楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#新橋


今年新たにミシュラニストの仲間入りを果たした鮨店の店主が

IMG_5286


ココの店が好きと言って内装まで真似しちゃったなんて聞いていて

IMG_5287


行こう行こうと思っていたけど今どきの鮨屋さんとは違う予約システムで

IMG_5290


当日の朝8時からとか、、、

IMG_5288

IMG_5289


それほど計画的でないボクでも当日予約しかないとなると尻込みしてました

IMG_5291

IMG_5293


最近になって一週間前予約が可能になったとのコトで早速の突撃です

IMG_5294

IMG_5295


寡黙な大将はなかなかの雰囲気を醸し出してるし

IMG_5297

IMG_5299


なかなかに目配り気配りの好接客だし

IMG_5298


焼酎は置いてないのにグラスで呑めるシャンパンやらワインやらあったりして

IMG_5300

IMG_5301


どちらかと言えば今どき流行りの鮨店と違うクラシカル江戸前と思わせておいて

IMG_5302

IMG_5303


ネオクラシカル江戸前鮨とでも名付けましょうか

IMG_5304

IMG_5305


シャリが小さめでイロイロなネタを食べさせる鮨とは違って

IMG_5306

IMG_5307


しっかりと大きめのシャリで鮨を食ってるなって気にさせられるにぎりで

IMG_5308

IMG_5309


なるほどアソコの大将が好きなのもうなずける鮨でした

IMG_5285


何か月も予約できない店よりもチョイチョイ行きたい鮨店との出会いでした





超オリジナル麺だと!?

IMG_5025


通りすがりにこんなの見かけた日にゃあ入らずにはいられないタチです

IMG_5015


好きな人は好きかも知れませんがあまり胡椒を使わないボクにとって未知の味

IMG_5018


粒生こしょうと一緒に提供される超オリジナル麺

IMG_5016


酸辣といえばもともと胡椒が入っているので相性はイイと思うのですが

IMG_5021


胡椒を練り込んだ麺とやらはソレほど胡椒を感じさせるコトもなく

IMG_5019


ほどよい酸味と辛みのスープと相まってナカナカのお味

IMG_5023


この手のラーメンに多い具の弱さは否めないモノの

IMG_5022


ライスと一緒に楽しみたくなる味で一気にすすり切っちゃいました

IMG_5026


夜に呑みに来てもヨサゲな感じのするなんかいい店でした




ボクがラーメン好きというのは知り合いなら誰でも知っていますが

IMG_4124


何ラーメンが好きかというと醤油>味噌>塩というのはあまり知られていません

IMG_4125


なので塩がウリという店にはあまり足を運ぶコトはありませんが

IMG_4129


なんでココに足を運ぼうと思ったのはこの前食べておっ!と思った味噌の店と

IMG_4126


同じ会社が経営しているというのを知ったからです

IMG_4127


そんな期待を背負った塩らーめんですが一口すすって

IMG_4130


おっ!となったし海老ワンタンの味付けも生姜が効いた好みのモノでしたが一点だけ

IMG_4132


なぜチャーシューを抜くのか!?

IMG_4133


どこぞの納豆ラーメンみたいにチャーシュー抜くのは止めてほしいです

IMG_4121


大盛無料とかそういうのよりチャーシューなのです




新橋のこういう路地っていったらイメージは新橋〇〇園だったりするので

IMG_1220


清廉潔白で純真無垢なボクには全く関係ないと思っていましたが

IMG_1231


割烹のイイ店があると聞いたので

IMG_1232


日曜日の明るい時間なら新橋の路地裏も怖くないというコトでやって来ました

IMG_1233


ココは基本がおきまりの五品に好みで追加を頼むスタイルなので

IMG_1238

IMG_1241


アラカルトで頼むと料理が出るのが遅くなったりするコトもあるようです

IMG_1247


ボクはおきまり以外にポテサラとからさめにご飯をお願いしました

IMG_1243

IMG_1244


春雨にからすみを乗っけたからさめはビールなんかでガマンできる代物ではなく

IMG_1237


これまたおきまりのジャパンへとボクを誘います

IMG_1248


コチラの大将はどっかの有名店で働いてたとか領事館の料理人だったとか

IMG_1256


諸説イロイロですが出てくる物は間違いないのでその辺は気にせず

IMG_1259


おきまりが一通り出たらこの店の売りであるフライの注文をしましょう

IMG_1253


お客さんの注文毎に土鍋で炊かれたご飯と一緒にいただきますが

IMG_1271


つやつやのご飯はそれこそオカズなしでもオカワリできるレベル

IMG_1267

IMG_1279


そこに絶品のフライがおかずになると新たなる久ワールドが広がります

IMG_1273

IMG_1275

IMG_1282


一合単位で注文するご飯もあっという間になくなってしまうぐらいなので

IMG_1277

IMG_1281


ココに来るならしっかりとお腹を空かせて来た方がイイでしょう

IMG_1284


入れ替え制というのがボクのような人間にはちょいとネックになりそうですが

IMG_1223


また来なければいけない店が一つ増えた感じです



東京で喜多方ラーメンといえば代表格が七彩ぐらいで他には

IMG_0598


坂内に小法師に麺ロードあたりのチェーン店ぐらいしか思いつきませんが

IMG_0599


新店とはいえ最近やたらとネット上で見かけたこちらのお店

IMG_0604


ただでさえ新しい店が毎日のように出来ては消える東京に於いて

IMG_0602


なぜにそれ程みんなを惹きつけているのかというと

IMG_0601


サイドメニューにありというコトでよろしいかと思います

IMG_0609


清水港直送の本鮪を使ったトロたくちらしが350円でセットにできるとか

IMG_0603


ラーメン屋さんとしてはと言うかドコの飲食店に行っても破格のメニュー

IMG_0607


ハッキリ言ってボクはサイドが気になって来た派ですが正直言って

IMG_0611


ラーメンあってのサイドだと思っていますので

IMG_0612


相性云々は置いといてラーメンが鮪に負けてる場合ではないと思うのです

IMG_0614


また来るならば上本鮪丼だけでいいかも知れませんね



バーなのにネットに出てくる画像はカツサンドばっかり

023


そんなバーにカツサンド食いたさで行ってみました

020


まずはお通しですってコンソメスープが出てくる時点でタダのバーではない感じに

019


食いメインで来たボクは期待にあっちこっち膨らんでます

025


さらに二つ目のお通しとして出てきたポンデケージョがこれまた美味しくって

022

027


もうガマンできず滲み出るモノを感じます

028


原木から切り出すハモンセラーノも鉄板の美味しさだし

031

032


バーニャカウダもたまりません

021


そして出てきたココのフラッグシップサンドイッチ

038

039


照明が暗い席だったので撮影に苦労しましたがエロティックピンクのカツは

040


それはもう至極の味わいであっという間になくなっちゃいまして

041


肉続きはアレなのでフィッシュサンドを追加オーダー

047


コチラもボク好みの酸っぱめのタルタルが堪らない感じで

048


和牛カツサンド同様あっという間になくなってしまいました

044


コレ以上夜中に食べるとあまりにもアレなのでガマンガマン

024


というワケで脳内欲求を美味い酒にスイッチして

051


いつもとは違う銀座の夜をマンキツしたのでした

018


美味い酒が呑めて美味い食事が出来るとってもイイお店でした



ある日スゴイ中華料理が食べてみたくなり検索して辿り着いたお店がフルタで

003


コースの値段がお一人様3万円~Σ(゚д゚lll)

004

005


最低のコースが3万円という価格設定に尻尾を巻いて逃げだしたボクは

007


某〇〇ログ日本一に君臨し続けるコチラに活路を見出します

010

011


すっぽんのスープに脂抜きしたフォアグラ入りとか

012


アワビの戻し汁で煮込んだフカヒレにトリュフにツバメの巣とか

016


オシンコショウガノッケテオスに対抗してフカヒレトリュフノッケテツバメノスとか

015


おまかせで頼んだコースですが初っ端から充実としか言いようがありません

018


おねいさんがコースで一番人気というコチラの料理は鹿肉に

019


ナンチャラ鮫のくちびるに

021

020


鹿のオティンティンという超絶滋養強壮薬膳

023


このアワビなんか頬が緩みっぱなしだったし

027


鹿のアキレス腱に松茸にすっぽんの卵とかハンパない食材の数々

029


何を食っても脱帽の味でココに来てホントに良かったと思いましたが

024


値段ならフルタより上のコースもあるようですよ(中華怖いね)

031


四川料理といえば辛いばっかりだと想像していましたがそんなコトもなく

032


本格的な担担麺もボクでも食べられるカラシビっぷりですし

033


元祖のレシピ(日本でココだけ!)で作られた麻婆豆腐もサスガの味わいで

036


ごはんオカワリするのをガマンするのがつらかったです

039


グルメな同行者も全く知らなかったネクストステージ超絶品中華

040


今まで知らなかった中華の世界を知ってしまったボクたちが

043


マンゾクを得られる中華はココしかないのかも知れません



予約時にどんな物をどんな風に食べたいと伝えるとそういうコースになるらしい

002


フルカスタマイズおまかせコースが売りというコチラのお店

006


いちいち言うのも面倒なので今回は普通におまかせしてみました

005


付き出しからすれば和食系なのかなと思わせておいてーの

007


車海老をプロシュートで巻いてみましたってのが出てみたりして

009


どんな流れになるのかと思いきや牛タン(タンモト)とか流れはやっぱり和食系

011


まあ出てくるものに満足なので和とか洋とか関係ありませんが

013


和食というよりは気の利いた家庭料理といった感じでしょうかね

015


この日は飲み放題で頼んでいましたがエクストラコールドや富乃宝山も飲めるし

017


飲み放題に入っていないワインも飲ませてくれるというカスタマイズっぷり

020


接客も気持ちがいいですし食事の出るタイミングも申し分なし

025


後はもうちょっと安ければ文句はないのですが(笑)

001


ちょいちょい一人呑みとかにも使えそうなイイお店でした



冬は味噌というコトで

003


味噌屋せいべえ亡き今この界隈で他に思いつかなかったのでコチラへ

002


マラソンに向けて猛ダイエット敢行中(笑)なのでランチサービスは抜きにして

005


罪の意識を薄れさせてくれる魔法のワード野菜を増してみました

008


毎日食べても飽きの来ない体に優しく安心と店が言う味は

007


毎日どころか大盛なんかにしたら味変必至じゃないかと思うし

006


ラーメンに求める野菜トッピングには人参とコーンは要らないのです

009


昭和の味噌とかいうメニューの方が安くて美味しそうだったので

013


次の機会があったらそっちを試してみようと思います


忘年会真っ盛りの師走の銀座では〆ラーメンするのも大変で

005


はしごも松富も銀八商店も行列だなんて時だって

007


開いてて安心空いてて安心のコチラ

011


あっという間に入れてしまうのです(笑)

012


何度も来ていますがいつも味噌ばかり食べてる気がするので

009


大きく変わったと言う醤油ラーメンにしましたが

013


メニューには正油らーめんとありどっちやねん!と突っ込みたくなります

014


以前の味を知らないボクですから喉が渇くラーメンとだけ言っておきますが

003


空いてて安心なのでまた来ちゃうコトでしょう


↑このページのトップヘ