楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 自宅


うま麺速報2013

002



of the ラヲタ

003



by the ラヲタ

005



for the ラヲタ

008



ご覧の通りラヲタ中のラヲタである

007



ラーメン王3人が監修したカップ麺が

010



またしても我が家にヤッて来ました(御大AZS!)

012



まさにラヲタのラヲタによるラヲタの為の(そうなのか?)

015



オリジナルラーメンという事で

018



ラヲタの意見が存分に生かされていマス

017



貝の旨みと焦がし醤油の風味がポイント

020



けっこうイケてる一杯に仕上がっています

021



この前のヤツもそうだったけど

009



低カロリーなのがイイですね

本日発売デス!!

ラヲタじゃない人も食べてみてね



今日ってリンカーンが国民の国民によるって演説した日なんだってね。
偶然だなー。


自分宛ての宅配便が届いたとき

1029 002


胸が躍るよね(でも読めないよね)

1029 001


こーんなのが届いたらチョット出ちゃうよね

1029 003


楽しみにしていた御大からの贈り物です(感謝)

1029 009


くろきには一度しかイッた事がなく

1029 010


しかも味噌しか食ったことないので

1029 011


お店との比較などできませんが

1029 014


おおっコレは!

1029 015


店の雰囲気出てるじゃん!(推定)

1029 013


こんな感じでヨロシイカ?

1029 016


だしの効いたすっきり低カロリースープで

1029 006


深夜に食べてもダイジョウブ!(嘘)

1029 005


コレ食べて美味しかったらお店にも是非イって下さい



本日発売デス!!



開店準備から非公開のプレオープンを経て

1007 025


ようやく酒処志の亭が開店しました

1007 007


冷蔵庫のホワイトボードが最初のお客様を歓迎

1007 001

1007 010


テーブルに乗りきらないのでツマミは少しずつサーブ

1007 004

1007 003


今日来るお客様は見かけによらず小食だと言っといたのに

1007 002

1007 005


けっこう作ってたのネ

1007 008


持ち込み自由な当店は

1007 012


こんな持ち込み大歓迎デス

1007 020


大歓迎デス!!

1007 021


モツの仕入れまでやり始めたりして

1007 016


女将も気合い入ってます

1007 017


今度の開店用に皿買っていいかなどと言い出すし

1007 019


次回開店に向けて更にマンマンです!

1007 018


ジェジャート出し忘れたのだけが残念でした

1007 022


こんな酒処志の亭は予約制ですので

001


来店希望のお客様はお早めにご連絡下さい

001


ご来店ありがとうございました



お花とお酒アリガトネー!


以前に読んだ美味しんぼ67巻にて

ジャガイモ嫌いの中松警部の為に

山岡士郎が作ったメニュー

067_02_01


以前から作りたいと思ってましたが

ついにその時がやってきました

じゃがバター 001


これだけで¥1,400だなんて

ナカナカ本気にさせてくれる金額ですな

じゃがバター 003


休日のヒマつぶしなので原価無視

これでもか!とけずり節を投入し

じゃがバター 006


ダシをとったらジャガイモとバターを投入し

弱火でコトコトと4時間煮込みます

じゃがバター 007


ネット調べによるとジャガイモ10個に対し

半ポンド(225g)ぐらいがバターの目安でしたが

じゃがバター 015


ジャガイモ6個に対してバター200gという大盤振る舞い!

思いつきでやったもんで彩りがなくネギ

じゃがバター 021


ジャガイモが少し煮崩れちゃったけど

金と時間は反映されているようですな

じゃがバター 023


自分の言葉で書くのは何なので

中松警部にひとことお願いします

2010030118511034a


本家本元は札幌にある味百仙というお店のメニューだそうです




某ラーメン店店主から誕生日プレゼントで頂いたこの本で

志の麺亭 004


突然ラーメン作りに熱を上げ始めたウチの奥様

志の麺亭 008


今日の夜ご飯はラーメンだから

志の麺亭 015


昼にラーメン食べるんじゃないよ!

志の麺亭 010


だなんて勝手なことを言い出す始末

志の麺亭 011


さてどんなもんですか?なんて

志の麺亭 014


そりゃアナタそんな簡単においしいもの出来るワケ

志の麺亭 013


この煮豚はおいしかったねー

志の麺亭 017


やっぱ麺もちゃんとしたの使わないとね

志の麺亭 012


一応2種類の麺で作ってみたようです

志の麺亭 007


志の麺亭開店への道のりは長そうです



基本的に酔っ払いです

しの亭 001


1年365日酔っ払うために胃薬完備

しの亭 004


肝臓サポーター完備です

しの亭 003


そんな僕ですから当然

自宅 018


こんなモノを購入し奥さんをそそのかします

自宅 002


そしたら奥様ハリキッて

しの亭 002


山利喜の煮込みチャレンジするという

しの亭 009


こんなにウレシイ事はない(アムロ風)

しの亭 022


当然迎え撃つのは赤ワイン

しの亭 012


他にもイロイロ

しの亭 005


家でこんなに呑めてイイのでしょうか

しの亭 019


こんな我が家ではあるプロジェクトが進行中でして

しの亭 010


とあるB食家集団の代表を我が家でもてなすという

しの亭 018


酒処 志の亭

しの亭 023


着々と開店準備は整っております

しの亭 025


奥さん曰く

いつでもどうぞ!

だそうです

開店準備整いました!




20世紀最高の発明の一つがインスタントラーメンなら

イタリアンカレー 002


カップラーメン史上最高の発明は

イタリアンカレー 003


コレでしょう

イタリアンカレー 005


最近はアイスでも楽しめるカップヌードルですが

イタリアンカレー 007


まだ試したことはありません

イタリアンカレー 008


発明品でフタを止め3分待つと

イタリアンカレー 009


ほーら出来上がり

イタリアンカレー 012


彩りはいいですが具は寂しいですね

イタリアンカレー 010


自宅で一人こんなことやってるオレが

イタリアンカレー 014


一番寂しかったりします

イタリアンカレー 015


スープにライスをぶち込んでと思いますが

イタリアンカレー 004


カロリーもBIGなので止めましょう


それじゃまた




見せてもらおうか!

究麺 001


佐野実 特別監修の実力とやらを!

究麺 006


以前に試食会にご招待いただいた

究麺 008


ブロぐるめ!さんの企画で1ケース頂いちゃいました

究麺 003


ブロガー30名様にプレゼントなんてやるじゃない

究麺 017


というわけで早速食べてみたわけです

究麺 018


空腹時に5分という待ち時間が長いかどうかは別として

究麺 010


無料という最高の調味料が効いてますが

究麺 023
 ※レンゲは付属していません


なかなかヤると思いますよ(本当)

究麺 022


カップラーメンの麺もここまできたんだね

究麺 019


ただやっぱりカップラーメンで残念なのは

究麺 020


具のサビしさですかね

究麺 011


カロリーは控えめなので

究麺 005


こんなことしてもダイジョウブ!

究麺 016








さあ食べてもらおうか!

究麺 004


鬼が監修したラーメンを!




本日発売!!



はるばる横浜から我が家へ

自宅 007


酔っ払いにやってくる友人のために

自宅 003


前日から気合を入れて奥さんが準備して

自宅 004


ご飯作るのに疲れたから

自宅 001


食べて帰ってきてと言われ

自宅 016


記憶と共に家の鍵もなくして

自宅 010


迎えた今日という日

自宅 017


真昼間から酔っ払って

自宅 023


なくした鍵の事も忘れてしまおう!

自宅 002


いちばんお金がかかったというテリーヌ

自宅 005


がんばりましょう

自宅 019


次から次へと離脱者が出る中

自宅 014


飲み続ける猛者の友人M

自宅 026


早く誰か起きてこないかなー

自宅 011



おじさん眠くなってきちゃって

自宅 018


そろそろ限界です

自宅 012


やっぱり今日も記憶をなくしたようです

自宅 020


今は胃が痛くて食欲までなくしています





僕にとっての元祖おうちラーメン


DSCF0004





日本唯一の手作りかどうかは知らないけど


DSCF0001





なんせお店がこの行列ですから


池川家 006





待たずに食べられるのはありがたいこと


DSCF0002





一杯の値段を聞いたときはビックリでしたが


DSCF0005





1食を分け合っても十分な量に


DSCF0011





なんとなく納得させられているような気がします


DSCF0013





初めて食べたとき衝撃を受けたけど


DSCF0016





一店舗で二億円以上売り上げると聞いたときも衝撃でした


DSCF0019





従業員の高待遇にもビックリですが


DSCF0018





身長170cm以下の制限が分かりません


DSCF0017





独立する人が増えて


DSCF0007





この系列が増えるといいなと思います


DSCF0021





店じゃ出来ない鍋ぞうすい


DSCF0022





おみやげなりに楽しめるようで


DSCF0023






やめられないんだよね





↑このページのトップヘ