楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#和食


IMG_3943

これまで予約が取れなくて地団太踏んでた店のキャンセルが出たタイミングをゲットできました

IMG_3942

薪窯とかではなく薪の直火を使って素材を調理するボクの見たコトないスタイル

IMG_3948

まずは炙ったソラマメが出されましたが一品目でコレかよという超絶酒泥棒

IMG_3946

気取っておシャンパンなんか飲んでる場合でなくソッコーでジャパンにスイッチです

IMG_3950

お次は皮目を炙った網走の釣りキンキですがコレだけで二合はイケそうです

IMG_3954

そして何よりも驚くのがこの焼き椎茸でボクが食べた椎茸の中で世界一と断言できます

IMG_3953

こうなるとほーら酒が加速していく一方です

IMG_3959

お椀はワカメのすり流しに帆立の真薯ですがこれまたバカウマで序盤から飛ばしまくり

IMG_3960

そりゃ呑むしかありませんよ実際

IMG_3963

さあ来ましたこの店のスペシャリテ太田牛フィレを使った飯蒸しです

IMG_3965

タレの味はバツグンだし焼き加減も絶妙で永遠に食べていたいと思いました

IMG_3966

次に来たホタルイカの和え麺は添えられたトマトをつぶして混ぜてくださいとのコト

IMG_3968

トマトの酸味がソースにぴったりとマッチして得も言われぬ美味しさ

IMG_3971

次に来た焼きタケノコですが薪の実力をいかんなく発揮した瑞々しさに驚かされます

IMG_3973

ってコトでジャパンおかわりです

IMG_3977

次に来たのは揚げた大根キャビアトッピングですが想像の遥か上を行くウマさ

IMG_3978

赤貝の木の芽ソースは木の芽の風味が効いてて絶妙な味

IMG_3983

ホワイトアスパラのフライ伊勢海老ソースなんて来た日にゃもうタマラン

IMG_3981

こうして記憶喪失と睡魔と闘いながらもドンドン食べ進めていきます

IMG_3987

この辺りはまだまだ記憶しっかりのアイナメとうるいのお椀

IMG_3989

カイノミの手巻きは薄れかけていく意識を取り戻してくれる衝撃のウマさ

IMG_3985

コレだけの料理を食べりゃそりゃ飲むでしょって

IMG_3993

そろそろ〆に入って新玉ねぎと菜の花の炊き合わせでしみじみしたら

IMG_3996

薪の香りをまとったノドグロ(だったはず)の炊き込みご飯の登場です

IMG_3998

ハンパなくウマかったという記憶しかないほど酔っていたと思います

IMG_3992

酔ってるからこそまた吞んじゃうんだろうねー

IMG_4001

ボクの記憶になく記録に残っていたもう一つのご飯はお土産にしてもらいました

IMG_4003

写真のボケ具合が全てを語っていますが美味しい料理があると酒が進むのは仕方ない

IMG_3940

IMG_3938

ちょっとお高めですが大マンゾクなディナーとなるコト間違いなしのお店でした




バター紅茶なんて聞いたコトないけどケッコウおいしいね

IMG_3761

そんな紅茶からスタートした今回のコースですが酒のスターターはやっぱりビール

IMG_3763

ドコの店行っても何なら他の店で飲んできた後でもやっぱり最初はビールなのです

IMG_3764

で大石といえば最初はコレなのです

IMG_3770

ビール後はペアリングにしましたが泡が飛ばされて提供されるのにはガーンでした

IMG_3766

IMG_3771

このカリフラワーのムースにウニやら色々入ってるやつはホントおいしいね

IMG_3775

IMG_3773

前回とはネタが違うけどバルサミコ酢で作ったシャリの鮨もナカナカです

IMG_3780

IMG_3777

IMG_3779

すっぽんのコンソメは蕪がこれまたイイ感じです

IMG_3784

大石流の八寸はカラフルで目を楽しませてくれますがコレだけでかなり呑めます

IMG_3787

近所のしのはらさんとは料理人の行き来もあるほどの付き合いだそうで堂々のパ〇リw

IMG_3792

サザエのナンチャラは中がどうなってたか忘れたけど見た目と裏腹においしかった

IMG_3795

金目鯛だったと思しき魚は皮目がパリッと香ばしく付け合わせのアスパラも絶品

IMG_3796

IMG_3799

IMG_3800

でメインの一品目はラムラックを骨の部分と肉の部分に分けて違う焼き方したやーつ

IMG_3801

お口をさっぱりさせる何だったか思い出せないやつで口の中をリセットしたら

IMG_3803

メイン二品目の飛騨牛のランプが登場です

IMG_3805

そしてとどめを刺しにかかる最初のごはんはイセエビのごはん

IMG_3806

ごはんの量を聞かれますがお腹がはち切れそうなのをガマンして普通でお願いします

IMG_3808

IMG_3810

当然次に出てくるカレーも普通でお願いしましたがココらがボクの限界でした

IMG_3814

味もそうですがココは量もハンパないのでこんな時期でも満席なのでしょう

IMG_3817

次の予約は5ヶ月待ちだったけどその頃は明るい世の中になってるとイイですね





ヒマさえあればOMAKASEで行きたい店のキャンセルチェックに余念のないボク

IMG_3704

IMG_3706

IMG_3708

当然ココしのはらだってチェックする店に入っているのです

IMG_3716

IMG_3711

IMG_3713

予約を入れるの忘れてて次の予約が7月になっちゃったもんだから初めてのOMAKASEです

IMG_3718

IMG_3722

IMG_3723

やっぱり季節ごとに変わるメニューを食べたいと思う店なので3か月に1回は来たいです

IMG_3725

IMG_3726

IMG_3728

そのためにはキャンセル待ちでなくキチンと予約を入れないといけませんね

IMG_3729

IMG_3730

IMG_3732

何を食べてもマンゾクの店ですが特に焼きすっぽんはスペシャリテだけあってタマランお味

IMG_3734

IMG_3712

IMG_3735

そして春を感じずにはいられない山菜の炊き込みご飯が登場

IMG_3738

IMG_3740

IMG_3737

これでマンゾクと思っていたら大間違い卵にくぐらせた牛肉を白飯でやっちゃうとか

IMG_3747

IMG_3750

IMG_3745

残った卵でTKGやっちゃったりしてんのにまだまだ来ますよ

IMG_3751

IMG_3755

IMG_3753

相変わらずの〆攻勢に大マンゾクのため息しか出ませんわ

IMG_3756

IMG_3758

IMG_3701

次は夏メニューなので秋メニューの予約を忘れないようにしなくては!




ナニやら世間がものすごいコトになっちゃって閑散とする銀座の街

IMG_3636

飲食店もさぞ大変なんだろうなーと思い前から気になってたコチラへ行ってみました

IMG_3637

某〇〇ログの書き込みはランチがほとんどでコスパ最高とか絶賛の嵐

IMG_3639

そんなお店の夜コースはメインを豚か牛かフカヒレか選ぶだけの3プライス設定

IMG_3641

豚のコースで一万円ですから夜のザギン和食としてもコスパがいいと言えるかも知れません

IMG_3642

なのに奥でワイワイガヤガヤ宴会している人たちを除けばカウンターにいるのは我々だけと

IMG_3644

昨今の騒ぎで飲食店(だけじゃないけど)への影響は計り知れないものがありますね

IMG_3646

おかげさまで料理だけでなくカウンター内の大将との会話まで楽しめちゃいました

IMG_3648

メモを取ってなかったので大将がいちいち説明してくれたアレコレが分かりませんが

IMG_3650

どうでしょう伝わりますでしょうか?オイシゲな感じ

IMG_3654

IMG_3655

炭火で絶妙な焼きが入った牛ロースは柔らかく旨みタップリ

IMG_3652

IMG_3657

鯛の炊き込みご飯はランチで人気の鯛茶漬けに変更も可能とかフレキシブル

IMG_3659

この食後感からして夜のコースもコスパ良しというコトになりました

IMG_3634

銀座でも寂しいエリアにありますがガンバっていただきたいお店です!




春は別れの季節というコトで転勤が決まった彼の送別会という名目で呑みに来ました

IMG_3534

横浜辺りがイイというリクエストでしたがこの辺で呑むなんて考えないから全然店知らないし

IMG_3535

駅近くでなんかイイ店ないかと必死に探して見つけたのがコチラのお店です

IMG_3537

先付も八寸もパッと見フツーの和食に見えますがけっこう手が込んでいて面白いです

IMG_3542

ハマグリのお椀もナカナカな出来栄えでこうなってくるとやっぱりジャパンです

IMG_3540

IMG_3543

刺身もネタ毎につける醤油を変えるという手の込みようでこの先も楽しみです

IMG_3545

焼き物は金目鯛ですが脂も乗ってて木の芽の風味がよく合います

IMG_3546

IMG_3547

アナゴの蒸し物は道明寺風に作られててこれまたナカナカですよ

IMG_3552

メインは松坂牛のサーロインらしいですが何やら黒い塩につけて食べるなんて初体験

IMG_3554

〆の炊き込みご飯はいわて純情プレミアムひとめぼれとやらを使ってるそうで

IMG_3556

もうね二人して争うようにオカワリするほどのもんでした

IMG_3559

夜景がきれいだとかの書き込み見たけど日産本社近すぎてそれどこじゃないだけで

IMG_3550 (2)

それを期待さえしなければ料理もおいしいし接客も素晴らしい佳店

IMG_3531

横浜駅周辺でお食事を考えている人にオススメできるお店です




コース料理に自分でトリュフを削って乗せまくって楽しむコトで有名なお店ですが

IMG_2676

IMG_2677

IMG_2678

昨年のリニューアルで鉄板焼きカウンターを作って通常コースとは違ったコトをやってるらしく

IMG_2679

IMG_2685

IMG_2682

鉄板焼きには物申すって感じのボクですから気になって行ってみました

IMG_2686

IMG_2688

IMG_2689

こちらのシェフはフレンチだけでなく和食の三ツ星店かんだでも修業経験があるそうで

IMG_2695

IMG_2702

IMG_2703

フレンチの枠を超えてるっていうか鉄板焼きの枠を超えてるっていうのか

IMG_2705

IMG_2707

IMG_2708

ボクの知ってるフレンチでもないし鉄板焼きでもないし

IMG_2714

IMG_2717

IMG_2719

かといって和食でもない新しいフレンチ派生の鉄板焼きの未来形

IMG_2722

IMG_2723

IMG_2709

写真で見るのと食べるのは違うというが食べてみれば分かるマジで来て良かったレベル

IMG_2715

IMG_2726

IMG_2728

出てくる食材への拘りもそうですが目の前で仕上げられる鉄板マジック料理に脱帽で

IMG_2724

IMG_2731

IMG_2733

ついつい呑み過ぎちゃって酒代がお料理分ぐらいになっちゃったのは仕方のないコト

IMG_2735

IMG_2737

IMG_2743

デザートに至るまで全くスキがない完璧な構成でケチのつけようがありません

IMG_2740

IMG_2742

IMG_2671

コレ食べないで死んだらと思うとぞっとするレベルなので行ってみた方がいいですよ





IMG_1880 (2)

以前味ひろに行ったとき見つけて気になってたお店ですが放置プレイ

IMG_1883

ミシュランの発表でこのお店の名前を見つけて早速訪問とミーハーなボクです

IMG_1885

行ってみれば分かりますが通りがかりは望めないこの場所に店を出すのは自信の表れ

IMG_1887

二年で星獲得の結果もナットクです

IMG_1889

白子の雲丹醤油和えにイトヨリの茶碗蒸しと来たら堪らずジャパンにスイッチです

IMG_1891

天ぷら以外にこういう一品が出る天ぷら屋さんって呑めてイイですね

IMG_1892

というワケで本日の天ぷらネタの登場でーす

IMG_1893

IMG_1895

加賀レンコンは歯ごたえヨシ、くわいのとんがった所食べられるの初めて知りました

IMG_1896

IMG_1897

車海老は火の通し方を変えた二本を食べ比べです

IMG_1899

IMG_1900

IMG_1903

さごち、アオリイカ、キスと来たらココらで一丁お口直しタイム

IMG_1907

IMG_1908

桜海老の沖漬けごはんにセイコガニの酢の物でリセットしたら天ぷら第2ラウンド

IMG_1910

IMG_1913

IMG_1915

海老芋、京人参、山形しいたけと野菜三連打の後は海鮮三連打

IMG_1916

IMG_1918

IMG_1920

白アマダイ、蝦夷アワビ、穴子で天ぷらはフィニッシュです

IMG_1923

今一度リンゴ酢とシャンパンのシャーベットでお口をサッパリさせたら

IMG_1924

イカゲソの付け合わせとともに〆の天丼が登場です

IMG_1925

天丼もさるコトながら一緒に出てくる潮汁の旨みの洪水のハンパないコト!

IMG_1928

魚介素材の天ぷらに使えない部位を入れて作るそうですがコレだけで店が出来る(謎)

IMG_1929

最後はご主人の地元沖縄の黒糖を使ったプリンでフィニッシュ

IMG_1879

一回転しかしないそうなので予約取れるうちに行ったほうがヨサゲなお店です




IMG_1666

東京移転を知り滋賀の店に予約の電話を掛けたのが三年前の夏の話し

IMG_1668

IMG_1671

初めて行ったときは従業員が少ないせいもあってか11時過ぎまで掛かったりしてましたね

IMG_1673

IMG_1675

IMG_1676

そんなしのはらさんも日に日に評価を上げて一時期は某〇〇ログ全飲食店1位とか

IMG_1679

IMG_1680

IMG_1682

そしてこの度はミシュランの二つ星獲得とかおめでとうございます

IMG_1683

IMG_1686

IMG_1689

そんなタイミングの予約を持ってるコトを知った若女将がどうしても行きたいと言うもんだから

IMG_1693

IMG_1696

IMG_1697

この日が若女将のしのはらデビュー戦しのはら記念日となりました

IMG_1705

IMG_1706

IMG_1708

ユーチューブ見たりして一生懸命予習してきていましたがやっぱり食べてナンボ

IMG_1710

IMG_1714

IMG_1700

追加注文のシャトーブリアン牛かつまでキッチリ楽しみました

IMG_1717

IMG_1719

IMG_1711

この日の鍋は合鴨ときのこでしたが入ってるしめじがエンジョイしめじとかいう名前で一同爆笑

IMG_1723

IMG_1724

IMG_1722

秋鮭とムカゴとレンコンの炊き込みご飯の後にはさっきの鍋で作った雑炊まで!

IMG_1729

IMG_1731

IMG_1732

いつだって心からお腹まできっちりマンゾクさせてくれる銀座しのはら

IMG_1735

IMG_1737

IMG_1663

もう予約持ってないので次にいつ行けるやら不安しかありません




最近ナニかと話題のお店ですが今回の予約を取ったのが9月の話し

IMG_1562

8月にオープンだというのにいきなり予約が取れないお店になってるようです

IMG_1564

最初に手渡しされたのはサーモンのタルタルをグジェールで挟んだやーつ

IMG_1569

お次は塩水ウニにアワビに海老とカリフラワームースの入ったコンソメジュレ

IMG_1572

IMG_1577

ペアリングで頂きますが一品目から一気に持ってかれて酒の進むコト

IMG_1573

呑み過ぎてゴール出来ないなんてなったら勿体ないレベルの料理なので気を付けます

IMG_1581

ノドグロはバルサミコ酢で作ったシャリとキャビアを混ぜ混ぜして頂きます

IMG_1587

蕪とフカヒレの入ったスープはなんとスッポンで取った物でフレンチなのに和も感じられ

IMG_1590

勝手に和レンチと名付けさせてもらいます

IMG_1594

これが大石流の八寸だそうですが紅葉なんか乗っちゃうとヤッパリ和テイスト

IMG_1596

なんて言ってたらホラどっかで見るアレが出てきましたよ

IMG_1603

IMG_1604

オープン前の一ヶ月ほど勉強に行ってたそうで見事にパクってます(笑)

IMG_1607

フォアグラを使う以上は和食に負けられないと言ってましたがボク的には引き分けかな

IMG_1611

真鱈の白子のチーズパン粉焼きですがすごい呑めちゃう感じでタマリマセン

IMG_1617

スモークしたキャビアと海老芋のソースを使った金目鯛は絶品だけどまだメイン行かないの?

IMG_1614

なんて思ってたら今日二品あるメインの一品目で鴨が来ましたよ

IMG_1620

4種類のきのこを使ったポルト酒のソースで頂きますが

IMG_1599

IMG_1622

フライパンだけで焼いたとは思えない絶妙な焼き加減にウットリです

IMG_1627

へべすシャーベット入りのすいかジュースでお口をサッパリさせたら二品目のメイン登場

IMG_1634

赤身とは思えないサシが入った飛騨牛のランプ肉もバカウマ

IMG_1598

IMG_1633

でココから〆のご飯に入っていくワケですが何か見たコトあるなと思ったらやっぱり

IMG_1635

7月に銀座しのはらに行ったとき食べたのにソックリ(笑)

IMG_1637

乗っかってるコロッケの具が違うと主張してましたけどね

IMG_1638

メインの肉が二品にご飯もの二品と大変ボリューミーな構成でサスガにお腹一杯

IMG_1641

IMG_1642

茶碗蒸し仕立ての紅茶プリンも美味しかったしレーズンチーズパイも美味しかった

IMG_1645

接客も元気一杯で楽しかったけど全力投球し過ぎて2回転出来ないのが予約取れない原因

IMG_1557

チャンスがあったら是非とも行ったほうがいいお店です




IMG_1143

銀座八丁目のクラブ街ってかクラブが入ってる雑居ビルにある和食店

IMG_1119

何が使い勝手がイイかってえとコース料理もあるけどアラカルトもあって

IMG_1121

IMG_1122

自在に組み合わせて食事できるしバーとしてだけ使うコトも可能だし

IMG_1124

ケンゾーエステイトはひと通り置いてあって全てハーフボトルなので手が出やすいし

IMG_1126

IMG_1128

何よりも使い勝手イイのはこういう食事ができる店なのにラストオーダー23:00

IMG_1132

IMG_1130

ソムリエの女将さんに相談しながらワインを呑むもよしジャパンをキメるのもよし

IMG_1133

IMG_1134

自家製のカラスミは一切れずつ頼めるのもイイですね

IMG_1135

というワケで最後はすごいジャパンらしくってコレ一杯で五千円もするんだとか

IMG_1138

IMG_1139

IMG_1140

炊き込みご飯も作ってもらって大マンゾクのフィニッシュでした

IMG_1118

使い方によってはかなり使えるお店だと思います!



↑このページのトップヘ