楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#くろぎ


IMG_9304


移転後二度目の訪問になりますがこの時期になると思い出すのが

IMG_9303


ココを紹介してくれた方の言葉

IMG_9307


松茸のシーズンには気を付けろ!です

IMG_9309

IMG_9311


その方が言うには松茸シーズンだと片手では全然足りないと

IMG_9312

IMG_9313


でも以前に松茸が出てきたときは片手に届かなかったので余裕をブチかましてました

IMG_9315

IMG_9317


店に来た瞬間に目の前に飛び込む松茸の山に天然の舞茸

IMG_9319

IMG_9321


焼き胡麻豆腐にアワビが添えられていた時点で気付くべきだったのです

IMG_9322

IMG_9325


これがあの人の言ってたやつだと

IMG_9323


こりゃワインやらシャンパンやら呑んでしまったら大変なコトになるやーつ

IMG_9328

IMG_9331

IMG_9333


呑みたい気持ちをぐっと抑えてジャパンでやり過ごします

IMG_9334

IMG_9335


この日はビシッと酢の効いた鯖寿司だったり生うにをあえた素麺だったり

IMG_9336

IMG_9338


松茸がなくったって美味いもののオンパレードです

IMG_9339

IMG_9342


さあいよいよ〆のごはんタイムがやって来ましたがこうなりゃ当然

IMG_9343

IMG_9344

IMG_9346


ピンボケしてますがみじん切りまで入ってる松茸ご飯にハラスご飯です

IMG_9347

IMG_9349


移転してからはご飯が何種類か食べられるようになってうれしい限り

IMG_9353

IMG_9354


出来立てのくずきりはいつだって文句なしだし

IMG_9356

IMG_9355


貴腐ワインをかけて食べるアイスなんて悶絶ものです

IMG_9352


さて猿田彦コーヒーを飲みながら会計の覚悟を決めましたが

IMG_9300


ホントに気を付けないと大変だというコトがよく分かりました






湯島でお世話になったくろぎさんが自社ビルを建てての移転

IMG_6995


もっと早く来たかったけれど価格帯を考えるとそうそう来れないので

IMG_6996


結婚記念日のお祝いディナーに合わせての予約です

IMG_6997

IMG_6998


今回の移転で何よりもボクたちを悩ませるのが席数の激減で

IMG_6999


カウンター10席と個室一つだけになったので湯島時代に比べれば半分

IMG_7001


となれば予約倍率が単純に2倍という超絶プレミアムシートになります

IMG_7002

IMG_7004


なので電話予約だと昼間しか取れないのね、、、

IMG_7005

IMG_7007


そんな超絶プレミアムシートでいただく料理ですが

IMG_7008

IMG_7009


移転して厨房が広くなったからなのか何なのか分かりませんが

IMG_7011

IMG_7013


湯島時代から別次元へと進化を遂げています

IMG_7014

IMG_7018


何が良くなったとかどう違うとか聞かれても答えられませんが

IMG_7022

IMG_7021

IMG_7024


カウンター席だけになったコトによるお店の一体感というか

IMG_7027

IMG_7029


鱧を捌くところを含めた劇場型演出が寄与しているのは言うまでもありません

IMG_7030

IMG_7031


春のモノから夏へと切り替わっていく時期ですが

IMG_7033

IMG_7034

IMG_7037


それぞれに良いモノを仕入れて最高の調理で食べさせてくれます

IMG_7032

IMG_7040

IMG_7038


〆のごはんは湯島時代のランチで好評だった鯛茶漬けに

IMG_7042

IMG_7043

IMG_7044


これまた以前から好評なハラスご飯と複数の〆が楽しまます

IMG_7046


デザートは自家製わらび餅に貴腐ワインをかける塩アイスとか

IMG_7049


これまでのメニューを再構築してさらに高みへと昇り詰めています

IMG_7050

IMG_7052


結婚記念日のケーキまで作ってもらってマンゾク以外ない晩餐

IMG_7053


何とかこのお店には通い続けたいものです




大門に新店舗を建てて移転予定のくろぎ

IMG_5921


前回訪れた際には多分コレが湯島最後の夜かと思いましたが

IMG_5922

IMG_5923


ある日突然のホットラインが入り

IMG_5927

IMG_5929


移転日が遅れたので予約取れますけど如何ですか?なんて

IMG_5932

IMG_5933


予約を取らないでいられるほど人間がデキていないボクなのです

IMG_5930


この日はしびれるほど寒い日だったので粕汁とか堪らないもてなしだし

IMG_5939

IMG_5941


ジャパンのお供には当然のように痛風覚悟のからすみなのです

IMG_5944


そんな湯島でホントにホントの最後の〆ご飯は

IMG_5945

IMG_5947


甘辛い牛肉のしぐれがこれまた堪らないご飯

IMG_5948

IMG_5946


食べ過ぎるとお土産がなくなるのでオカワリもホドホドにしないとね

IMG_5952

IMG_5953


新店舗は今よりもグッと席数が少なくなるそうなので

IMG_5919


行けるときに行っとかないとな感じがするくろぎなのでした




何度か訪れたコチラですがある筋の方から言われていました

IMG_3897


松茸のシーズンには気を付けろ!

IMG_3892

IMG_3896


その日入ったイイ物で作るおまかせメニューのみの店ならではで

IMG_3900


丹波の松茸が大量に使われるのでお値段が...というコトらしく

IMG_3902


さっそく出てきた松茸に戦々恐々のボクの前に再度登場した松茸のフライ(笑)

IMG_3904


財布が空っぽになるのを覚悟した瞬間です

IMG_3905


松茸も時期なら鱧はもっと今がイイときなので出会いの土瓶蒸し

IMG_3907

IMG_3909

IMG_3910


最高です!!

IMG_3913


ここで八寸なんか出てくりゃ当然ジャパンにスイッチとなります

IMG_3914

IMG_3915


聞いてみれば遅れていた新店舗への移転時期もようやく目途が立ったらしく

IMG_3916


おそらくコレが湯島の店舗で最後の食事となりそうで

IMG_3921


このお店の雰囲気で食べるのも最後かと思うとさらに美味しく感じます

IMG_3925

IMG_3928

IMG_3929


こんな贅沢な鴨のすき焼き食べたコトないなんて思ってたら

IMG_3931


満を持して本日の〆ごはんの登場ですが

IMG_3933

IMG_3934


最高です!!

IMG_3944

IMG_3945


ココでは最後となりますが通うのを止められないレベル

IMG_3889


新店舗はちょっと遠くなりますが今から楽しみでなりません!




前回の訪問時予約をお願いしたときに

IMG_2882


次回は松茸が出るかもしれませんよーなんて言われて

IMG_2883


おひとり様5万円オーバーも覚悟して挑んだ今回のお食事

IMG_2886


おまかせである以上値段すらもおまかせという恐怖に

IMG_2889


財布にしこたま実弾を詰め込んで来てみましたが

IMG_2890


結果からして松茸は出なくて良かったのか悪かったのか

IMG_2892


実際のところ松茸の良さが分かっていないボクには牛丼の美味しさであったり

IMG_2895


イロイロと好みを聞いてくれてドンピシャだったジャパンだったり

IMG_2898


こんなに美味しかったっけ?と思ったすっぽんだったりと

IMG_2900


この店におけるスーパー高級食材がなくったって全然楽しめてしまうのです

IMG_2904


前回がけっこうな鱧づくしだったのに対して今回はイロイロと偏りなく楽しめ

IMG_2909


宮崎牛のヒレカツなんて反則的に美味いのが繰り出されたりした頃に

IMG_2910

IMG_2914


そろそろお腹がいっぱいになってきたりして

IMG_2915


相変わらずしっかりとした料理の量に負けそうになった頃

IMG_2919


今日のご飯がやって来ましたがコレが超の付くほどの反則ご飯

IMG_2922


たっぷりの鮭のハラスだけでも十分なのになんと

IMG_2923


黒いプチプチと言ったら何だか分かるでしょ的なキャビアをたっぷりと混ぜ込み

IMG_2926


オカワリしないでどうするの?ご飯でノックアウトとなりました

IMG_2929


相変わらずマンゾクとしか言いようのない料理の数々

IMG_2931


予約の電話がつながらないとかカウンターは一年以上待ちとかも納得です

IMG_2880


そんなお店で食事できるシアワセをいまだ噛み締めています



予約がなかなか取れない店って世の中にたくさんありますが

IMG_2360


その中でもボクが予約を取りたい店ベスト3に入っていたお店がココ

IMG_2365


4月に初めて行ったとき誕生日ディナーはココにしようと予約しておきました

IMG_2366


おめでとうございまーすと出てきた赤飯の美味しいコト

IMG_2369

IMG_2372

IMG_2374


今日も期待を上回る料理が出てくるコトでしょう

IMG_2370


大体が水ひとつ取ってもこんなのがボトルで出てくるお店ですから

IMG_2380

IMG_2382

IMG_2384


おまかせと言っても期待しかないのですが実は心配なコトが一つ

IMG_2394

IMG_2392


いくら美味しいといっても小食で有名なボクですから

IMG_2389

IMG_2396


あんまり量が出てこられても食べきれない心配があるのです

IMG_2399

IMG_2402


いやーそろそろおなか一杯になってきたかなーと思っても

IMG_2404


まだ出てくるの(゚д゚lll)

IMG_2405


限界ギリギリのところでようやくご飯の登場ですが

IMG_2408


なんせこのご飯が殺人的に美味しいものですからオカワリ必須で

IMG_2410


ボクを殺人的デブへと引き上げてくれるのです

IMG_2412


最後に猿田彦珈琲の水出しと共に味わうのが出来立ての葛切りで

IMG_2415


これで年齢とともにお腹の年輪も重ねるコトとなりました

IMG_2359


次に来るのは松茸の季節かなー(お勘定が恐怖ですけど)


↑このページのトップヘ