楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

タグ:#うどん


名前を聞いただけで強烈なインパクトを与えるカレーのお店ですが

IMG_0175


興味を持ってホームページなんて見に行ったら更なるインパクトを受けるコト必至です

IMG_0177


五反田自体あまり縁のない場所なのでボク自身ココに来るのが10年振りぐらい

IMG_0176


相変わらず人気はありますがやっぱり変なお店です

IMG_0178


お店の作法通りカレーはライスにかけず食べますが結構辛いのでむせないよう注意です

IMG_0179


やや固めに炊かれたライスとのマッチングは当たり前だけどピッタリ

IMG_0180


ポークしか食べたコトがないので次は他のカレーにもチャレンジしたいけど

IMG_0174


五反田にあんまり来ないので次もまた10年振りぐらいになるかも知れません




二日酔いの朝はごはんよりもアッサリとしたそばがイイですよね

IMG_8302


久しぶりに小諸そばに来てみたら辛みおろしなんて二日酔いにピッタリのメニュー

IMG_8301


頼んでみたらこんなん出てきましたけどまずは普通に

IMG_8304


次は辛みおろしでいただきますがコレが+140円だとは思えない味わい

IMG_8305


こうなれば小諸そば必殺の調味料に登場してもらうしかありません

IMG_8306


そうそうコレコレ

IMG_8308


やっぱりココでは普通のもりを頼んでたっぷりネギとゆず七味でいただくのがイチバン

IMG_8299


二枚もりもお得だけど二日酔いにはツライのよね




地球温暖化だかなんだか知らないけど昔はなかった猛暑日とやら

IMG_8251


そんな日に外を20分も歩いていたら温はなく冷の一択となります

IMG_8250


初めて来る人がちょっと悩む券売機の決定ボタンを押せば自動的に作り始め

IMG_8252


店内に入るとあっという間に出てくるのがココの券売機のすごいところだと思います

IMG_8254


涼を求めての冷なのに温かい天ぷらとはコレ如何にといった感じですが

IMG_8255


とり天が二つにデッカイちくわ天とマンゾクのトッピングが乗った本格うどんが490円

IMG_8257


ハッキリ言って新橋最強無敵の立ち食いうどん店だと思います

IMG_8249


次の出店は是非とも神田でお願いいたします




いよいよ残り少なくなった蒲田ライフをマンキツしようと思ったら

006


満員で待ちそうだったのでスグ裏にある気になっていたコチラへ

008


味噌ラーメン店出身のうどん屋さんというのも珍しいじゃないですか

007


けっこう暑い日だったので普通のでなくつけ麺をチョイス

011


超ドロドロのつけ汁をまとったガチムチ食感のうどんは紙エプロン必須の暴れん坊

010


ボクには辛味もちょうど良く思ってた以上に好みの味

014


炒めた玉ねぎと牛肉の薄切りが具として麺に絡みつき夢中で啜っていました

015


割スープも装備してますがランチサービスの小ライスでメシ割もよさげです

005


残り少ないのに行きたい店が増えて困っちゃう蒲田ライフなのでした




一泊二日の旅なんて大体呑み過ぎて朝がツライもの

045


そんな呑み過ぎ食べ過ぎの朝にいい博多ならではの食べ物ってナニ?

048


博多うどんなる物があると聞きまして食べに来ました

054


うどんだけなら胃に優しそうだけどサイドが外せない旅先でのコト

051


天ぷらまで乗せてボクたちはいつだってヤッちゃっているのです

057


コシがないのが特徴という博多のうどんはふんわりとした食感

055


あっさりだけど旨みたっぷりのおつゆと相まって何気に朝から大満足

056


普段そばを食べるコトの多いボクにしては新鮮な朝ごはんで

058


呑み過ぎ食べ過ぎの胃袋も生き返ったようです

047


さあ旅の最終目的地に行く胃の準備はできましたよ!



うどん県からの刺客神田に現る!

011


うどん県に於いても大人気行列店らしいお店が神田に出来たなんて

010


そんなの聞いたら麺喰いとしては黙って見過ごすワケにいきません

012


本場で食べたコトないのでどれぐらいスゴイのか分かりませんが

014


ボクの経験値の中では最上位クラスのうどんだと思います

017


ひんぱんに取り替える揚玉なんかも好印象だけど

013


唐辛子は七味よりも一味派なので次来るときは持参します

016


ラーメンだけでなく炭水化物の名店の登場で

001


ますます体重増加に歯止めの効かないボクなのでした



前回食べた生姜のうどんがかなりツボだったので


001



再びうららにやってきました


007



今回は〆うどんが目的ではないので呑みには行ってません(嘘)


009



冒頭の写真で皆さん変な期待をしていると思いますが


010



コレは生姜鍋の記事なので悪しからず


011



一緒に行った元うどん職人が食べる度うなっていましたが


015



コレは呑んだ後に食べるのがもったいない位の立派な鍋料理です


013



この記事を書いた前日も食べたぐらいハマっています


019



皆さんも是非食べに行ってみて下さい


020



きっとハマると思いますよ










あ、もう一枚だけ写真あったわ



004




呑んだ後の〆といえばラーメンなボクですが


003



ナニやら最近の銀座では〆うどんなるモノが流行ってるらしく


005



そりゃ食べに行かねばと思い立ったが吉日


004



〆る為にはまず呑まなきゃいけないので


009



いつも通りの技術指導にやって来ました


011



ボクをこの店に連れてきたうさぎさんがいなくなったのが残念でしたが


013



新しいうさぎさんも入っていたので指導に熱も入ります


012



いつもはうさぎさん全員呼んでもらうのですが


015



この日は技術指導に熱が入り過ぎたせいか


017



気付いてみれば閉店時間になってたりして


020



うさぎさん全員を指導するコトが叶いませんでした


022



こんな気持ちじゃ〆られるワケもないので


026



2軒目の指導に突入です(笑)


024



うさぎさんのいない店だし時間も遅かったので


028



軽めに指導して〆うどんに突入したいと思います


027



夜中の2時過ぎに大盛況とかビックリの店内


033



破壊力抜群の絶品ツマミもあって期待は高まります


036



しなやかなおうどんに(3玉まで選べます)


044



「ラ」の道から「う」の道に引き込まれそうになるスープで


045



こんなうどんがいただけるなら流行るのも納得です


029



また来たいけどお金掛かり過ぎだわ〆うどん



↑このページのトップヘ