楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#ミシュラン三ツ星


食べ歩きなんかしているとやっぱり行ってみたくなるのが最高峰の店で

144


某〇〇ログでは一番ではないけれどボクの思う京都の最高峰店に行ってきました

244


店の前に来てみれば若い衆がお出迎えの為に立っていてドキドキ

BlogPaint


なんでも予約時間の30分前!から立って待っているそうです

BlogPaint


そして通されるのは庭を眺めながら食事できるお部屋

255


七組のお客さんにだけ許される贅沢な空間です

254


最初に出されたのはあられの浮いたナンチャラ?ですが

BlogPaint


正直言ってボクに分かるような代物ではありません

253


三月三日を過ぎての来店でしたが京都では三月中はお雛様を飾っているそうで

260


桃の節句の白酒でお食事スタートです

261

262

263


普段食べている食事から考えるとこういう懐石料理って

264


味付けが上品すぎて分からないんじゃないかなんて思ってましたが

268


超絶美味い!!

271


こういう店は器もスゴイの使ってるんだろうなーと思いますが

266


使っているおしぼりの大きさもハンパなくスゴイです(笑)

267


そんなお店ですから置いてある飲み物もハンパなくって

257


お茶がボトルで10,000円オーバーとかビックリですが

277


酒呑みのボクは獺祭の遠心分離があったのでそちらを注文しました

275


若くてキャワイイ仲居さんをいじりつつ楽しい時間を過ごしていると

279


これぞまさに日本料理とも言うべき八寸が登場して気分は最高潮です

286


貝がらに塗られた金箔を持って帰ったらいくらになるかなんて下衆なコト話してたら

288

289


どうぞお持ち帰りくださいというジョークの分かる仲居さん

292


あいさつに来た女将以外ココで会ったのは仲居さんだけなので

297


料理はさて置き仲居さんの対応一つで店の印象がガラリと変わると思うと

300

302

294


あんた何者だ?と聞きたくなるほどの転がされ様

303


当たり前かもしれませんが仲居さんも超一流というコトなのです

306

307

309


そんな美味しくも楽しい時間も〆の段階に差し掛かりますが

311


何も言うコトはありません

313


ただただマンゾク以外の何物でもない時間

312


コレなんかマジで美味しくて残ったご飯でおにぎり作ってもらえば良かったと思うレベル

316

317


行きのタクシーの運ちゃんも言ってました「吉兆言うたら大変なとこでっせ」

318

320


値段はそれなりに大変な金額ですが何よりもボクの満足度も大変なモノです

324

327


金額だけでは計り知れない満足がココにはありました

330


そういう言い方をすればとても高いコストパフォーマンスだと思いますし

250


一生に一度は行くべきお店だと思います



せっかく北海道まで行くんだから美味しいモノをって思ったら

032


ラーメンでなく鮨が頭に浮かぶ人間になりました

033


コチラのお店はボクが調べたとき某〇〇ログの札幌市鮨部門1位で

036


ミシュランガイドでは北海道の鮨店唯一の三つ星という高評価のお店

040


そんなお店を逃すはずはないのですがシャッターチャンスは逃すというボケ写真

044


ミシュランガイドの三つ星なんて行ったコトないので若干緊張しましたが

046


やはりソコは数々の観光客をあしらってきたすすきののお店

054


ボクたちのような低俗なお客ですら気持ち良くさせる接客

038


さすが高評価のお店だなぁなんて思わせてくれます

057


そんなコチラのお店ですが現店舗での営業はこの日が最後で

058


ナニやら札幌駅の方に移転して今より広い店舗で営業するとか

060


もしかしてもしかしなくてもミシュラン効果とかで

063


儲かって仕方がない状況なのかも知れませんね

064


新店舗に対応するために教育中の店員さんとかちょっとアレでしたけど

065


初めて行った店で大将が握る位置に座れるシアワセとか

066

068

070


タクシーの運ちゃん曰く北海道の鮨は鮮度で勝負なトコが多いけど

071

072

076


ココはひと手間加えるコトで評価されてるんだとか

080


普段から東京ではひと手間もふた手間も加えた鮨を食べてるので

077

082

084


コレといった特別な感動はなかったというのが嘘偽りのない事実ですが

086

088


来て良かったと思ったのも紛れもない事実っていうね

092

093


最終営業日というコトでネタがなくなって追加の鮨がかっぱ巻きとか

094


堪能しきっていないのでまたココに食べに来る理由ができました

031


来年の今日誰か連れてって下さい!(ボクの誕生日祝いで)



↑このページのトップヘ