楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#らーめん


昼メシといえばラーメンだったボクですが今年に入ってからは一切なし

IMG_1232

のはずなんですが実はコレが今年一杯目ラーメンですし

IMG_1258

コレが今年二杯目のラーメンだったりするのです

IMG_2253

糖質制限だの何だのと言ったところで酔ってしまえば関係ないようで

IMG_2257

素面なら控えてしまいそうな背脂ラーメンだって酔ってしまえばダイジョウブ

IMG_2259

日頃の努力を吹き飛ばすカロリアスワールド全開の背あぶLOVE

IMG_2262

こんな写真が翌朝発見されたときの気持ちは果てしなくブルー

IMG_2264

禁欲生活が続くと反動もスゴイみたいですね




IMG_1136

何やら外資系の投資ファンドが経営しているという噂の謎のラーメン屋さん

IMG_1138

回収見込みのない案件にお金を出さない人たちがやってるぐらいですから

IMG_1145

ナカナカのモノを出してくれるのではないかと期待しての訪問です

IMG_1144

実はこの店の入ってるテナントはどんな飲食店でもなかなか定着しないという

IMG_1140

神田では有名な曰くつきテナントなんで様子を見ていたというのもあります

IMG_1143

さてさて神田有数のこのテナントで生き抜けるのか楽しみな感じですが

IMG_1142

ラーメン自体は悪くないと思いますが店員の私語の多さが気になります

IMG_1149

手は動いてるにしても帰るお客さんに声もかけず話し続けるアンタらの言葉より

IMG_1147

お客さんに対しての「ありがとうございました」がどれだけ大事か分からないかな

IMG_1134

コレじゃ投下資本を回収できない見込みが高いと思うのはボクだけではないと思います



同じ店に頻繁に行くコトが少ないボクですから17、8年前から行っている大喜ですら

IMG_9777


同じメニューを何度も食べた覚えがありません

IMG_9780


ってか微妙にメニューが変わってたり増えたり限定があったりで

IMG_9783


しかもそのドレもがハズレなしという驚異のラーメン屋さんですから

IMG_9786


夏の冷やしだって冷やし中華ありーの冷やしとりそばありーので飽きさせませんが

IMG_9779


移転して初めての訪問だったので湯島に初めて行ったときの醤油を食べてみました

IMG_9782


あの頃に比べれば腕も上がって味も向上しているんだけれども

IMG_9776


変わらないランチタイム50円の愛(あの頃は昆布の佃煮でしたね)

IMG_9787


ちょっと店が狭くなったので人が出入りする時だけがアレでしたけど

IMG_9773


変わらない愛に進化し続けるらーめんがソコにはあったのでした



IMG_9720


滅多なコトでは通りもしないココいら辺ですが滅多なコトが起きたので

IMG_9723


機会があれば来てみたかったコチラに突入と相成りました

IMG_9729


久々にぺーぱんも行きたかったですが気分は鶏のスープだったのです

IMG_9727


もっと鶏のうまみの出たスープを期待していましたが思ったほどのインパクトはなく

IMG_9725


ぶっちゃけ肩透かしな感じがしたのは言うまでもありません

IMG_9728


わずか10席のお店なのに店員さんが4人もいてビックリでしたが

IMG_9732


お店を出てみれば10人ぐらい並んでてさらにビックリ

IMG_9734


そして何よりビックリしたのは爪楊枝のデカさというラーメン以外のところ(笑)

IMG_9719


爪楊枝には一見の価値があるかも知れません




ラーメンが食べたいという普通の欲求じゃなく渇きって言うんでしょうか

IMG_9698


ただラーメンを食べるのでなくコッテリしたヤツをガッツリいきたいとか

IMG_9706


ライスに餃子まで付けちゃったりとか背脂マシちゃったりとか

IMG_9707


体重が気になるお年頃とは思えないほどのご乱行だったりしますが

IMG_9703


Aセットにすれば煮玉子がサービスとなれば至極当然のコトなのです

IMG_9712


なりたけ出身と聞けば50円アップでも味噌への変更はボクにとって必然ですし

IMG_9710


ギタギタにしてこそ背脂チャッチャッ系だと思っています

IMG_9705


正直言ってこんなに食べちゃったら夜も食べられない位の中年ですが

IMG_9708


ココまでやらなければ渇きはいやせないのです

IMG_9715


当然ケミカリーな背脂チャッチャ系ですから食後の渇きは否めませんが

IMG_9713


心の渇きはいやせているので何ら問題はありませんしマンゾクです

IMG_9699


やはり乾いた時には背脂チャッチャ系に限るというコトでした





鶏醤って一体何なのさ!?

003


世界初の純動物性の発酵調味料らしいですが初めて聞いたので当然

006


そいつを頼まないボクではないのです

015


飲んでみれば分かるそのスープの旨みは一般的な醤油の2~8倍らしく

007


掴みは十分といった感じで変わったトッピングのパンがスープを吸ってイイ感じ

008


こういう調味料って大体が減塩を伴ってくるので飲み進んでいけば

010


若干飽きが来るというか物足りなくなってくるのが常だと思います

012


カロリアスな食事を常としているボクですから後半はちょっと塩分が欲しくなったりして

016


地鶏を謳う店だけに玉子はハンパなかったと思うし

002


スープも良かったので次は普通のヤツを試してみようと思います




この店の存在を知ったのは遥かむかし二十世紀のコト

IMG_3737


あさりを使ったしおらーめんが大評判だと記憶していました

IMG_3743


ナカナカ用のなかった綱島に仕事で来るコトになり時を超えてようやくの訪問です

IMG_3740


駅から離れた場所にもかかわらずランチタイムを過ぎてもお客さんひっきりなしに来るし

IMG_3739


今では貝を使うスープも珍しくありませんが前世紀からコレを出してたなんて

IMG_3741


タイムマシンに乗って来られなかった十数年分を取り返したいレベル

IMG_3744


メニューもイロイロあってドレも美味しそうだし

IMG_3742


崩れた玉子とはいえ丸々一個入ってるという太っ腹ぶり

IMG_3736


人気になる理由が良く分かりました



↑このページのトップヘ