楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#和食


IMG_6546

IMG_6541

IMG_6542

本日のメイン素材を一通り眺めましたらバター紅茶でコースのスタートです

IMG_6540

IMG_6544

IMG_6548

定番の手乗せ前菜は海老のタルタルだったと思います

IMG_6551

IMG_6556

これまた定番のカリフラワーのムースには北寄貝に塩水ウニにボタンエビ

IMG_6557

IMG_6558

バルサミコ酢で作られるオリジナルのシャリでカワハギの洋風寿司なぞ食べてると

IMG_6560

IMG_6563

これまた定番のスッポンのコンソメには鱧があしらわれております

IMG_6565

IMG_6568

八寸に合わせたペアリングがコレだったか分からないぐらいペアリングの酒多いし

IMG_6571

IMG_6572

野菜のゼリー寄せと豚のゼリー寄せに長良川のアユれーす!

IMG_6577

IMG_6578

今日のフォアグラ最中に合わせるのはマンゴーで酸味と甘みのバランスいいわ

IMG_6575

IMG_6580

松茸のフライかなと思ったらセップ茸のフライだったりしてたら

IMG_6584

IMG_6587

焼きあがった蒸しアワビのパイはとんでもない美味しさだし

IMG_6588

IMG_6581

IMG_6593

フライパンでじっくり焼かれたローストポークは加茂茄子と万願寺とうがらしを添えて

IMG_6595

スイカのジュースで口内リセットを図ったら飛騨牛飛び牛のランプが登場です

IMG_6596

IMG_6598

そして本日の〆ご飯は太刀魚の炊きこみご飯(リゾット風)でーす

IMG_6602

IMG_6603

と言いつつも〆ご飯の第二弾カレーも登場するという腹パン大石劇場

IMG_6606

IMG_6607

デザートのプレートまで抜かりなく一般的な胃袋では最後までたどり着けないレベル

IMG_6611

IMG_6539

ココもリピートせざるを得ないお腹も一杯心も一杯にしてくれるイイお店です




美味しいモノを食べるためだけに働いているようなボクですが

IMG_6481

最近行きたい店があり過ぎてリピートか新規開拓か悩んでいるのが実情です

IMG_6485

そんな中一回食べて即リピートの新星がココ鈴田式なのです

IMG_6487

一発で持ってかれるコト請け合いの薪で炙った茶豆に始まり網走の釣りキンキとか

IMG_6491

呑めるヤツが来ちゃったら即ジャパンにスイッチです

IMG_6489

んでもってバツグンなのがこの岩手のふくよ香というしいたけで超お気に入り

IMG_6494

ハモに焼きとうもろこしのソースを合わせる辺りひねりが効いていて好きです

IMG_6495

そしてこの店のスペシャリテである但馬牛の飯蒸しに関しては何も言うコトなし

IMG_6497

賀茂茄子にウニが乗っかったヤツはソースが何だったか忘れましたw

IMG_6501

アユれーす!の下にあったのは胡麻といぶりがっこのソースでこれまた面白い

IMG_6502

女将もイロイロと食べに連れてっていますがココに関してはかなりの好感触だったようで

IMG_6503

小食で鳴らす女将なのにココまで全然手伝ってくれと言いません

IMG_6506

噴火湾の毛ガニとキャビアの組み合わせなんぞ楽しんだらマゴチの刺身です

IMG_6509

アマダイと冬瓜のお椀は思ったよりは上品だったかな

IMG_6513

焼肉屋の経営だけあって飯蒸しもそうですがこのカイノミの手巻きも隙がありません

IMG_6511

ここまで思ったより量が出てきたのでちょっと女将が心配ですが今日の女将はひと味違う

IMG_6514

うなぎの薪焼きなんて出てきた日にゃあ酒が止まらなくなるし

IMG_6517

ってところでじゅんさいと真蛸の酢の物でサッパリとしたらフィニッシュへと向かいます

IMG_6519

IMG_6520

ノドグロの炊き込みご飯には薪で焼いたノドグロまでトッピング

IMG_6523

IMG_6524

さすがに全部は食べきれないのでお持ち帰りのおにぎりにしてもらいましたが

IMG_6527

お店で打った十割そば食べます?なんて聞かれたらそりゃ食うにきまってます

IMG_6528

燻製アイスでまったりパンパンのお腹をクールダウンしてたら

IMG_6533

まだ出るの!?

IMG_6534

台湾式カステラだっけ?コレもお持ち帰りさせてもらいました

IMG_6535

今回は味だけでなくボリュームまですごくって完全ノックアウトです

IMG_6479

ココにはずっと通うコトになりそうです




7月は自分の誕生月なのでコチラへ行きましたが若女将も食べ友と行ったらしく

IMG_6199

コチラの焼きすっぽんが美味しいよねーなんて会話をリビングでしていたら

IMG_6200

IMG_6202

IMG_6206

何それ?あたし食べたコトないんだけど(怒)と言われたため急きょ訪問しました

IMG_6203

IMG_6210

IMG_6212

大将にそのコトを話したら「えー、そんなコトありますか!?」とビックリの様子

IMG_6211

IMG_6215

IMG_6216

それほどまでに定番化しているのがしのはらさんの焼きすっぽんというコトになります

IMG_6219

IMG_6220

IMG_6226

すっぽんを焼いてるときにアレって何なの?って女将が聞いてきたのでホントだったんだねw

IMG_6230

IMG_6228

IMG_6231

何はともあれメデタク女将のすっぽんデビューは無事果たされました

IMG_6235

IMG_6234

IMG_6238

あとはご飯ものに続く雑炊を女将が食べ切れるかですが少な目にしてもギリだよね

IMG_6240

IMG_6242

IMG_6244

女将曰く二年以上来ていなかったらしくご立腹だったので近々に来たいのですが

IMG_6197

半年以上の待ちだとか相変わらず人気のしのはらさんでした




高評価のお店が多い京味出身の和食店ですが評価以外にも敷居が高かったりして

IMG_6164

IMG_6165

予約が取れないってのもありますがおいそれと行ける値段のお店ではありません

IMG_6167

IMG_6168

代表格のくろぎは大門に移ってから湯島時代とは全然違う価格帯に突入したし

IMG_6169

IMG_6170

とても遠い存在になってしまいましたが待ったを掛けるお店が登場しました

IMG_6171

IMG_6172

直接京味出身ではありませんが京味→くろぎからの独立なのでその系譜です

IMG_6173

IMG_6175

そんなお店が御成門に店を構えたと思ったら一人15,000円のコース一本で勝負とか

IMG_6178

IMG_6180

この系統のお店とは思えないほどの価格帯で勝負をかけています

IMG_6181

IMG_6184

モチロン高価格帯のお店とは使っている素材が違うんでしょうが

IMG_6185

IMG_6188

そんなコトを微塵も感じさせず一気にフィニッシュまで持って行く実力派

IMG_6187

IMG_6189

旅行にも行けない夏休みに御成門はるという名の小旅行に連れて行ってもらった気分です

IMG_6190

IMG_6191

店主の小川氏も実にイイ人で応援したくなるしボクの懐にも優しい応援価格

IMG_6194

IMG_6195

港区にありながらこれだけの和食をそれなりの値段で食べさせてくれる高価格化ストッパー

IMG_6159

今ならまだ予約が取りやすいのでこの系統を攻めたい方は是非!!




東京に移転してきて以来地道に通わせてもらってるしのはらさんですが

IMG_5653

IMG_5655

IMG_5657

なぜか誕生月に予約が取れてるもんだからマイセルフお祝い定番店になってたりして

IMG_5661

IMG_5662

IMG_5665

こんな予約困難店が定番だなんてとてもゼイタクな誕生月です

IMG_5667

IMG_5669

IMG_5670

某鮨店にいたTKM君が来たからか手巻き鮨が太巻きにパワーアップしてたり

IMG_5673

IMG_5674

IMG_5677

定番から変化球までいつ来たって飽きるコトなく楽しませてくれます

IMG_5679

IMG_5681

IMG_5683

そういえば女将がココのスペシャリテすっぽんを食べたコトがないと怒っていたので

IMG_5684

IMG_5686

IMG_5692

なぜか今月も女将を連れて行くコトになりましたw

IMG_5688

IMG_5694

IMG_5696

今年は雨が多いせいか鮎がもうそろそろ終わりと言っていたので次は何だろうな

IMG_5697

IMG_5699

IMG_5651

今から行くのが楽しみで仕方ありません




IMG_3943

これまで予約が取れなくて地団太踏んでた店のキャンセルが出たタイミングをゲットできました

IMG_3942

薪窯とかではなく薪の直火を使って素材を調理するボクの見たコトないスタイル

IMG_3948

まずは炙ったソラマメが出されましたが一品目でコレかよという超絶酒泥棒

IMG_3946

気取っておシャンパンなんか飲んでる場合でなくソッコーでジャパンにスイッチです

IMG_3950

お次は皮目を炙った網走の釣りキンキですがコレだけで二合はイケそうです

IMG_3954

そして何よりも驚くのがこの焼き椎茸でボクが食べた椎茸の中で世界一と断言できます

IMG_3953

こうなるとほーら酒が加速していく一方です

IMG_3959

お椀はワカメのすり流しに帆立の真薯ですがこれまたバカウマで序盤から飛ばしまくり

IMG_3960

そりゃ呑むしかありませんよ実際

IMG_3963

さあ来ましたこの店のスペシャリテ太田牛フィレを使った飯蒸しです

IMG_3965

タレの味はバツグンだし焼き加減も絶妙で永遠に食べていたいと思いました

IMG_3966

次に来たホタルイカの和え麺は添えられたトマトをつぶして混ぜてくださいとのコト

IMG_3968

トマトの酸味がソースにぴったりとマッチして得も言われぬ美味しさ

IMG_3971

次に来た焼きタケノコですが薪の実力をいかんなく発揮した瑞々しさに驚かされます

IMG_3973

ってコトでジャパンおかわりです

IMG_3977

次に来たのは揚げた大根キャビアトッピングですが想像の遥か上を行くウマさ

IMG_3978

赤貝の木の芽ソースは木の芽の風味が効いてて絶妙な味

IMG_3983

ホワイトアスパラのフライ伊勢海老ソースなんて来た日にゃもうタマラン

IMG_3981

こうして記憶喪失と睡魔と闘いながらもドンドン食べ進めていきます

IMG_3987

この辺りはまだまだ記憶しっかりのアイナメとうるいのお椀

IMG_3989

カイノミの手巻きは薄れかけていく意識を取り戻してくれる衝撃のウマさ

IMG_3985

コレだけの料理を食べりゃそりゃ飲むでしょって

IMG_3993

そろそろ〆に入って新玉ねぎと菜の花の炊き合わせでしみじみしたら

IMG_3996

薪の香りをまとったノドグロ(だったはず)の炊き込みご飯の登場です

IMG_3998

ハンパなくウマかったという記憶しかないほど酔っていたと思います

IMG_3992

酔ってるからこそまた吞んじゃうんだろうねー

IMG_4001

ボクの記憶になく記録に残っていたもう一つのご飯はお土産にしてもらいました

IMG_4003

写真のボケ具合が全てを語っていますが美味しい料理があると酒が進むのは仕方ない

IMG_3940

IMG_3938

ちょっとお高めですが大マンゾクなディナーとなるコト間違いなしのお店でした




バター紅茶なんて聞いたコトないけどケッコウおいしいね

IMG_3761

そんな紅茶からスタートした今回のコースですが酒のスターターはやっぱりビール

IMG_3763

ドコの店行っても何なら他の店で飲んできた後でもやっぱり最初はビールなのです

IMG_3764

で大石といえば最初はコレなのです

IMG_3770

ビール後はペアリングにしましたが泡が飛ばされて提供されるのにはガーンでした

IMG_3766

IMG_3771

このカリフラワーのムースにウニやら色々入ってるやつはホントおいしいね

IMG_3775

IMG_3773

前回とはネタが違うけどバルサミコ酢で作ったシャリの鮨もナカナカです

IMG_3780

IMG_3777

IMG_3779

すっぽんのコンソメは蕪がこれまたイイ感じです

IMG_3784

大石流の八寸はカラフルで目を楽しませてくれますがコレだけでかなり呑めます

IMG_3787

近所のしのはらさんとは料理人の行き来もあるほどの付き合いだそうで堂々のパ〇リw

IMG_3792

サザエのナンチャラは中がどうなってたか忘れたけど見た目と裏腹においしかった

IMG_3795

金目鯛だったと思しき魚は皮目がパリッと香ばしく付け合わせのアスパラも絶品

IMG_3796

IMG_3799

IMG_3800

でメインの一品目はラムラックを骨の部分と肉の部分に分けて違う焼き方したやーつ

IMG_3801

お口をさっぱりさせる何だったか思い出せないやつで口の中をリセットしたら

IMG_3803

メイン二品目の飛騨牛のランプが登場です

IMG_3805

そしてとどめを刺しにかかる最初のごはんはイセエビのごはん

IMG_3806

ごはんの量を聞かれますがお腹がはち切れそうなのをガマンして普通でお願いします

IMG_3808

IMG_3810

当然次に出てくるカレーも普通でお願いしましたがココらがボクの限界でした

IMG_3814

味もそうですがココは量もハンパないのでこんな時期でも満席なのでしょう

IMG_3817

次の予約は5ヶ月待ちだったけどその頃は明るい世の中になってるとイイですね





ヒマさえあればOMAKASEで行きたい店のキャンセルチェックに余念のないボク

IMG_3704

IMG_3706

IMG_3708

当然ココしのはらだってチェックする店に入っているのです

IMG_3716

IMG_3711

IMG_3713

予約を入れるの忘れてて次の予約が7月になっちゃったもんだから初めてのOMAKASEです

IMG_3718

IMG_3722

IMG_3723

やっぱり季節ごとに変わるメニューを食べたいと思う店なので3か月に1回は来たいです

IMG_3725

IMG_3726

IMG_3728

そのためにはキャンセル待ちでなくキチンと予約を入れないといけませんね

IMG_3729

IMG_3730

IMG_3732

何を食べてもマンゾクの店ですが特に焼きすっぽんはスペシャリテだけあってタマランお味

IMG_3734

IMG_3712

IMG_3735

そして春を感じずにはいられない山菜の炊き込みご飯が登場

IMG_3738

IMG_3740

IMG_3737

これでマンゾクと思っていたら大間違い卵にくぐらせた牛肉を白飯でやっちゃうとか

IMG_3747

IMG_3750

IMG_3745

残った卵でTKGやっちゃったりしてんのにまだまだ来ますよ

IMG_3751

IMG_3755

IMG_3753

相変わらずの〆攻勢に大マンゾクのため息しか出ませんわ

IMG_3756

IMG_3758

IMG_3701

次は夏メニューなので秋メニューの予約を忘れないようにしなくては!




ナニやら世間がものすごいコトになっちゃって閑散とする銀座の街

IMG_3636

飲食店もさぞ大変なんだろうなーと思い前から気になってたコチラへ行ってみました

IMG_3637

某〇〇ログの書き込みはランチがほとんどでコスパ最高とか絶賛の嵐

IMG_3639

そんなお店の夜コースはメインを豚か牛かフカヒレか選ぶだけの3プライス設定

IMG_3641

豚のコースで一万円ですから夜のザギン和食としてもコスパがいいと言えるかも知れません

IMG_3642

なのに奥でワイワイガヤガヤ宴会している人たちを除けばカウンターにいるのは我々だけと

IMG_3644

昨今の騒ぎで飲食店(だけじゃないけど)への影響は計り知れないものがありますね

IMG_3646

おかげさまで料理だけでなくカウンター内の大将との会話まで楽しめちゃいました

IMG_3648

メモを取ってなかったので大将がいちいち説明してくれたアレコレが分かりませんが

IMG_3650

どうでしょう伝わりますでしょうか?オイシゲな感じ

IMG_3654

IMG_3655

炭火で絶妙な焼きが入った牛ロースは柔らかく旨みタップリ

IMG_3652

IMG_3657

鯛の炊き込みご飯はランチで人気の鯛茶漬けに変更も可能とかフレキシブル

IMG_3659

この食後感からして夜のコースもコスパ良しというコトになりました

IMG_3634

銀座でも寂しいエリアにありますがガンバっていただきたいお店です!




春は別れの季節というコトで転勤が決まった彼の送別会という名目で呑みに来ました

IMG_3534

横浜辺りがイイというリクエストでしたがこの辺で呑むなんて考えないから全然店知らないし

IMG_3535

駅近くでなんかイイ店ないかと必死に探して見つけたのがコチラのお店です

IMG_3537

先付も八寸もパッと見フツーの和食に見えますがけっこう手が込んでいて面白いです

IMG_3542

ハマグリのお椀もナカナカな出来栄えでこうなってくるとやっぱりジャパンです

IMG_3540

IMG_3543

刺身もネタ毎につける醤油を変えるという手の込みようでこの先も楽しみです

IMG_3545

焼き物は金目鯛ですが脂も乗ってて木の芽の風味がよく合います

IMG_3546

IMG_3547

アナゴの蒸し物は道明寺風に作られててこれまたナカナカですよ

IMG_3552

メインは松坂牛のサーロインらしいですが何やら黒い塩につけて食べるなんて初体験

IMG_3554

〆の炊き込みご飯はいわて純情プレミアムひとめぼれとやらを使ってるそうで

IMG_3556

もうね二人して争うようにオカワリするほどのもんでした

IMG_3559

夜景がきれいだとかの書き込み見たけど日産本社近すぎてそれどこじゃないだけで

IMG_3550 (2)

それを期待さえしなければ料理もおいしいし接客も素晴らしい佳店

IMG_3531

横浜駅周辺でお食事を考えている人にオススメできるお店です



↑このページのトップヘ