楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 某所


IMG_0200

お店には職人さんを置かず地方やら都内やらの人気店ポップアップをやってる会員制鮨店

IMG_0201

IMG_0203

IMG_0205

今回は広島の行きたかった店が来ると聞いたので会員さんにお願いしての来店です

IMG_0209

IMG_0207

IMG_0210

会員でないのに既に四度目の訪問なので店員さんもボクのコト覚えてくれていて

IMG_0212

IMG_0215

IMG_0217

ジャパン呑ませる気マンマンでボク用のシフトを組んでいるようですw

IMG_0218

IMG_0220

IMG_0221

ドコのお鮨屋さんに行っても鮨食いに来たんだか酒呑みに来てんだか分からないですが

IMG_0225

IMG_0223

IMG_0227

ちゃんと鮨を楽しめるぐらいにはペースを抑えています

IMG_0239

IMG_0231

IMG_0234

というかあんまり呑んじゃうと酒代のせいでボクの設定金額超えちゃうんだもん

IMG_0236

IMG_0237

IMG_0240

てなワケで後は鮨を楽しむだけですがにぎりを海苔で巻いちゃったりとかビックリ

IMG_0243

IMG_0244

IMG_0250

江戸前とは違うオリジナリティあふれる鮨で来た甲斐がありました

IMG_0197

また気になる鮨店が来るときは予約をお願いして来たいと思います





 IMG_8327

この日は宮城の氏金寿司と男山のコラボと聞いてお伺いしましたが着いてみたら

IMG_8328

何か知らないけど新澤醸造店の社長さんまで来ててTKDJRシフト組んでますからって

IMG_8326

ココの会員でもないボクなのに何故かボク用に酒を呑ませる気マンマンの運営側w

IMG_8330

IMG_8332

料理は氏金寿司と男山が交互に出て来るそうでまあイキナリわしづかみって感じです

IMG_8335

IMG_8334

出てくるジャパンが見たコトも呑んだコトもないのばかりでお会計が怖いですね

IMG_8337

IMG_8338

IMG_8339

IMG_8341

鮨と日本料理のコラボなのでこの汁にシャリ入れてなんてのも自由自在で楽しいし

IMG_8345

IMG_8347

IMG_8349

仙台から2時間掛かる場所だっていうのにお客さんを引き寄せる鮨店の実力はハンパない

IMG_8350

IMG_8351

ハンパないといえばこのジャパンが精米歩合1%って聞いたコトもないし

IMG_8353

IMG_8356

IMG_8358

マジで今回の宮城県コラボハンパないと思います

IMG_8364

IMG_8360

IMG_8362

氏金さんの鮨はスバラシイし男山さんの料理もスバラシイってかどっちも遊びあってイイね

IMG_8365

IMG_8366

手羽餃子的なのもタダの手羽餃子に終わってないのでコレは宮城まで行くべきヤツだし

IMG_8369

IMG_8370

鮨は鮨でお店まで行ったら更にスゴイの出してくれんじゃないのって期待しかないし

IMG_8373

IMG_8372

新澤醸造店さんも自分トコ以外にも宮城のイイ酒持って来てくれたりして

IMG_8375

IMG_8377

早い話が宮城県サイコーじゃん!!というコトになりました

IMG_8378

IMG_8380


IMG_8383

仙台牛のにぎりに海うなぎの小丼にノックアウトのボクでしたが

IMG_8388

IMG_8387

IMG_8390

最後に出てきた飲むヨーグルト的な酒にもノックアウトでした

IMG_8392

ハッキリ言って呑み過ぎだったとしか言いようがありませんがTKDJRシフトは克服w

IMG_8324

今回の訪問で宮城県熱が高まりまくりってかマジ行くしかないかって話しです





なぜか行く度に道を間違えてしまうコチラの店ですが今回も間違えて着いたときは滝汗状態

IMG_6806

駆け付けビール二杯を吸い込んでからの大阪茨木は鮨龍平ポップアップのスタートです

IMG_6807

IMG_6808

まずは稚鮎を頭から骨ごとすり潰した出汁でいただく蕎麦なんだけどコレがすごいのなんの

IMG_6810

その次に出てきたのはハモなんだけど合わせる食材がブッラータチーズと奇跡の出会い

IMG_6812

なーんて驚いているトコロに甘えびに合わせるのは万願寺で口直しがグレープフルーツ!

IMG_6813

IMG_6815

もうコレは呑まなきゃというトコロにやってきた岩もずくにバフンウニの組み合わせ

IMG_6817

IMG_6818

追い打ちを掛けるように現れた肝ソースがけシャリとアワビなんて酒が止まりません

IMG_6823

IMG_6820

IMG_6822

だだちゃ豆の冷やし茶わん蒸しでお腹も頭も冷やしてーからのにぎりがスタートです

IMG_6824

IMG_6825

IMG_6827

ツマミの時点で完全に持ってかれてますが一発目のキスの昆布締めでまた持ってかれます

IMG_6831

IMG_6829

某〇〇ログによればコレを書いてる時点で3.10とか食べてるボクの評価とかけ離れてるし

IMG_6834

IMG_6836

ってかこんな鮨店をどうやって見つけてどうやって連れて来るのか分かりませんけど

IMG_6838

IMG_6839

毎回毎回来るたびにイロイロな鮨店の鮨が食べられるこのお店はすごいなーと思います

IMG_6841

IMG_6842

バカみたいなペースで酒を呑むボクに合わせてジャパンを用意してくれる辺りもサスガだし

IMG_6844

IMG_6845

ってかこの日はペースがアレだったようで終盤戦には黄泉の国に行きそうでしたけどw

IMG_6847

IMG_6849

写真だけ見てると一貫ごとのペアリングみたいなのが我ながらおバカなペースですね

IMG_6851

IMG_6852

最近はウニをにぎる店が多く感じますがウニはやっぱり軍艦が好きなのでウレシイ限り

IMG_6855

IMG_6857

逆にココら辺がたしか味噌漬けとかだったような気がするナカナカな龍平流

IMG_6858

IMG_6859

こうやって写真を見返してると撮り忘れがあるような気がしますが満足度は最高です

IMG_6860

IMG_6862

行きたい店がイロイロあってもココに来れば食べられそうな気がする鮨にぎり

IMG_6864

IMG_6805

次回訪問予定の氏金寿司のポップアップも楽しみで仕方ありません!




IMG_3050

会員制住所非公開の鮨店のためボクなんぞが来れるはずのない鮨にぎりですが

IMG_3045

IMG_3048

IMG_3051

ひと月と間を置かずに縁あってまたしても来れちゃった次第です

IMG_3052

IMG_3054

コチラでは店には職人さんがおらずイロイロな鮨店から来てもらいにぎるというスタイル

IMG_3056

IMG_3058

この日もドコの鮨店の人が来ているか事前に聞いてなかったけど行きたかったお店じゃん

IMG_3060

IMG_3061

こういうラッキーな出会いがあったりするのがこの店の最大の魅力かも知れません

IMG_3062

IMG_3063

でも鮨ふくづかさんってお店の照明をすごく落としてるから写真撮りたがりなボクには

IMG_3066

IMG_3067

IMG_3069

こういう明るい店舗で出会えてまさにラッキーという状況ですね

IMG_3071

IMG_3073

IMG_3074

器以外はすべて店から持ってくるそうですがココのシャリがスゴイのなんの

IMG_3076

IMG_3078

IMG_3079

おひつを開けた瞬間に湯気が上がるシャリはネタ毎に40~60℃に合わせてるんだそう

IMG_3081

IMG_3082

そして前回来たときはペアリングしてるのにネタが来る前に呑まれて困ったとのコトで

IMG_3084

IMG_3085

IMG_3087

この日はボクのグラスが空いてようがネタが来るまでは酒を出さないという焦らしプレイも

IMG_3089

IMG_3092

イイんだか悪いんだか分かりませんがそれはそれでケッコウ楽しめました

IMG_3094

IMG_3095

楽しめたのはイイですが次回以降は行く予定の付かない鮨にぎり

IMG_3097

IMG_3098

IMG_3100

会員さんと親しくなれたのでお願いして連れてってもらうしかありませんが

IMG_3102

IMG_3104

IMG_3049

他に行かなくてもイロイロ食べれてしまうので他の鮨店に行けなくなってしまいそう





会員制鮨店ながら店に職人はおらずイロイロな鮨店を招いての営業をしている鮨にぎりに

IMG_2472

ススキノで行きたかった店の一つである鮨たな華が三日間限定で来ていたのです

IMG_2471

会員でないボクは本来なら来れないところ代表が主宰のサロンメンバーってコトで来店叶いました

IMG_2474

マグロと小肌以外は北海道の魚で構成されるコースは北海道の真鯛と言われるソイでスタート

IMG_2478

IMG_2480

ヤリイカに次いで出てきたのはキンキですが鮨ネタとしては初めての体験です

IMG_2483

IMG_2482

んでもって次に出てきたホタテのにぎりが何とも言えない未体験ホタテゾーン

IMG_2488

IMG_2484

IMG_2486

でコレが今日一のお気に入りとなった真鱈の白子ですが永遠に食べ続けられます

IMG_2492

IMG_2495

さてココからマグロが連発されますがこのマグロに合わせてみたいと出されたフォーティーン

IMG_2496

IMG_2498

IMG_2500

IMG_2502

今回のポップアップに合わせてやま幸の良質マグロが入ったそうでボクはラッキーですね

IMG_2506

IMG_2505

米酢と赤酢を使い分けて繰り出されるにぎりはシャリの大きさもボク好みでイイ感じ

IMG_2491

IMG_2508

この鯖の棒寿司なんて食べたら引っくり返りそうになりますよって

IMG_2509

IMG_2510

IMG_2513

ボタンエビもさるコトながらこのウニの美味しさったら別格すぎてビックリ

IMG_2514

IMG_2515

IMG_2517

ってなワケでココまでが一通りでオカワリタイムに突入です

IMG_2523

IMG_2519

IMG_2522

サクラマスにさっき感動したウニをオカワリで注文ですがコレ丼で食いたいくらいです

IMG_2526

IMG_2525

このあん肝もメチャメチャやばいヤツでオカワリタイムの方が酒が進んだりして

IMG_2530

IMG_2528

調子に乗ってトロ鉄火なんて頼んじゃいましたけどボクにこんなの払えるんでしょうか(笑)

IMG_2534

IMG_2532

定石通りかんぴょう巻きでフィニッシュですが田中さんの鮨は間違いなく北海道代表レベル

IMG_2468

東京で食べられる機会がまたあるか分からないので北海道まで食べに行きたいと思います





IMG_8753

本店で大人気の限定おまかせコースですが何とそれ専用のお店作っちゃったとか

IMG_8757

飲み放題がついてのワンプライスなので呑んべえなボクには安心設計です

IMG_8761

IMG_8763

 本店では出せない生肉ですが許可を取ったコチラでユッケを肉リフトやってたら

IMG_8767

IMG_8768

IMG_8773

堪らなくなりライスをもらって生肉を楽しんでいますw

IMG_8770

IMG_8775

IMG_8776

タンの食べ比べと超激特選ハラミを味わったらじっくり焼き上げた激厚タンの登場です

IMG_8779

IMG_8781

IMG_8783

多分コレがこの店の看板メニューになるんでしょうね

IMG_8787

IMG_8789

サガリにキムチ盛り合わせと来たらこれライスが止まらない状況でしょう

IMG_8791

IMG_8794

カイノミでオンザライスにロースでローリングライスを楽しんだら

IMG_8795

IMG_8796

ケッコウお腹一杯ですが〆の盛岡冷麺はサッパリで難なく頂けちゃうのが不思議です

IMG_8800

IMG_8752

不定期営業なのがアレですがコチラにも通わざるを得ないようです




IMG_3866

皆さん幻の和牛と呼ばれている尾崎牛ってご存じでしょうか?

IMG_3860 (2)

IMG_3862

宮崎県にありながら宮崎牛とは区別され月に40頭しか出荷されない希少な和牛です

IMG_3865

IMG_3867

その生産者である尾崎さん自身が調理してくれるというホムパがあったので行ってきました

IMG_3864

IMG_3868 (2)

まずは肩ロースとももを最高級飛来幸鶏の卵につけてすき焼きでいただきますが

IMG_3871

IMG_3870

尾崎牛は脂の融点が28℃らしく口の中に入れたら舌の上でとろけるって正にこのコト

IMG_3880

IMG_3872

みんなで持ち込んだワインなぞキメながら野菜で小休止しているとスゴイことが!

IMG_3874

IMG_3875 (2)

尾崎牛のセンマイです(内臓って絶対に銘柄指定して買えないモノなので特別なんです)

IMG_3884

そんな尾崎牛を生産している尾崎さんが今日のメイン肉を披露(コレ1枚10万だって!)

IMG_3885

炭火でじっくりと焼いている間に次のスペシャルなメニューをいただきましょう

IMG_E3888

IMG_E3890

このカツサンドは二切れで2万円もするそうです(ベッカムサンドって呼んでたかな)

IMG_3893

IMG_E3881

焼きあがったステーキは一休みさせておいて次の炭火焼きメニューはデザート用メニュー

IMG_3891

IMG_3897

さっきの卵だけでつないだ尾崎牛100%のハンバーガーがデザートだって(笑)
IMG_3900

IMG_3903

お次のスペシャルは尾崎牛のピリ辛もつ鍋でビールによく合いそう

IMG_3904

IMG_3906

真打ちサーロインステーキの登場に一同騒然空前絶後の美味しさでほっぺが落ちそう

IMG_3910

IMG_E3913

デザートと呼ぶのが憚られる超絶肉汁のハンバーガーを堪能したら〆の雑炊タイム

IMG_E3915

IMG_E3917

すき焼きの割り下で作った雑炊でマジでお腹パンパン大マンゾクの尾崎牛Night

IMG_3914

そんな尾崎牛を食べるチャンスが5月にあるので皆さん行かれてみてはどうでしょう




R0016291


本店とココを合わせると片手に余るほどお誘いいただいたSATOなブリアンですが

R0016295


我々にとっては予約が取れないプラチナシートならぬプラチナミート

R0016292


いつもは一人で来ていましたがサスガに家族からのブーイングを受けまして

R0016296


阿佐ヶ谷の女王にお伺いを立てたところ任せなさいと3席用意してくれました

R0016302


今年最後のSATOなブリアンをファミリーでブリしちゃおうという贅沢ランチです

R0016303


せっかくの機会なのにカメラを会社に忘れて予備のカメラを持って来ましたが

R0016311


ラーメンスープにダイブした経験を持つカメラだけあってなかなかのボケっぷり

R0016312


焼く前と焼いた後に写真を撮っても使える写真があまりにも少ないというコトで

R0016315


最高の肉の最高に美味しそうな姿を伝えきれていないのが残念です

R0016317


写真はアレですが人生初のSATOブリアンを味わったうちの家族たちは言葉も失い

R0016319


普段は小食を気取っているくせにバクバクと食べ続けます

BlogPaint


小食の二人からあわよくば肉が回ってくるかもと思っていたボクには大誤算

R0016322


最大のターゲットだったごはん物まで余裕で食べちゃってます

R0016328


箸休めのトマトでまったりとお腹いっぱいになっちゃえばアレが3人分食べられるかも!

R0016331


そんな期待も木っ端みじん

R0016337


美味しい物の前では小食とかいう人の胃袋さえ無力なのです

R0016340


後で苦しむコトになろうとも食べ続ける自称小食の二人に半ば唖然としながら

R0016345


これほどまでに人々を魅了する焼肉屋さんが他にあるだろうかと考えましたが

R0016350


そんなコト考えるより他にやるコトがありました

R0016290


女王!来年もお願いしまーす


ちょっと前のコトですが先月の29の日の話し

IMG_0203

IMG_0199


阿佐ヶ谷グルメというか東京グルメ界の巨頭であるSATOブリアン鮨なんば

IMG_0200

IMG_0202


予約が取れないそのグルメ界の両巨頭を自由自在に予約するという

IMG_0205


誰が呼んだか阿佐ヶ谷の女王にお招きいただきまして

IMG_0209

IMG_0207


真っ昼間から肉の狂宴に参加してきました

IMG_0210

IMG_0211


ココはSATOブリアンの常連の中でも選ばれし常連のみが予約できるという

IMG_0208

IMG_0212

IMG_0215


超絶プレミアムシート

IMG_0223


しかも常連だけの店なので本来はセルフ焼肉のはずなのに焼いてくれる♡っていうね

IMG_0218

IMG_0220

IMG_0222


29の日なので昼間っからフルスロットルで最上級の肉を楽しんでおります

IMG_0227


正直言って肉の焼きに関しては人にはまかせない焼き奉行のボクですが

IMG_0226

IMG_0228


ココの店員さんの焼きテクには勝てる気がしません

IMG_0233


そんなテクニシャンな肉匠たちに身を任せ転がされる29の日の祭典

IMG_0236

IMG_0234


with松茸のブリスキ(って言うんだっけ?)は禁断の味だし

IMG_0229

IMG_0238

IMG_0241


ウニを乗せて食べるブリメシ(って言うんだっけ?)も昼から食ってる場合じゃない感じ

IMG_0246

IMG_0253

IMG_0255


こんなの昼間っから食べてたら夜ごはん何食べたらイイか分かないなんて思ったら

IMG_0258

IMG_0262


夜ごはん食べられません!って位に畳みかけるっていうね

IMG_0263

IMG_0266


コレ以上はないって位の狂宴でボクはもうメロメロです

IMG_0268

IMG_0269


自分では予約を取れない店だけに次はいつ来られるか分かりませんが

image


きっと近いうちに呼んでもらえると信じています!



IMG_5751


完全非公開で選りすぐられた会員限定のお店のはずなのに

IMG_5762

IMG_5754


会員でないボクがなぜか二度目の訪問に興奮しています

IMG_5756


なぜ焼き肉屋さんなのに一函ウン万円の雲丹やらトラフグの白子があるのか

IMG_5764

IMG_5765


きっとその辺りにボクがいる理由が隠れているのでしょう(嘘)

IMG_5770


本来であればココのお店はお酒もセルフ焼くのもセルフとのコトですが

IMG_5769

IMG_5771

IMG_5774


鍛え上げられた肉の匠たちが焼いてくれる♡という何ともゼイタクな空間

IMG_5775

IMG_5776


お肉が出てくるたび匠たちが説明をしてくれますが

IMG_5777

IMG_5782


そんなの覚えていられないぐらいに食べるのに必死だし

IMG_5789

BlogPaint


何よりもワイン飲み放題だし!!

IMG_5781

BlogPaint


肉食ってる場合じゃないだろなんて呑兵衛の気持ちを踏みにじる

IMG_5791

IMG_5793


反則級のスキメシとやらの登場に興奮を隠せなくなってきました

IMG_5795


なんて言ってるのもつかの間

IMG_5796

IMG_5801


実に反則を超えた反則級の逸品が登場して(これは飲み放題に含まず)

IMG_5809


ボクたちのボルテージは最高潮に達しようとしています!

IMG_5804


写真ではお見せできないモノもあったりしますが

IMG_5807


この場所に居られるコトを神に感謝するしかないのがイロイロ出てきて

IMG_5810

IMG_5812

IMG_5813


このブリメシと冒頭のウニ白子とのコラボレーションなんて

IMG_5816

IMG_5814


ごはんグルグルに混ぜちゃって反則どころではないレベル

IMG_5818


美味し過ぎて死んじゃうとかあるならこの日のココがそうでしょう

IMG_5821


もう他では焼き肉が食べられない体になってしまったかも知れません

IMG_5752


ってか、こんなの食べてたらホントに死んじゃうかも(笑)