楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#らーめん


IMG_2333

はじめて家元のラーメンを食べたのは青戸にあったお店でした

IMG_2336

その後早稲田で食べたのが最後今や大行列の四ツ谷の店にはとても行けませんが

IMG_2337

 がんこを名乗らない直系のお店があったので行ってみました

IMG_2340

こんな感じのラーメンって今はというか他でもあまり見かけない気がしますが

IMG_2345

多分本家よりショッパクはないけどやっぱりショッパイ

IMG_2341

ショッパイけどなんか美味しいという家元マジックなのかも知れませんね

IMG_2339

そんな塩っ気に半熟の玉子が実に好いたらしくマッチしていたりして

IMG_2344

がんこイメージと違うチャーシューもとてもイイ感じで受け入れられて

IMG_2346

ハリハリのがんこ風の麺も実にイイ感じなんですが通麺とかいう縮れ麺が気になるので

IMG_2331

近いうちに来る気がする気がしないでもないってか絶対来る気がしてる今日今頃





先日コチラに来た際には見向きもしなかった女将がなぜか魁力屋行こうと

IMG_2190

どういうミラクルがあったのかは分かりませんが呑み&〆ラーメンにやって来ました

IMG_2196

IMG_2198

IMG_2199

ハムカツには鉄板のソースマヨにテンメンジャンマヨと二段活用してーの

IMG_2201

IMG_2202

IMG_2205

〆ラーメンへと突入ですがヤンニンジャンがこれまたイイ仕事してくれちゃって

IMG_2209

IMG_2210

ネギヤンニンジャンまぜそば的な感じで楽しんじゃったりして

IMG_2204

IMG_2208

ノーマルな楽しみ方どうなのよ?ってな感じなヤンニンジャンキーになりました

IMG_2188

近所だけにこりゃあ大変なコトになりそうな予感です




IMG_2060

調べてみればユガーラに来るのはほぼほぼ五年ぶりというゴブサタっぷり

 IMG_2063

ナカナカ予定が合わずに飯田祭りにも参加出来ないでいたらいつの間にやら日本一

IMG_2066

完全予約制に移行して並ばなくなったのはイイけど全然予約取れなかったりして

IMG_2071

ボクが知ってるラーメンからリニューアルしたのに新ラーメン食べられないなんて

IMG_2070

必死こいてOMAKASEでの予約にチャレンジするも立ちはだかる砂時計の壁でしたが

IMG_2074

ようやくリニューアルした将太君のラーメンにたどり着くコトができました

IMG_2077

ボクの連れも含めてほとんどのお客さんが連食する中ボクは一杯入魂でしたが

IMG_2075

あまりの美味しさに魂が震えて連食どころの騒ぎではありませんでした

IMG_2079

でも連れにひと口もらった塩のスープにも魂が揺さぶられたので

IMG_2053

次は女将を連れてきて三杯は食べようと心に誓ったのでした



IMG_2027

以前はいつ休んでるか分からないぐらい営業していたコチラのお店ですが

IMG_2033

567の影響かいつの間にか朝ラー始めてて土日休みになってたりして

IMG_2031

 朝ラーの時間帯はトッピング一品無料だったりするので狙いどころですが

IMG_2029

普段朝ごはんを食べないボクには朝ラーなんて遠い夢物語のはずでした

IMG_2037

ドコの誰が言ったか納豆は朝食うもんだって言うし酒が残ってるこんな朝にこそ

IMG_2035

そうこんな日だからこそ輝ける朝ラーなのです

IMG_2039

納豆になるとチャーシューが入っていないのが不満で仕方ないのはともかく

IMG_2041

こんなに酒が残ってる朝でも楽しめる朝ラーがココにはありました

IMG_2043

しっかりスープ割りまで楽しんで今の今でも酔ってるんですかね

IMG_2025

今度シラフのときに取って置きの食べ方でブログ書いてみようかしらね




休日にチョット吞んでからラーメンで〆たいとか最近は普通にできなかったけど

IMG_1975

 IMG_1970

デキるようになったら堂々と近所のラーメン屋さんでやるしかないでしょ

IMG_1972

IMG_1973

というワケでおつまみ三種盛りには卓上のたくあんもマゼマゼして楽しみます

IMG_1976

IMG_1978

こうなったらラーメンも普通に味わってる場合ではないですし焼きめしも同様

IMG_1977

IMG_1981

三種盛り&ヤンニンジャンをプラスしてまぜそば風にして楽しんだり

IMG_1988

IMG_1989

こりゃ楽しいわなと思った休日のラー活ですが

IMG_1962

一緒に行こうと誘っても家族が来てくれないのが不満です





六厘舎史上最高の一品でつけめんの概念が変わるとか

IMG_1533

そんな大げさなキャッチコピー出されても並んでまではねえと思ってたら

IMG_1535

朝だと並ばずに食べられるんですね

IMG_1534

こんな時間帯にココにいるなんてナカナカないので思い切って朝つけです

IMG_1536

何が朝つけなのか知りませんでしたが朝専用スープと麺なんですってね

IMG_1537

スープはドロドロじゃないし麺も細めな気がしますが最後に食べたの7年前なので...

IMG_1538

まずは普通にいただきますがコレを朝からって結構ヘビーだと思いますけどね

IMG_1539

さあいよいよ生七味を麺に絡めていただきますがこの食べ方ヤバいですね

IMG_1540

久しぶりになくならないでほしいと思うほどダイレクトに響きました

IMG_1541

コレが六厘舎史上最高と社長が言うのだから最高なはずなので

IMG_1530

並んでない時があったら昼バージョンも食べてみたいと思います




なんか最近お昼にポッカリと時間が空いてしまうコトが多くて

IMG_1301

今日はちょっと変わったトコロにラーメンを食べに来ましたが

IMG_1303

皆さんよくココが分かったなというか通りすがりでは絶対来られない様な場所で

IMG_1304

 人生を賭けた一杯とやらをいただきます

IMG_1311

具のないラーメンなので当然撮るのは麺とスープしかありません

IMG_1310

撮る方としては物足りませんがラーメンの方はさすが人生を賭けたというだけあって

IMG_1312

ナカナカナカナカナカナカです

IMG_1308

頼んでる人が多かったので焼き餃子を頼みましたがコレは普通です

IMG_1315

それにしても分かりにくいこんな場所でお客さんひっきりなしとかスゴイね

IMG_1298

機会があったら先代がやってるという時代遅れにも行ってみたいと思いますが

近くの青春餃子も気になります!





びんびんと聞いたら教師なボクはびんびんです

IMG_1279

名は体を表すというのならそりゃあ相当びんびんなラーメンが出てくるはずで

IMG_1283

どうでしょう?皆さんコイツはびんびんですか?

IMG_1288

一枚入ってるチャーシューはびんびんではなくペラペラです

IMG_1287

スープをひと口飲んでみれば塩分がギンギンです

IMG_1293

パツパツの茹で具合いの麺を食らえばピンピンでして

IMG_1290

メンマ好きのボクはノーマルラーメンでこの量のメンマにびんびんですし

IMG_1294

メンマと麺を一緒に食べると更にびんびんでしたね

IMG_1277

元祖かどうかはともかくボクはケッコウびんびんだったようです




最近は町中華とやらが流行りだそうで567でなければそういうトコロで飲りたいね

IMG_1256

ココは去年できたお店なんだけど何やら創業〇〇年を語りそうな風情のネオ町中華

IMG_1258

看板にあるワンタンもやしそばが気になって行ってみました

IMG_1261

もやしそばと言えば一般的にはあんかけだけどココのは炒めバージョンで

IMG_1260

相当イイ感じにもやし炒めの味がスープに移ってきてて

IMG_1264

予想しなかった中太麺と相まってケッコウ好きな味に仕上がってます

IMG_1263

ワンタンに関しては可もなく不可もない感じだったので次頼むなら

IMG_1255

お店自慢のチャーシュー入りのもやしそばが良さそうですね

IMG_1265

てかチャーハンもヨサゲだし呑みに重宝しそうな感じなので

IMG_1253

量が食べられそうな会社のやつら連れて町中華飲みを決めこもうかな



 


女将が気に入ってるので定期的にお取り寄せしているJINRIKISENのラーメン

IMG_1057

いつもは竹岡式オンリーで頼んでいますが何かのSNSで見た勝タンを思い出し

IMG_1062

だったら房総式原点も頼んじゃおうってコトで今日は房総式です

IMG_1063

当然自宅で楽しむワケですからすき焼き風つけ麺とか

IMG_1065

オンザライスなんかも手軽に楽しめちゃうのがイイところです

IMG_1066

この都一の乾麺が実によく出来ててお気に入りなんです

IMG_1068

もう完全に暴走式になってて翌日の体重が気になって仕方ない休日ランチ

IMG_1069

皆さまも良い休日をお過ごしください



↑このページのトップヘ