楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#日本料理


IMG_3943

これまで予約が取れなくて地団太踏んでた店のキャンセルが出たタイミングをゲットできました

IMG_3942

薪窯とかではなく薪の直火を使って素材を調理するボクの見たコトないスタイル

IMG_3948

まずは炙ったソラマメが出されましたが一品目でコレかよという超絶酒泥棒

IMG_3946

気取っておシャンパンなんか飲んでる場合でなくソッコーでジャパンにスイッチです

IMG_3950

お次は皮目を炙った網走の釣りキンキですがコレだけで二合はイケそうです

IMG_3954

そして何よりも驚くのがこの焼き椎茸でボクが食べた椎茸の中で世界一と断言できます

IMG_3953

こうなるとほーら酒が加速していく一方です

IMG_3959

お椀はワカメのすり流しに帆立の真薯ですがこれまたバカウマで序盤から飛ばしまくり

IMG_3960

そりゃ呑むしかありませんよ実際

IMG_3963

さあ来ましたこの店のスペシャリテ太田牛フィレを使った飯蒸しです

IMG_3965

タレの味はバツグンだし焼き加減も絶妙で永遠に食べていたいと思いました

IMG_3966

次に来たホタルイカの和え麺は添えられたトマトをつぶして混ぜてくださいとのコト

IMG_3968

トマトの酸味がソースにぴったりとマッチして得も言われぬ美味しさ

IMG_3971

次に来た焼きタケノコですが薪の実力をいかんなく発揮した瑞々しさに驚かされます

IMG_3973

ってコトでジャパンおかわりです

IMG_3977

次に来たのは揚げた大根キャビアトッピングですが想像の遥か上を行くウマさ

IMG_3978

赤貝の木の芽ソースは木の芽の風味が効いてて絶妙な味

IMG_3983

ホワイトアスパラのフライ伊勢海老ソースなんて来た日にゃもうタマラン

IMG_3981

こうして記憶喪失と睡魔と闘いながらもドンドン食べ進めていきます

IMG_3987

この辺りはまだまだ記憶しっかりのアイナメとうるいのお椀

IMG_3989

カイノミの手巻きは薄れかけていく意識を取り戻してくれる衝撃のウマさ

IMG_3985

コレだけの料理を食べりゃそりゃ飲むでしょって

IMG_3993

そろそろ〆に入って新玉ねぎと菜の花の炊き合わせでしみじみしたら

IMG_3996

薪の香りをまとったノドグロ(だったはず)の炊き込みご飯の登場です

IMG_3998

ハンパなくウマかったという記憶しかないほど酔っていたと思います

IMG_3992

酔ってるからこそまた吞んじゃうんだろうねー

IMG_4001

ボクの記憶になく記録に残っていたもう一つのご飯はお土産にしてもらいました

IMG_4003

写真のボケ具合が全てを語っていますが美味しい料理があると酒が進むのは仕方ない

IMG_3940

IMG_3938

ちょっとお高めですが大マンゾクなディナーとなるコト間違いなしのお店でした




春は別れの季節というコトで転勤が決まった彼の送別会という名目で呑みに来ました

IMG_3534

横浜辺りがイイというリクエストでしたがこの辺で呑むなんて考えないから全然店知らないし

IMG_3535

駅近くでなんかイイ店ないかと必死に探して見つけたのがコチラのお店です

IMG_3537

先付も八寸もパッと見フツーの和食に見えますがけっこう手が込んでいて面白いです

IMG_3542

ハマグリのお椀もナカナカな出来栄えでこうなってくるとやっぱりジャパンです

IMG_3540

IMG_3543

刺身もネタ毎につける醤油を変えるという手の込みようでこの先も楽しみです

IMG_3545

焼き物は金目鯛ですが脂も乗ってて木の芽の風味がよく合います

IMG_3546

IMG_3547

アナゴの蒸し物は道明寺風に作られててこれまたナカナカですよ

IMG_3552

メインは松坂牛のサーロインらしいですが何やら黒い塩につけて食べるなんて初体験

IMG_3554

〆の炊き込みご飯はいわて純情プレミアムひとめぼれとやらを使ってるそうで

IMG_3556

もうね二人して争うようにオカワリするほどのもんでした

IMG_3559

夜景がきれいだとかの書き込み見たけど日産本社近すぎてそれどこじゃないだけで

IMG_3550 (2)

それを期待さえしなければ料理もおいしいし接客も素晴らしい佳店

IMG_3531

横浜駅周辺でお食事を考えている人にオススメできるお店です




いつも旅行の楽しみといえばその土地土地で食べる食事だったりしますが

IMG_3014

今回の旅行ではいつもと違うコンセプトで食べるために泊まる

IMG_3010

というワケで美味しい料理を出しているという評判の宿から探すコトにしました

IMG_2953

某〇〇ログに旅館部門なんてのがあるのを知りませんでしたが

IMG_2952

IMG_2951

その某〇〇ログでの旅館ランキングで日本2位というコチラ

IMG_2955

IMG_2956

歴史は浅いものの「かわせみ流日本料理」と名乗る料理が評判らしいので

IMG_2960

IMG_2965

IMG_2970

今回の旅行の宿に決定しました(予約が遅くてイイ部屋取れませんでしたがw)

IMG_2971

IMG_2974

久しぶりに旅館なんて泊まりましたがナカナカのホスピタリティですし

IMG_2975

IMG_2978

宿自慢の料理もしっかりした味付けで舌にインパクトを残すものが多く

IMG_2980

IMG_2982

奥深さ云々よりも誰にでも分かりやすい美味しさという感じの料理に感じます

IMG_2984

一般的な男性だとどうか分かりませんが量もボクにはちょうど良い感じで

IMG_2988

IMG_2991

なるほど評判なのも分かりますと迎えた翌日の朝食

IMG_2997

IMG_2993

朝からどんだけ出してんだよ!って感じの朝ごはんなのに

IMG_3000

食事が終わって食器を下げたと思ったらいつの間にかデザートがセットされてたり

IMG_3004

挙句に食後はコーヒーか紅茶かフルーツティーか?ってどんだけやねん!

IMG_3009

ダイエット中でなければウレシイ限りの充実食事はサスガ某〇〇ログ2位

IMG_3012

たまにはこういう旅館に泊まるのも悪くないなーと思いました




予約がなかなか取れない店って世の中にたくさんありますが

IMG_2360


その中でもボクが予約を取りたい店ベスト3に入っていたお店がココ

IMG_2365


4月に初めて行ったとき誕生日ディナーはココにしようと予約しておきました

IMG_2366


おめでとうございまーすと出てきた赤飯の美味しいコト

IMG_2369

IMG_2372

IMG_2374


今日も期待を上回る料理が出てくるコトでしょう

IMG_2370


大体が水ひとつ取ってもこんなのがボトルで出てくるお店ですから

IMG_2380

IMG_2382

IMG_2384


おまかせと言っても期待しかないのですが実は心配なコトが一つ

IMG_2394

IMG_2392


いくら美味しいといっても小食で有名なボクですから

IMG_2389

IMG_2396


あんまり量が出てこられても食べきれない心配があるのです

IMG_2399

IMG_2402


いやーそろそろおなか一杯になってきたかなーと思っても

IMG_2404


まだ出てくるの(゚д゚lll)

IMG_2405


限界ギリギリのところでようやくご飯の登場ですが

IMG_2408


なんせこのご飯が殺人的に美味しいものですからオカワリ必須で

IMG_2410


ボクを殺人的デブへと引き上げてくれるのです

IMG_2412


最後に猿田彦珈琲の水出しと共に味わうのが出来立ての葛切りで

IMG_2415


これで年齢とともにお腹の年輪も重ねるコトとなりました

IMG_2359


次に来るのは松茸の季節かなー(お勘定が恐怖ですけど)



某〇〇ログに於いてコレを書いてる時点で日本のTOP50に入ってるわ

IMG_1555


ミシュランガイド東京では二つ星を獲得するわーの銀座の割烹

IMG_1559


京都の二つ星と東京の三つ星で料理長を務めていた人が独立?とか

IMG_1560


料理は25000円と30000円のおまかせのみとか言っちゃってー

IMG_1563


実は「俺の〇〇」を運営する俺の株式会社だったりするからビックリです

IMG_1565

IMG_1564


片や引き抜いてきた料理人の星合計が〇〇個なんて言って

IMG_1566


立ち食いで回転を良くして低価格で行列を作りーの行列が行列を呼びーの

IMG_1569

IMG_1570


片や「俺の〇〇」という名前を付けずに「銀座〇〇」というネーミングで

IMG_1572


銀座というブランドイメージを使って客単価を吊り上げるという

IMG_1573

IMG_1575


実に巧妙な戦略に世の中がしてやられているという構図

IMG_1578


他には「銀座ときとう」や「銀座しまだ」なんかもありますが

IMG_1581

IMG_1582

IMG_1583


その中で世間の評価も値段も最高峰にある俺のフラッグシップです

IMG_1584

IMG_1585


これを同じ場所、値段、料理で「俺のおかもと」とかやっていたら

IMG_1586

IMG_1587

IMG_1591


果たして世間の評価が今ほど得られていたかは誰にも分かりません

IMG_1592

IMG_1594

IMG_1595


意識的に避けてきた「俺の〇〇」系列だからこんなコトを言っているのではなく

IMG_1597


イメージって大切よねってコトが言いたいだけなのです

IMG_1598


料理はとても美味しかったけどサービスや内装やらイロイロと?だったりして

IMG_1600


これであの金額だと思うとちょっとアレかなと思いますので

IMG_1556


ボクには「俺のおかもと」というコトでよろしいかと



銀座でおのでらといえば鮨に天ぷら鉄板焼きとありますが

IMG_1513


コチラは女将が作る家庭的な料理が評判の割烹です

IMG_1516


個室が二つにカウンターが5、6席だけの小さなお店なので電話確認は必須

IMG_1517


おまかせ料理だけですが5000円~と銀座にしては高くありません

IMG_1518

IMG_1521


そんな小さなお店ですから混んでいるときは少し提供に時間がかかりますが

IMG_1522


それなりに品数は出てくるのでゆったりと呑むのがいいでしょう

IMG_1523


繰り出される料理は家庭料理っぽくそれでいて一ひねりが効いており

IMG_1525


酒がススムのは避けて通れません

IMG_1531


ほどほどの量で少しずつ色んなものが食べられるのは大好きだし

IMG_1529

IMG_1530


おそらくランチタイムでも出しているであろうハンバーグもいいツマミになるし

IMG_1534


桃とサマートリュフなんて夏のぜいたくツマミが出てきた日にゃあノックアウトです

IMG_1535


〆のごはんは炊き込みごはんかハヤシライスが選べたりしますので

IMG_1537


きっと何度来ても飽きるコトなく楽しめてしまうのでしょう

IMG_1528


大人数よりも一人か二人でしっぽりってのが良さげなお店です



↑このページのトップヘ