楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 遠くの方


今年に入って始めたダイエッツのおかげでラーメン中心だったはずの当ブログも

IMG_3452

ラーメンを食べないせいもありすっかりゴブサタでした

IMG_3454

とはいえ北海道に行くとなればやっぱりラーメンの一つぐらいはキメねばと一念発起

IMG_3459

余計に摂らなくていい糖質のビールにチャーハンまでキメてしまうフレっぷり

IMG_3455

すみれ出身で間違いがなさそうというコトで選んだコチラのお店でしたが

IMG_3458

味噌を頼んだ同行者ともどもあまりの間違いのなさっぷりに箸も止まらず

IMG_3464

具だくさんでしっとり系のチャーハンまでこれまた間違いない感じで

IMG_3466

ココを選んだボクのセンスも間違いないってコトで(笑)

IMG_3450

やっぱり北海道といえばラーメンは外せないというコトになりました




一旅行一ラーメンを心掛けてはいますが福島県に来たからには会津だけではなく

IMG_3055

喜多方で食べたコトのない女将を連れて行かねばなりません

IMG_3043

自分も行ったコトない店にと思い「はせ川」と「なまえ」に行ってみましたが

IMG_3042

1時間半以上待ちという旅行者殺しの待ち時間に断念して

IMG_3045

大箱店ならではの回転率を期待してココの行列に接続したのでした

IMG_3050

以前会津での仕事があった際にココでは食べたコトがあったのですが

IMG_3048

今や東京のデパートの催事に呼ばれるまでになった人気店のコチラ

IMG_3047

看板メニューのじとじとラーメンは背脂自体は上質を感じさせるモノでしたが

IMG_3049

ちょっとケミカルがスギているのがアレな感じかなと

IMG_3051

店を出た3時前でも20人くらいの行列を維持していて人気のホドが窺えますが

IMG_3041

旅行で行くには並びがきびしスギるぜ喜多方って感じでした



いつも旅行の楽しみといえばその土地土地で食べる食事だったりしますが

IMG_3014

今回の旅行ではいつもと違うコンセプトで食べるために泊まる

IMG_3010

というワケで美味しい料理を出しているという評判の宿から探すコトにしました

IMG_2953

某〇〇ログに旅館部門なんてのがあるのを知りませんでしたが

IMG_2952

IMG_2951

その某〇〇ログでの旅館ランキングで日本2位というコチラ

IMG_2955

IMG_2956

歴史は浅いものの「かわせみ流日本料理」と名乗る料理が評判らしいので

IMG_2960

IMG_2965

IMG_2970

今回の旅行の宿に決定しました(予約が遅くてイイ部屋取れませんでしたがw)

IMG_2971

IMG_2974

久しぶりに旅館なんて泊まりましたがナカナカのホスピタリティですし

IMG_2975

IMG_2978

宿自慢の料理もしっかりした味付けで舌にインパクトを残すものが多く

IMG_2980

IMG_2982

奥深さ云々よりも誰にでも分かりやすい美味しさという感じの料理に感じます

IMG_2984

一般的な男性だとどうか分かりませんが量もボクにはちょうど良い感じで

IMG_2988

IMG_2991

なるほど評判なのも分かりますと迎えた翌日の朝食

IMG_2997

IMG_2993

朝からどんだけ出してんだよ!って感じの朝ごはんなのに

IMG_3000

食事が終わって食器を下げたと思ったらいつの間にかデザートがセットされてたり

IMG_3004

挙句に食後はコーヒーか紅茶かフルーツティーか?ってどんだけやねん!

IMG_3009

ダイエット中でなければウレシイ限りの充実食事はサスガ某〇〇ログ2位

IMG_3012

たまにはこういう旅館に泊まるのも悪くないなーと思いました




週5杯だったラーメンが今年はまだ5杯しか食べてないという平成30年

IMG_2916

そんな禁欲の日々を過ごすボクですが旅行となれば話しは別なので

IMG_2919

会津に来たからには古川農園なのです

IMG_2922

抑圧された欲望が解き放たれると人はこのような暴挙に出るという典型の肉そば

IMG_2925

ピロピロぶるんぶるんの手打麺に変更して味わう久しぶりのラーメンはサイコーです

IMG_2923

必死にガマンしてたというのにこんなに振り切れちゃってどうしましょって感じですが

IMG_2927

ココのラーメンは好きな味なので仕方ないのです

IMG_2924

昼しか営業していないし売り切れじまいなのでヒヤヒヤしながらの訪問でしたが

IMG_2926

なんとか食べられて良かったです(13:20には売り切れでした)

IMG_2918

翌日朝の体重に関して見なかったコトにしたのは言うまでもありません



時はゴールデンウィーク

BlogPaint

今話題のT〇KI〇に代わり福島サポーターとして福島を応援せにゃいかんと

BlogPaint

そんなコト思ったか思わなかったかは別として福島は南会津へ

BlogPaint

まったく聞いたコトもなかった大内宿とやらへ観光に行くコトになり

IMG_2899

ソコにある名物の「ねぎそば」とやらを女将が食べたいというので

IMG_2902

ホントかどうかは別として元祖を謳うコチラのお店で食べてみるコトにしました

IMG_2903

観光地で食べる名物なんぞに美味しいものなしというのが信条ですから

IMG_2906

一人一杯は無理というモノで申し訳なくみそおでんを頼み一人一品キープです

IMG_2909

ねぎで食べてる周囲のお客さん多数ですが

IMG_2910

ハッキリ言ってこんなので食べるのは無理というモノです

IMG_2912

てなワケで普通に箸で食べるコトになったのですが名物は所詮名物というコトで

BlogPaint

観光の一環として食べるのが正解とだけ言っておきます




糖質制限を始めてからというものブログの更新もままなりませんが

IMG_1986

秋田まで来て天ぷらに鮨と思いっきり糖質摂取しているワケですから

IMG_1977

当然きりたんぽ鍋を食べずに帰るワケにはいきません

IMG_1976

IMG_1981

だからと言って本場の大館市まで行けない観光客の為にこの店はあるのです

IMG_1972

IMG_1973

秋田駅の真ん前にあるしジャパンも地酒がイロイロとそろってるし

IMG_1974

IMG_1985

鍋も一人前サイズがあるのできりたんぽ鍋だけでなくじゅんさい鍋まで楽しめます

IMG_1980

IMG_1990

この時期ならではのハタハタの刺身なんて珍しいのも食べられますし

IMG_1988

IMG_1982

秋田の美味しい納豆(マジ)ととろろで合い盛り丼なんてコトもできちゃいます

IMG_1983

IMG_1987

IMG_1992

きりたんぽ鍋を頼んだお客さんには紙芝居きりたんぽ物語があったりして

IMG_1993

美味しくも楽しい秋田駅前エンターテインメント飲食店

IMG_1969

秋田駅前で迷ったらココというコトでよろしいかと




定期的に食べ歩きの幅を広げて地方へと出向くボクですから当然

IMG_1904

ココの存在を見逃すワケにはいきません

IMG_1905

年末に四ツ谷へ行ったとき「この前秋田のお客さん来てたね」なんて話しになり

IMG_1909

IMG_1911

IMG_1912

その場で予約の電話を入れてもらいましたがココもやっぱり人気店で

IMG_1914

IMG_1916

IMG_1917

最初にお願いした日付では予約が取れず週末なら1ヶ月以上先になりそな勢い

IMG_1919

IMG_1921

IMG_1923

すし匠出身のお店は数々あれどそのまんますし匠を唯一名乗る店だけあります

IMG_1925

IMG_1926

IMG_1928

一回転しかしないのでユッタリと楽しみましょう

IMG_1929

IMG_1931

IMG_1933

やっぱりドコに行っても鮨は匠系がボクのツボのようで

IMG_1936

IMG_1938

IMG_1939

最初のツマミからずっとハートをわしづかみにされています

IMG_1942

IMG_1943

IMG_1945

さすが秋田で人気ナンバーワンの鮨店だけあってスバラシイ仕事で

IMG_1947

IMG_1950

IMG_1952

隣席で同伴のおねいさんを口説くお客さんの甘い言葉も気にならないぐらいです

IMG_1953

NEXT5のすごそうなジャパンも呑めますので鮨だけでなく酒も楽しめます

IMG_1954

IMG_1956

IMG_1958

すし匠三種の神器であるあん肝と西瓜の奈良漬けやおはぎも健在で

IMG_1960

IMG_1962

IMG_1965

これだけの鮨が食べられるなら東京から来た価値があるというもの

IMG_1903

秋田に旅行する人は是非とも組み込むべきお店だと思います



今年に入ってからというもの糖質制限ダイエッツを敢行中のボクですが

IMG_1851

そんなにガマンが続くワケがありません

IMG_1856

というワケで美味しいものを求めて秋田までやって来ました

IMG_1858

IMG_1860

IMG_1862

ココは生ける伝説とも言われる天ぷら名人の下で修行した方が出した店で

IMG_1864

IMG_1868

唯一ののれん分けを許されたお店だとかなんだとか

IMG_1865

IMG_1870

IMG_1872

修行先であるみかわ是山居なんて電車で3駅なのに行ったコトなくて

IMG_1874

IMG_1878

IMG_1881

それなのになぜか新幹線に乗って秋田まで食べに来るという謎の行動

IMG_1879

天や以外の天ぷら屋さん行ったのってあんまり記憶にありませんが

IMG_1883

IMG_1885

IMG_1887

ハッキリ言って度肝を抜かれました

IMG_1892

しょせん揚げ物となめてかかってたボクの後頭部をガツンとくる衝撃

IMG_1888

IMG_1890

IMG_1895

鮨ばかり食ってる場合じゃないというコトをきっちり教えられました

IMG_1898

IMG_1899

IMG_1901

この味でこの値段は東京ではあり得ないし近場なら間違いなく通うレベル

IMG_1853

秋田まで来てよかったと素直に喜べた天ぷらの名店です




仕事はほとんど首都圏のみで出張などないのでもっぱら地方はゴルフツアー

IMG_0662


なので現地に着いたらすぐゴルフ場に行ってプレー夜は外食したりイロイロ楽しんで

IMG_0663


翌朝は眠い目をこすりこすりゴルフ場へ向かうのがいつものルーティーン

IMG_0664


もうイイ加減そんなの止めて朝からイッちゃおうぜYOUというコトで朝ラーです

IMG_0665


朝もはよからやってるという忙しい旅行者にやさしいラーメン屋さんですが

IMG_0666


言った時間が朝の7時前だというのに待ち人ありの満員大盛況

IMG_0668


一部のヲタ系の方からうまずいと言われる意味不明なそのラーメンは

IMG_0669


正にうまずくて普段は薬味を入れないボクが薬味を入れて楽しむ逸品

IMG_0660


ナニがうまずいだと疑問に思う方は是非現地に赴いて体感してみてください





博多は魚も旨いからスゴい鮨が食えるなんて話しを聞いたコトもあり

IMG_0608

IMG_0610


今回の遠征で唯一食べられる夕食も当然のように鮨なのです

IMG_0612

IMG_0615


博多でも鮨の人気はハンパなく龍次郎に頼んでも兄弟子の店も予約が取れなかったので

IMG_0618

IMG_0620


紹介制やら何やらをはねのけ必死こいて探し出したのがこのお店なのです

IMG_0622

IMG_0627


今や人気の鮨屋さんは二回転制が当たり前なのでタイミングが合わなきゃアウトですが

IMG_0624


ココは一回転しかしないお店だそうで予約時に「ゆっくり楽しんで下さい」なんて

IMG_0628

IMG_0629


時間を気にせずゆっくり食事できるというのは最近の鮨屋さんではナカナカできません

IMG_0633

IMG_0635


まあ話しを聞いてみれば従業員不足から二回転させる余裕がないせいだとか

IMG_0636

IMG_0639


お店にいれば分かりますが大将は当たり前のコト二番手のたかし君は大車輪の活躍

IMG_0641

IMG_0642


たかし君の活躍なくしてボクのゆったり食事タイムはあり得なかったでしょう

IMG_0645

IMG_0647


そんな状況も来年になれば二人採用で改善される見込みだそうで

IMG_0648

IMG_0649


そうなれば二回転制となり客が増えれば評判も上がっての予約困難店入り確実の店

IMG_0651


そうなる前に是非とも行ってもらいたいってか自分がもう一度行きたい店

IMG_0652

IMG_0654


東京と比べればリーズナブルに楽しめるうえにツマミからにぎりまでエクセレント

IMG_0656

IMG_0658

IMG_0602


何度でも言いますがまた行きたいと思ったお店です



↑このページのトップヘ