楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#銀座一丁目


FUJIYAMA!

IMG_0065

日本一の繁華街銀座に日本一のFUJIYAMAかと思いきや実は藤山さんでした

IMG_0069

IMG_0070

IMG_0072

なんでも京都の有名な和久傳という料亭で料理長をされてた方が独立しての銀座出店だそうで

IMG_0074

IMG_0075

IMG_0078

和久傳に行ったコトがないボクですが期待が四人用テント位パンパンになってます

IMG_0081

IMG_0083

京都ではケッコウな店で食べたコトありますがそもそも京料理ってのが?なボク

IMG_0085

IMG_0087

IMG_0090

コレぞ京料理の神髄!などという感想には至りませんが

IMG_0093

IMG_0096

IMG_0098

コレが一流の和食だというコトぐらいは分かるとてもスバラシイ料理の数々

IMG_0100

IMG_0102

IMG_0103

こういうトコロって〆に炊き込みご飯だったりするのが多いけどココは白飯で勝負

IMG_0105

IMG_0106

IMG_0110

自分ちのご飯も農家から直接買ってる米でウマいと思ってるけど当然その上を行くワケで

IMG_0108

IMG_0112

IMG_0113

最後の最後までサスガ京の大御所出身と思える味と仕上がりに脱帽でした

IMG_0062

こんなん来ちゃったら銀座の人気店もウカウカしていられないよねー




昨年より取り組んできたカッコイイ50歳になろうダイエッツですが

IMG_9309

IMG_9311

ようやく最終日を迎え四十台最後の晩餐に選んだのは銀座しのはらというゼイタク

IMG_9315

IMG_9316

トータルで約13kg落としたのだから数年会ってない人から見たら別人レベル

IMG_9313

IMG_9320

これで調子に乗るとあっという間にリバウンド王になってしまうのでホドホドに楽しみましょう

IMG_9324

IMG_9323

初めて来た三年前よりどんどんレベルは上がってるしスタッフも充実してテンポもいいし

IMG_9327

IMG_9329

最も銀座で行くべき和食店になったと思いますが最近の人気ぶりはハンパなく

IMG_9338

IMG_9334

開店当初は三ヶ月先位の予約が取れたのに今や半年以上待ちとか(汗)

IMG_9336

IMG_9341

焼いたスッポンなんてココでしか食べたコトないし相当な美味しさだからもっと来たいのに

IMG_9342

IMG_9346

鮨だけでない飲食店バブルがここ銀座では日常茶飯事なのです

IMG_9349

IMG_9356

やはりこういうお店では季節のメニューを楽しむために三ヶ月サイクル位で来たいもの

IMG_9352

IMG_9355

なので秋のジビエが出てくるあたりで誰か予約持ってる人お誘い待ってます♡

IMG_9359

IMG_9360

というワケで四十代最後の晩餐を楽しんだのですが四十代最後の宴会も控えてるワケで

IMG_9364

IMG_9303

リバウンドしないように生きていくのが心配な五十代になったのでした




我々ジャパニーズにとってナイフとフォークでいただく食事って何だか縁遠い感じですが

IMG_8617

ピザの普及のお陰かフレンチよりはイタリアンの方が取っつきやすく感じます

IMG_8619

とはいえザギンでイタリアンとなればちょいと肩ひじ張ってしまいそうなモノですが

IMG_8620

ランチだったらそんなに気張らなくたってダイジョウブ(ってかこの店なら夜でも!)

IMG_8625

前菜の盛り合わせから薪窯で焼き上げるピッツァにパスタにメインからデザートまで

IMG_8628

これだけ出てなんとランチコースが3,000円しないとか非銀座価格イタリアン

IMG_8627

何なら夜は終電近くまで営業してるし100席もあるので待ち知らずの使い勝手

IMG_8632

飲み会やるのにもお得なコースのある使い勝手のいいお手軽イタリアン

IMG_8634

たまにはこういう店でナイフとフォーク使ってみるのもイイですね




滋賀にあった頃はSNSで食レポを眺めてはうらやむばかりだったしのはらですが

IMG_6949

IMG_6952

IMG_6954

東京に移転してくると聞きつけ予約したあの日から2年余りの月日が経ち

IMG_6956

IMG_6960

IMG_6961

気が付けば某〇〇ログ日本一のお店にまでなっているというサプライズ

IMG_6965

IMG_6964

IMG_6967

微力ながら応援してきた甲斐があるというものですが

IMG_6970

IMG_6975

IMG_6978

それだけの評価を受けるというコトは予約が取れなくなるというコトでもあります

IMG_6982

IMG_6984

IMG_6987

この時点で9月まで予約で埋まってるという人気ぶりで来たくても来れないジレンマ

IMG_6989

IMG_6990

IMG_6993

ココのメニューは月替わりなので贅沢を言うなら毎月来たいですが無理というもの

IMG_7008

IMG_6995

IMG_6997

それでもせめて四季ごとに味わいたいですね

IMG_7000

IMG_7002

IMG_7007

次に来るのはマイバースデー半世紀記念なので盛大に呑んじゃおうと思います

IMG_6950

いつ来ても何を食べても外さないスゴイお店です!




ラーメン断ちしたくせに鮨やら肉やら食べてばっかりで痩せられないボクですが

IMG_5521

たまにはイタリアンなんかも食べてみたいのです

IMG_5522

ザギンでイタリアンとなれば真っ先に出てくるのがアロマフレスカですが

IMG_5525

ボクのような人間はリストランテなんて行きづらいので

IMG_5530

アロマフレスカがやってるカジュアルラインのこちらに行くコトにしたのです

IMG_5527

IMG_5529

以前にザギンでおフレンチのときもそうだったのですが箸で食べない料理って

IMG_5532

IMG_5534

なんとなく気後れしてしまうのでこういうディフュージョン版のほうが行きやすいのです

IMG_5535

IMG_5531

なのでエンポリオアルマーニならぬエンポリオアロマフレスカなのです(笑)

IMG_5536

IMG_5541

さてコチラのお店のコースはポーションがひと口サイズのものがイロイロ出て

IMG_5538

IMG_5543

そこにパスタやらメインやらを追加していくスタイルなので少食の人でもダイジョウブ

IMG_5546

IMG_5544

てか何でこんなに写真が暗いのか納得できませんが内容も味も納得のおいしさ

IMG_5548

IMG_5551

このメインのビステッカはアロマフレスカと同じものだとかでナカナカの味わいだし

IMG_5554

IMG_5555

週末なら店内でのピアノ生演奏なんかも楽しめるというお手頃イタリアン

BlogPaint

店頭の写真が撮りづらいのを除けば誰にでもオススメできるお店です





主食がラーメンで副食が鮨というボクが糖質制限などというコトを始めた2018年

IMG_1400

それなりに続けていますが今や日本を代表する和食店の予約があるならば

IMG_1406

IMG_1408

IMG_1412

糖質制限はいったん置いといて美味しいモノを好きなだけ楽しむのが鉄則

IMG_1414

IMG_1415

糖質のカタマリであるジャパンを呑んじゃってダイジョウブかしら?なんて

IMG_1416

IMG_1425

そんなコトは考えず和食には黙ってジャパンが最近のマイブームです

IMG_1423

IMG_1428

この店が銀座に来てから今日で4度目の訪問になりますが

IMG_1407

IMG_1430

IMG_1434

来るたび来るたび次回の予約が遠のいていき今回の予約は半年前に取ったやつで

IMG_1431

IMG_1433

今年はもう7月まで予約一杯とかとどまるところを知らない人気っぷり

IMG_1438

そんな人気のココでボクが何よりも好きなのがこのお肉たち

IMG_1443

青首鴨と焼いたすっぽんなんて他の和食店では食べたコトありません

IMG_1440

IMG_1446

熊と猪の肉もやっぱり他の店ではそうそう出て来ないでしょう

IMG_1444

IMG_1448

IMG_1452

カニのご飯もスバラシイしさっきの熊猪スープでそのご飯を雑炊にするなんて

IMG_1454

IMG_1455

こんな糖質だったらガマンどころかいくらでもオンしてしまうものです

IMG_1457

IMG_1458

コレだけの料理を食べて呑んでもおひとり様3に届かないというコスパもスバラシイ

IMG_1399

大マンゾクしたのでまた明日から糖質制限がんばれそうです



昨年の10月に滋賀から東京への進出を果たしたと思ったら

IMG_8166


今や某〇〇ログで銀座と検索すればジャンルの壁を越えて一位の座に躍り出た

IMG_8168


銀座が世界一の街だと思っている銀座LOVEのボクにしてみれば

IMG_8170


某〇〇ログ基準で言えばボク的世界一とも呼べるこの店で

IMG_8174


自分の誕生日ウイークのフィナーレを飾るコトはシアワセ以外の何物でもありません

IMG_8173


お誕生日おめでとうございますと注がれたアンリジローの量がすべてを物語ります

IMG_8176


常連とかではないボクには限られた大切な大切な予約

IMG_8178

IMG_8179


こういうときの為に取っておいて良かったのサイコーのタイミングです

IMG_8182

IMG_8184


それほど和食通でもないボクが言ってもアレですが

IMG_8186

IMG_8188


サスガとしか言いようがないしサイコーとしか言いようがないレベル

IMG_8190


当然ジャパンがすすみにすすみまくるしかない料理の連続

IMG_8192

IMG_8194

IMG_8197


そして〆のごはんは毎度おなじみの三段活用

IMG_8196

IMG_8199


まずは鮎の炊き込みごはんを味わったら次はダシをかけてお茶漬け風に

IMG_8203


コメには米で対抗するでしょ!とさらにジャパンを重ねたら

IMG_8200

IMG_8201


おこげのあたりをあんかけにしてフィニッシュです

IMG_8205


これだけの内容にこれだけの味の料理が破格の値段で味わえるのだから

IMG_8207

IMG_8209


年内の予約は一杯で来年の予約は電話にてお願いしますとか仕方ありません

IMG_8165


その人気っぷりもうなずけるけど最低でも季節ごとに食べたいと思うお店です



↑このページのトップヘ