楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#京都


今回の京都食べ歩きツアーの締めくくりを飾るのは「はふう」さんです

IMG_0387

一般的に京都といえば和食のイメージが強くて出汁の効いた薄味的なイメージですけど

IMG_0388

ラーメンも意外とシッカリだったり牛肉文化だったりするのです

IMG_0390

その昔ダ〇チュウの記事で日本一のナンチャラみたいなのがあって

IMG_0392

IMG_0393

その号に掲載されていた日本一のカツサンドってのがコチラの極上カツサンド

IMG_0395

芸能人やら何やらが京都みやげに買って帰るんだとか書いてあったけど

IMG_0396

いつか絶対と思っていたビーフカツは調べてみればサンドよりコッチかなって

IMG_0399

デミグラソースの誘惑に負けたボクです

IMG_0407

オンザライスすれば至福のひとときを感じられます

IMG_0408

付け合わせのジャガイモすらまとめ上げるデミグラソースとの出会いに

IMG_0410

IMG_0412

京都の食文化の奥深さに感服させられた気がする牛カツディナー

IMG_0382

行けて良かったし食べれて良かったボクの行きたかった京都グルメです





お江戸で鮨といえばモチロン江戸前鮨になるワケですが

IMG_0355

京都で鮨といえば鯖の棒寿司が鉄板なのです

IMG_0359

その鯖の棒寿司といえば「いづう」が有名ですが今回はソコからの枝分かれへ訪問です

IMG_0365

人数がいるときはイロイロと食べられるのがイイねってコトでまずは冬限定の蒸し寿し

IMG_0361

あじ寿司

IMG_0362

上箱寿司はネタが四つにが一つの組み合わせになってて楽しいねー

IMG_0363

本命の鯖姿寿司

IMG_0364

ナニゲにかなり良かった稲荷寿司

IMG_0366

一堂に会するとこのド迫力!

IMG_0368

IMG_0376

IMG_0369

IMG_0374

京都にも美味しい江戸前寿司の店があるようですがコチラで間違いなかったようで

IMG_0378

赤だしまで頂いて大マンゾクの京都鮨物語り

IMG_0354

観光にもちょうどイイ場所にあるのでオススメです!




京都にいったら行ってみたいのはやっぱり和食の美味しいお店

 IMG_0298

とはいえ本格派なんて行った日にゃあお会計がとんでもないコトになるし

IMG_0299

というワケで探したのがコースではなく居酒屋チックにアラカルトで頼めるお店

IMG_0301

ココは予約人数分だけこの八寸が出てくるけど後は好きなものを好きなだけ

IMG_0309

たとえばこの子持ちこんにゃくなんていいツマミになったし

IMG_0310

日によって混ぜる素材が変わる大人のポテサラとか初っ端からイイ感じです

IMG_0312

五種盛合わせはお造り三種に棒寿司と珍味の盛合わせでコレだけで完結できそうだし

IMG_0316

サイズが小さいのしかなくって焼き白子にできなかったフグ白子

IMG_0317

のお詫びにとサービスでカラスミを出してくれる心憎さ

IMG_0319

食べたコトないから頼んだダチョウのたたきはやっぱり食べたコトない味でした

IMG_0320

出汁巻き玉子を定食で食べる文化の関西圏では鉄板の出汁巻きに

IMG_0323

海老芋好きのボクにはたまらない海老芋の唐揚げを堪能したら

IMG_0324

何のかぶら蒸しだったか忘れたけど美味しかったかぶら蒸し

IMG_0329

そしてこの店の名物って誰かが言ってたかにぱんの登場です

IMG_0331

食パンにマヨネーズと何かで和えたカニを塗って焼いてるんだとかで後引く味わい

IMG_0332

野菜と山菜の天ぷらも野菜の素材の良さが味わえる逸品で塩で食べるのが吉

IMG_0334

こういう店はそれなりに人数がいた方がイロイロ食べられて楽しいですね

IMG_0337

というワケで〆には釜揚げしらすの土鍋ご飯を頼んでいましたが

IMG_0335

まさかまさかの梅干しが真ん中に鎮座しているではありませんか

IMG_0338

でもコレが最高に美味しくってもっと頼めばよかったと思うぐらい瞬殺でした

IMG_0296

こんな店が近所にあったら毎晩入り浸るだろうなと思うぐらいイイ店でした




大阪や京都で超人気になった鮨屋さんが東京進出なんて聞いたらもう行くしかありません

IMG_4838

しかも場所がボクの愛する街銀座なんて聞いたらタマリマセンよね

IMG_4840

蒸しアワビとシャインマスカットのおつまみにはビックリでしたが食べてもビックリの美味しさ

IMG_4841

IMG_4843

次のおつまみはウニの下にいかそうめんが仕込んでありこれまたウマー

IMG_4847

IMG_4849

こうなるといつも通り呑むしかないワケでジャパンを頼んだところいきなりのフォーティーン

IMG_4856

お次はイタヤ貝を分葱とキャビアで混ぜ混ぜして食べるやーつで酒が止まりません

IMG_4850

IMG_4853

呑ませるつまみの連発でテンションが上がりまくってるトコロで天草海ウナギの小丼が登場

IMG_4844

IMG_4858

とろろも乗って呑み続けるスタミナをしっかりとチャージです

IMG_4861

まだまだ呑ませる気マンマンの大将が繰り出す次のつまみは噴火湾毛ガニのしゃぶしゃぶ

IMG_4845

IMG_4864

ココらでガリとお新香がセットされてにぎりタイムへと突入ですがこのお新香がまた吞める(笑)

IMG_4868

IMG_4869

つまみも呑めるけどにぎりもつまみのように呑めちゃうんだから不思議よね

IMG_4872

IMG_4874

IMG_4875

初っ端のかつおの漬けなんか口に入れた瞬間に追いジャパンするほどだったもんね

IMG_4878

IMG_4880

IMG_4883

大将の軽快なトークも肴にいつもよりジャパンな感じのする呑ませ上手なお店です

IMG_4881

IMG_4885

IMG_4886

ちょっと品数が少なめかなと思いましたがその分はお酒でカバーしました

IMG_4889

IMG_4890

IMG_4892

なんて表現すれば良いのやら分かりませんがまた来るのは確実なお鮨屋さん

IMG_4836

まだ予約が取りやすいのがイイですね




今回京都に行ったのはココで朝がゆが食べたいというオッサンがいたから

IMG_9507


京都の朝メシといえばアソコも有名ですがやはり本命はココでしょう

IMG_9508


出来るコトならミシュラン三ツ星の本店で食べたいところですが

IMG_9509


本店の朝がゆは時期が限定されるのでこの時期は別館でしか食べられないのです

IMG_9514


モノが違うかどうか知りませんが別館の方が値段も安くなるので懐にも優しいのです

IMG_9513


おかゆに至るまでにそれなりの数の料理が供されますが

IMG_9512


サスガは京都の誇る名門料亭だけあってナカナカにナカナカです

IMG_9515


ただ最近小食になりつつあるボクにとってこの品数は驚異でしかなく

IMG_9516


おかゆが食べきれるかどうか心配になってきましたが

IMG_9519


葛あんたっぷりで頂けばスルスルと入っていくからアラ不思議

IMG_9520


実にマンゾクな朝ごはんを堪能したのでした

IMG_9504


次は本店に鶉がゆを食べに来たいと思います




京都で和食を食べようだなんて思ったら行くによってはえらいコトになったりします

IMG_9475


できるだけリーズナブルに楽しみたいけど本格派も楽しみたいとなれば

IMG_9479


まずは営業時間の確認から入るコトをオススメします

IMG_9477


夜しかやっていないお店は総じてお値段が高めな設定だったりしますので

IMG_9481


ランチをやってるお店から選ぶのがお財布にはやさしいと思います

IMG_9482


あのお店なんかお昼のサービスが45000円だったりするので一概には言えませんが

IMG_9485

IMG_9486


ココは祇園にあり高評価のお店ながらもランチで5000円のコースもあったりと

IMG_9487


京都で和食という欲望をかなえつつお財布にも優しいという奇跡のお店

IMG_9490


30代でお店を始めてから8年で今のお店まで拡げたという

IMG_9492


その実力は料理のそこかしこに表れています

IMG_9494


最近は東京でも和食の店に行かなくなりつつありますが

IMG_9496


やっぱり京都に来たらこういうトコに来てマンキツしたいところです

IMG_9499

IMG_9498


鱧と松茸のしゃぶしゃぶを食べ終わる頃にはもうお腹いっぱいで

IMG_9501

IMG_9502


〆のごはんが食べられずお土産にしてもらったのだけが残念なポイントです

IMG_9472


機会があれば是非とも再訪問して目一杯食べたいお店でした



なんか美味しいもの食べにどっか行きましょうよと言われたからには

IMG_9458


新幹線に乗ってでも胃の調子が悪くても食べに行くのが礼儀ってものなのです

IMG_9459


ココは以前よりチェックしていた京都ではナカナカの人気を誇る洋食店

IMG_9461


普段洋食なんてあまり食べないのに京都に行ってまで洋食?なんて事はお口にチャック

IMG_9462


おすすめコースが気になりましたが量が食べられないのでプチコースに決定しました

IMG_9465


メインとデザートが選べるのでハンバーグとビーフカツ(+料金発生)にしましたが

IMG_9466


肉汁じゅわっ系ではなくシッカリと肉の食感が味わえるハンバーグもナカナカだし

IMG_9468


最近は東京でも流行ってるビーフカツもステーキ肉を使ってるだけあってハンパないし

IMG_9470


コレにデザートやらコーヒー(写真なし)まで付いて2800円とか破格の設定

IMG_9471


こうなりゃ是非とも夜に来てハンバーグやらコロッケ呑みとかやってみたいけど

IMG_9455


コスパを考えるとお昼が丁度イイ感じのお店かなと思いました




京都の朝食といえば朝粥が有名ですが

IMG_5668


有名な瓢亭は夏なら早い時間からやっていますが冬は9時からと

IMG_5674


実に旅行者泣かせな営業時間だし5000円もするしなので

IMG_5673


7時から食べられるホテルの朝粥に軍配が上がりました

IMG_5671


瓢亭より安いとはいえホテル価格なのでリーズナブルと言い切るのもアレですが

IMG_5672


この葛餡をかけるお粥が食べられる店を他に知らないのでイイのです

IMG_5676


美味しいかどうかとか関係なく京都で朝粥を食うというのが大事なので

IMG_5666


雰囲気無視の朝食だったのでした




IMG_5692


せっかく冬の京都に行くのだし温まるものでも食べようかと

IMG_5682


鍋なんか滅多に食べようと思わないし何かあるかと探してみたら

IMG_5684


滅多に食べないどころか食べたコトのないイノシシだとか

IMG_5691


しかも完全個室の囲炉裏端で食べられて

IMG_5690


ぼたん鍋と名付けた元祖の店だとか

IMG_5688


都内でこんなゼイタクをすればおひとり様ウン万円覚悟ですが

IMG_5694


お酒を飲まなければ一万円しないとなれば行くしかないでしょう

IMG_5695


白味噌仕立ての鍋をぽん酢でさっぱりと食べさせるあたり

IMG_5696


さすが元祖の業とでも言いたくなるほど箸が止まらず

IMG_5700


雑炊まで一気に進んでおなかパンパン

IMG_5699


ぼたん鍋デビューとしては最高でした

IMG_5679


冬の京都に行くならオススメしたいお店の一つです





一子相伝!

IMG_5619


京都へ行こうと決めたときに和食の店を探していたら

IMG_5624


北斗の拳以外に聞いたコトのないそんなフレーズに心動かされ

IMG_5621


調べてみたら6年連続ミシュランの三ツ星を獲得しているお店だとか

IMG_5626


星についてはアレですが一子相伝なんてロマンがあるじゃんと思って

IMG_5629


ついつい値段も考えず予約してしまいました

IMG_5630


一子相伝の雑煮なんかは味噌仕立てに辛子が効いていて面白く

IMG_5632


それなりに今後の展開に期待はさせられますが

IMG_5633


京料理というものがこうなのかココの味がそういうものなのか

IMG_5636


インパクトに欠ける気がして思いの外フツーに感じてしまって困ります

IMG_5637


そんなところで登場しましたこの店メインのぐじ

IMG_5640


身だけを食べて皮と骨を残したらソコに出汁を注ぎ入れるというヤツ

IMG_5641


コレはなかなかインパクトあって良かったと思いますが

IMG_5642


やっぱりココの料理が分かるほどにボクの舌は育ってなかったようで

IMG_5644


料理より印象に残ったのが噛み噛みで説明する仲居さんの対応だったりして

IMG_5615


もうちょい勉強してから来た方が良さそうだというコトになりました




↑このページのトップヘ