楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#和牛


食べるのが大好きなボクですからやっぱり外食をガマンなどできるワケもなく

IMG_1742

肉のコースだからチョットぐらいイイんじゃないかと調子こいてビールでスタートです

IMG_1743

IMG_1744

IMG_1745

糖質制限中と言ってる割に鮨食ったり深夜にステーキ食ってる今日この頃ですが

IMG_1748

IMG_1752

この一ヶ月でベルトの穴一つ細くなったし体重も3キロ落ちたので良しとします

IMG_1756

IMG_1755

IMG_1754

コチラのTHE BUTCHER'S KITCHENは飲食店というよりも肉屋&イベントスペースの為

IMG_1759

IMG_1760

IMG_1762

貸し切りやらナニやらで思いの外予約が取りづらいので今日はラッキーでした

IMG_1747

IMG_1764

IMG_1767

あの希少な尾崎牛をこれでもかといただけるのは実にスバラシイですし

IMG_1769

IMG_1770

IMG_1772

先ほども書いたように肉屋なので普通に尾崎牛のブロックが買えたりもします

IMG_1740

IMG_1739

とは言いつつも100g3000円のブロックなんて買えないのでお店で楽しみましょう

IMG_1774

赤坂で食べたのとはこれまた違うメレンゲ卵黄みたいなので食べるすき焼きもイイし

IMG_1775

IMG_1776

IMG_1780

これまた尾崎牛で作ったキーマカレーがすげー気に入っちゃいました(糖質だけど)

IMG_1781

IMG_1784

デザートで食べたナンチャラという焼きいもがこれまた美味しくって

IMG_1787

IMG_1785

コレで明日からも糖質制限にガンバれる気がします(ホントはまた食べたい)

IMG_1789

駅から遠いのがアレでしたが肉を堪能するにはイイお店です



そんなつもりは全然なかったのに11月29日に会食の機会があったので

IMG_0772


いい肉の日というコトで和牛にこだわるお店に来てみました

IMG_0774


どうせ行くならSATOなブリアンあたりが打って付けな感じがする今日この頃ですが

IMG_0777


ボクには予約が困難な店なので他を当たるしかありません

IMG_0780


そんなこんなでいい肉の日にふさわしい店として選んだのがWAGYUMAFIA

IMG_0784


ココは和牛のディーラーをやってる人とホリエモンが作ったお店だそうで

IMG_0785

IMG_0786


ボクが食べたコトのない尾崎牛なんかを中心にイイ肉を出してるらしいお店

IMG_0788


出てくる料理は一つ一つが素晴らしい尾崎牛ワールドですが

IMG_0789

IMG_0790


さすが赤坂という量しか出て来ないので大食漢にはチョイと心配だし

IMG_0779


飲み物がそれなりに赤坂価格だったりするのでビールで逃げるのもアリです

IMG_0792

IMG_0796


そして一番高いコースでしか頼めないらしいこのしゃぶしゃぶですが

IMG_0798

IMG_0799


ハッキリ言ってヤバいと言うしかない逸品

IMG_0793


いい肉の日にココを選んで良かったと思える逸品が登場したと思ったら

IMG_0802


ここでもシャトーでブリアンなサンドに出会えてシアワセ以外の何物でもないシアワセ

IMG_0805


チョイと量がお上品でチョイとお高くて庶民が行くにはチョイとアレなお店ですが

IMG_0770


いい肉の日でなくてもチョイチョイ食べに行きたいと思ったお店でした




名前を知ってはいてもナカナカ行く気にもならなければ

003


行く気にさせてくれない値段設定


004


そんな瀬里奈に何故行くコトになったのか定かではないですが

010


和服のおねいさんが付きっきりという個室でのランチタイム

016


個室ですから人の目を気にするコトなく昼間っからあんなコトやこんなコト

014


誰が呑んだビールかも定かではありません

020


なかなか見事なサシの入ったお肉が登場してどうするのかと思いきや

021


キンキンに熱された石板が登場しての

022


おねいさんが焼いてくれる系♡でした

029


広々室内でいただく美味しいお肉とおねいさん

024


神戸牛じゃなくて和牛でも大マンゾクでした

034

036


無駄に高いから個室はオススメできませんが

001


老舗の実力が感じられるランチでした


↑このページのトップヘ