楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#中華料理


IMG_8921

ラーメン以外で中華ってあんまり食べてないのでイイ店をほとんど知りませんが

IMG_8928

IMG_8929

IMG_8931

ココは東京に於ける四川料理の重鎮のお店だそうで昔銀座に行ったコトありました

IMG_8934

IMG_8936

IMG_8937

あんときは全然辛さにやられなかった様ですが出てきた前菜見ると辛そうよね

IMG_8940

IMG_8942

でも見た目に反してそんなに辛くないし美味しいのよね

IMG_8944

IMG_8945

そんな重鎮のお店でいただくのは鴨の丸焼きにフォアグラ入りのスープ

IMG_8947

IMG_8951

スッポンの煮込んだやつにもち豚のスペアリブと充実のメニュー

IMG_8954

IMG_8957

今となっては何だか思い出せないヘチマと白身魚の何かですが美味しかったです

IMG_8958

IMG_8962

コレはもち豚と小豆のナンチャラですがこれまたイイですね

IMG_8964

IMG_8966

フィニッシュはやはり四川料理というコトで麻婆豆腐ですがサスガの仕上がり

IMG_8968

IMG_8970

言わずもがなライスとの相性はバッチリでレンゲが止まりませんね

IMG_8976

IMG_8977

IMG_8978

デザートも何だったか忘れたけどありきたりに杏仁とかじゃなくて良かったです

IMG_8918

中華料理が食べたいときの選択肢として知っておいて損はないお店です




IMG_7148

銀座一丁目辺りを歩いていると腹の底から湧いてくるバナナ餃子の誘惑

IMG_E7151

しばらく来ないうちに以前の店舗はなくなってテナントビルに入ってたりしました

IMG_E7152

 こうやって写真を撮ると餃子の大きさが全然伝わりませんが

IMG_E7153

ライスに乗せた写真を見てもらえれば分かるようにバナナサイズな餃子です

IMG_E7157

ひと口では食べれないサイズだし肉汁があふれ出るのでライスの上でかぶりつきましょう

IMG_E7156

一人前を食べ終わる頃にはライスが肉汁茶漬け状態になるほどのジューシーな餃子です

IMG_7147

他のメニューも食べたいけど餃子でお腹一杯になっちゃうのでいつも叶いません





IMG_0678

動くガンダムを見に行こうという話になりまして折角なので近くで食事でもと

IMG_0660

となればやはり中華街になりますがどうせだったら四川系がイイなというコトで

IMG_0665

IMG_0661

昼間っから飲るコトになりました

IMG_0666

IMG_0667

辛いのばかりだと死んじゃうので海老マヨあたりを緩和材に頼むのも忘れずに

IMG_0668

IMG_0671

小籠包はまあ普通だったけど回鍋肉は神レベルでマジでご飯食べたかった

IMG_0673

IMG_0672

でも本場の麻婆豆腐は生きた心地のしないカラシビ具合でライスがあっても厳しいかも

IMG_0664

IMG_0658

なめてかかると痛い目に合う本格派四川のお店でしたー





IMG_0271
 
夜中にも行列を作るという京都の人気町中華に行ってきました

IMG_0274

コチラの人気メニューは町中華ながら通販までやってる餃子

IMG_0286

地ビール屋さんと組んで餃子専用ビールまで作っちゃうほどです

IMG_0281

さてまずは豚肉の天ぷらから来ましたがサクサク食感で練りからしがよく合います

IMG_0283

豚肉とニラ炒めは京都らしい味の濃さでライスがほしくなるけどガマンガマン

IMG_0284

焼き熟成豚肉餃子にしましたがパリッとした皮に豚肉の旨みあふれサスガの美味さ

IMG_0290

麻婆豆腐は町中華らしい辛さも控えめのもので万人受けしそうな感じ

IMG_0292

ニンジンの入ったチャーハンは嫌いですが紅ショウガが付いてたのでヨシとします

IMG_0288

もう一つの人気メニュー天津飯ですが東京と違って甘酢あんじゃないのがイイですね

IMG_0294

ふわとろ玉子にタップリのあんで今まで食べた中では最高クラスの天津飯

IMG_0273

近所に誘致して通いたいぐらい気に入ったお店でした




満漢全席

IMG_8940

食いしん坊な人なら聞いたコトはあるだろうけど食べた人の話は皆無なヤツ

IMG_8945

本物は100品を超える料理が出てきて何日もかけて食べるんだとか聞くけど

IMG_8948

そんなん普通の人には出来ないから品数を絞ってますけど子豚の丸焼き見たコトある?

IMG_8947

食べるときにはこんなにかわいくなってますけどこれはイイものだ

IMG_8952

お次に出てくるのは極上ふかひれの姿煮ですが金華ハム乗っかってるし

IMG_8953

さっき同様食べるときはかわいくなっていますがコレもイイものだ

IMG_8958

お次はセミ海老のスパイス揚げだそうですが本当にセミみたいな海老ですね

IMG_8957

まあコレもかわいくなっちゃってますけどイイものだ(笑)

IMG_8950

そろそろアルコールをと思い頼んだグラスワインが思いのほか安くて一安心

IMG_8963

さてと次に出てくるのは鴨とタロイモの土鍋煮込みとのコトですが

IMG_8961

卓上にあった辛いヤツを加えるとナカナカに好みの味に変化してよかったです

IMG_8967

取り分ける前の写真ないけどスジアラの葱生姜炒めもナカナカ

IMG_8968

こうなるといよいよ紹興酒に突入せざるを得ません

IMG_8969

さて本日のメインのナマコと熊の手の濃厚ソース煮込みの登場です

IMG_8971

人生初の熊の手はボクの語彙では表せない満漢な感じなのでした

IMG_8972

〆ごはんは鮑汁リゾットチャーハンでしたが低俗なボクには高貴過ぎました

IMG_8975

食べたくても食べられない貴重なメニューを楽しめた一日

IMG_8942

皆さんも満漢全席の機会があれば行ってみるとイイですよ





IMG_7755

行きたいなーと思いずっとBMしていて結局行っていない東京チャイニーズ一凛や

IMG_7759

行きたいけど遠くて厳しいなーというイチリンハナレの斎藤シェフが繰り出す新たな一軒

IMG_7760

4月にオープンしたてのテクストゥーラに早速行って来ました

IMG_7763

IMG_7764

何やら中華とスパニッシュの融合というかいいとこ取りという感じのお店らしいです

IMG_7765

IMG_7767

最初に出たイベリコ豚の生ハムが乗っかったパンがスパニッシュで

IMG_7769

IMG_7770

そのあとに出たよだれ鶏の三段活用(餃子 山椒麺 豆乳スープ)が中華といったような

IMG_7773

にぎりとツマミが交互に出るすし匠スタイルのようにスパニッシュと中華の波状攻撃

IMG_7775

IMG_7777

IMG_7778

スパニッシュといえばパエリアしか知らないボクでも楽しめてしまうスタイル

IMG_7782

IMG_7784

中華のマナガツオの後はフルーツトマトと文旦のガスパチョなんてボクには未体験ゾーン

IMG_7790

IMG_7791

ラム肉と百合根は中華というコトでしたがスパイシーでなんか中華っぽくなく感じました

IMG_7796

IMG_7798

五島列島のハタはカブの漬物と合わされ唐辛子と煮込まれてて実に面白い味わい

IMG_7794

ホタルイカのトッピングがされたイカスミのメロッソはオカワリ必至の味わい

IMG_7801

そしてメニューにない鶏のパエリアがなぜか登場したと思ったらお客さん全員に振舞われたり

IMG_7799

IMG_7804

素晴らしいホスピタリティにもうノックアウトです

IMG_7805

IMG_7807

IMG_7810

紹興酒アイスの最中にもマンゾクだしその後の茶菓子もハイレベル

IMG_7811

コースでなくても楽しめそうなイノベイティブオリエンタルの登場で有楽町が熱くなりそうです




中華料理って大人数で大皿の料理をシェアするってイメージですが

IMG_2011

IMG_2013

のっけからフィンガーボウルが登場してボタンエビとかいきなりイメージ違います

IMG_2015

IMG_2014

何気にケンゾーエステイトをしっかりラインナップしている辺りも抜かりなく

IMG_2023

IMG_2017

おじさんチョーシに乗ってワインを片手におシャンティをマンキツしています

IMG_2020

IMG_2026

この日はココで一番のコースをお願いしていたので出てくるもの全てがハイスペック

IMG_2029

IMG_2021

IMG_2027

普段は町中華程度しか食べていないのでコレが同じ中華料理なのかと疑うほどです

IMG_2030

IMG_2031

ちょっと量的にもおシャンティが過ぎた気がしないでもありませんが

IMG_2034

IMG_2033

IMG_2035

〆のチャーハンに至るまでも全てがボクの想像の上を行く中華の世界

IMG_2010

グループでというよりデートで使いたいようなおシャンティ中華でした




たしか日本の中華で初めてミシュランの星を取ったのがセンスだったと思います

IMG_0960


そのセンスで料理長を務めていた人が東京駅の店に次いで出したのがココ

IMG_0952


完全予約制でおまかせ一本お値段おひとり3万円から!という超絶高級カントニーズ

IMG_0955


日本における広東料理の第一人者が目の前のオープンキッチンで作ってくれるという

IMG_0959


プライベート感たっぷりのわずか8席しかないカウンターが特等席

IMG_0965


出される料理は食材から調理法まで提供する際に高瀬氏から一つ一つ説明されます

IMG_0963


我々一般人には中華料理といえば餃子からレバニラまでおんなじ中華料理ですが

IMG_0966

IMG_0967


料理人の世界で中華料理はイロイロと地方ごとに分かれていて

IMG_0971


世界的に中華料理といえば広東料理を指すのだとか

IMG_0973


その最高峰が大体香港に集まってるそうで高瀬氏も何十回と行っているとのコト

IMG_0975


というコトは今ココで食べているのが日本における中華料理の最高峰

IMG_0974

IMG_0976


中華料理は油っぽいモノという感じのボクでしたがイメージはガラリと変わり

IMG_0980

IMG_0981

IMG_0982


こんな上品な食べ物が中華なのかと驚きの連続です

IMG_0983

IMG_0985


高火力で一気に仕上げるのが中華だと思ってたボクにIHで調理する中華も衝撃なら

IMG_0989

IMG_0990


杏仁豆腐以外のデザートも衝撃(笑)だったりして全てがアメージングカントニーズ

IMG_0951


懐さえ許すならば定期的に食べに来たいと思うお店だったのでした




神保町~御茶ノ水界隈は学生が多いせいか安くて量の多い店が多いですが

IMG_0477


ココはそれほど安いとは言えないまでも半チャーハンセットが実にお得なお店です

IMG_0479


半チャーハンと麺類のセットが一律1030円という価格設定なので

IMG_0478


普通のラーメンが540円なのに対しチャシューワンタンメン910円とか

IMG_0482


13時から頼めるエビソバなんかは970円なのでセットにすればお得感満載です

IMG_0480


しっかりチャシューワンタンメンなボクですが別に貧乏人根性を出したワケでなく

IMG_0486


きちんと焼いたチャーシューだったり肉がつまったワンタンを食べたかったのです

IMG_0484


周りを見回せば意外と女性が多い上にセットを頼んでる人が多いとくれば

IMG_0485


この店がお得なだけの店じゃないというコトがよく分かります

IMG_0489


他にも食べてみたいものイッパイお得感もイッパイのイイお店でした




大崎でラーメンと言えばほとんどの人が六厘舎みたいなイメージだと思いますが

IMG_0281


六厘舎ができるずっと前からある名物がココのみそラーメンなのです

IMG_0275


ボク自身まだ3回しか来たコトありませんがみそ以外食べてる人を見たコトなし

IMG_0277


チャーハンや焼きそばが1000円したりするせいなのかも知れません

IMG_0278


都度調理で炒める野菜に落花生が入ってるという味噌で作られるスープは

IMG_0280


けっこう甘めながらもなるほどクセになる人が多そうな独特の味わい

IMG_0276


甘さに飽きてきたら卓上のラー油を加えると程よいピリ辛スープとなり箸が再加速します

IMG_0273


課長たっぷりなジャンクな味わいですがコレはコレでありです

IMG_0279


駅からは見えない奥まった場所にありますがこれからの寒い時期にピッタリの味噌

IMG_0272


わざわざ感はないけど大崎に行く用事があったら是非





↑このページのトップヘ