べませんが

015


特許申請中とかナニやら大層な文句に踊らされて頼んでみました

004


ランチタイムサービスのサラダとか水餃子とかあったりして

006


ナカナカのにぎわいを見せる店内ですが他に比べてこのメニューは

005


石鍋をキンキンに焼きまくってるせいか提供時間が遅めなので注意です

007


たっぷりの刀削麺とたっぷりの麻婆を絡めて食べればナカナカの味わい

009


さらにサービスコーナーのライスを使えば麻婆丼も食べられるという夢のメニュー

010


サービスの杏仁豆腐はオススメしませんがケッコウ満足度の高いランチタイム

016


お腹を目一杯空かせて行きたいお店ですね


↑このページのトップヘ