楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 食べ歩き


限られた滞在時間に限られた胃袋の容量

一生のうち食べられる食事の数は限られているのだし

せっかく名古屋に来てるんだから何かウマいの食って帰りたい

IMG_3447

なんて考えていたら降ってきたのがこのお店

ボクとほぼ同じ歴史を持つ和牛、松坂牛のお店です

IMG_3451

IMG_3452

オードブルの3種盛りは別段期待していなかったのでアレですが

このニンニクチップの常習性たるやハンパない

なんならビールにスイッチして食べ続けたいぐらいでした

IMG_3455

IMG_3453

IMG_3457

そして出てきた松坂牛ヒレ(シャトーブリアンと言ってたような?)のたたき

卵黄を溶かせたタレにつけて食べますがやばウマ

IMG_3458

サラダは何の変哲もないサラダでしたが社長の教えてくれた裏ワザで一変

たたきのタレをサラダに入れてみると別モノになりました

IMG_3462

そうこうしているうちに本日のメインが登場です

一体どうやって焼いてるのかと思うほどそそり立つシャトーブリアンタワー

IMG_3463

二人前が塊で出てくるのでケンカにならないように切り分けて

エロチックな焼き加減を堪能します

IMG_3464

IMG_3465

社長が言うには普通のステーキみたいに一口サイズに切らず

塊のままかぶりつく方がウマいそうなのでこんな感じで食べましたが

カンタンに言っても言葉にできないぐらいウマいです

IMG_3467

IMG_3468

IMG_3466

あの肉の後に何故この野菜を出すのかと理解に苦しみましたが

野菜に罪はないので頑張っていただきます(極めて普通です)

IMG_3469

IMG_3470

この後コースには入ってないけどサービスという名目で出てくるハンバーグ

ステーキを成形するときの端肉で作ってるそうでこれまたヤバい逸品

IMG_3472

IMG_3473

思わず白飯をもらってバーグ丼にしなきゃ気が済まないレベル

この後ガーリックライスが来るのにね(笑)

IMG_3474

IMG_3476

もうココまできたらガーリックライスも赤だしも全然普通に感じちゃって

肉がスゴすぎるだけに敢えて出さなくてもイイんじゃないかと思ったり

IMG_3479

それでもデザートのメロンはこれまた別格な美味しさでした

IMG_3445

今回の名古屋ツアーの締めくくりとしてこの店を選んで良かったです




春は別れの季節というコトで転勤が決まった彼の送別会という名目で呑みに来ました

IMG_3534

横浜辺りがイイというリクエストでしたがこの辺で呑むなんて考えないから全然店知らないし

IMG_3535

駅近くでなんかイイ店ないかと必死に探して見つけたのがコチラのお店です

IMG_3537

先付も八寸もパッと見フツーの和食に見えますがけっこう手が込んでいて面白いです

IMG_3542

ハマグリのお椀もナカナカな出来栄えでこうなってくるとやっぱりジャパンです

IMG_3540

IMG_3543

刺身もネタ毎につける醤油を変えるという手の込みようでこの先も楽しみです

IMG_3545

焼き物は金目鯛ですが脂も乗ってて木の芽の風味がよく合います

IMG_3546

IMG_3547

アナゴの蒸し物は道明寺風に作られててこれまたナカナカですよ

IMG_3552

メインは松坂牛のサーロインらしいですが何やら黒い塩につけて食べるなんて初体験

IMG_3554

〆の炊き込みご飯はいわて純情プレミアムひとめぼれとやらを使ってるそうで

IMG_3556

もうね二人して争うようにオカワリするほどのもんでした

IMG_3559

夜景がきれいだとかの書き込み見たけど日産本社近すぎてそれどこじゃないだけで

IMG_3550 (2)

それを期待さえしなければ料理もおいしいし接客も素晴らしい佳店

IMG_3531

横浜駅周辺でお食事を考えている人にオススメできるお店です




そもそも何で名古屋でメシ食ってるのかと聞かれれば岐阜に行くのに丁度イイから

IMG_3399

IMG_3397

IMG_3400

そして岐阜から戻ってくる時間を考えると泊まるしかないからという単純明快な理由

IMG_3401

IMG_3404

IMG_3406

せっかく行くならイロイロと食べて来ようと思うのが人情です

IMG_3407

IMG_3408

IMG_3410

でも日曜日の昼に営業してる鮨屋さん少ないし丁度イイとこ探すのに苦労しました

IMG_3425

IMG_3412

IMG_3413

当然ランチなどいただくワケもなく夜のおまかせコースをオーダーです

IMG_3414

IMG_3415

IMG_3416

昨夜食べすぎて朝も食べられない状況で伺っただけに若干の不安はありましたが

IMG_3418

IMG_3419

IMG_3421

にぎりが小ぶりなコトも幸いしてスルスルと胃に収められていきます

IMG_3422

IMG_3423

IMG_3424

けっこうイロイロと頑張ってるなーとは思うんですがちょっと気になったのがネタの温度

IMG_3426

IMG_3428

IMG_3429

思いのほか冷たくってシャリと合ってないような気がしたとかしないとか

IMG_3432

IMG_3433

IMG_3434

イロイロ勉強してるんだろうからソコはこれからの改善点というコトにしておきましょう

IMG_3437

IMG_3438

IMG_3439

また名古屋に来て鮨を食う機会があるかどうか分かりませんが成長を期待しています

IMG_3442

IMG_3393

カンタンに予約できて日曜ランチに重宝するお店だと思います




昨年末に若女将の彼氏役で来て以来自分の予約で訪問です

IMG_3487

IMG_3488

IMG_3489

ココすし匠へは6年前から地道に通わせてもらっていますが

IMG_3490

IMG_3491

IMG_3492

2~3年前は二月に一度は来れていたのに人気爆発のせいで予約を絞られ

IMG_3493

IMG_3494

IMG_3495

昨年は若女将の枠まで使って何とか4回ともはや風前の灯火になってきました

IMG_3497

IMG_3498

IMG_3499

今回の予約を取ったのが8ヶ月前なのでそれ位で取れれば何とか年3回かと思いきや

IMG_3500

IMG_3501

IMG_3502

次はもう来年になっちゃいますーだって

IMG_3503

IMG_3504

IMG_3505

二人で来たら次の予約も二席までと徹底しているはずなのに何故か延びていく予約期間

IMG_3506

IMG_3507

IMG_3508

来れない人からすればゼイタクな悩みに聞こえますが行きたいものは仕方ない

IMG_3509

IMG_3511

IMG_3512

今の時点で来年というコトは次回の訪問時に年内の予約が取れるなんてあり得ないし

IMG_3513

IMG_3514

IMG_3516

若女将に彼氏がデキちゃったら今年は2回しか来れないコトになってしまいます

IMG_3484

親としてはあり得ないけど若女将のロンリー続行に掛けるしかなさそうな予約事情w





IMG_3252

無性にとんかつが食べたくなったある日の夜のコト

IMG_3248

そうだ!丸山吉平に行こう!と思ったまではイイけど夜やってないってガーンだな

IMG_3249

銀座方面に行く用事があったので調べてヨサゲなコチラに来てみました

IMG_3251

とんかつが揚がるのを待つ間キャベツとお新香で呑むってのもナカナカいいじゃない

IMG_3254

さて登場したロースかつですが何グラムあるのか分からないけど相当デカいです

IMG_3255

揚げ具合は全然攻めた感じじゃないのでSPFじゃないのかね?

IMG_3258

けど脂の甘みがハンパないお肉でライスがあれよあれよと消えていく飯泥棒でした

IMG_3256

そして何よりもボクが気に入ったのはココの豚汁でコレなら丼で来ても完飲できますな

IMG_3247

かつ丼が人気らしいので次はかつ丼と豚汁のセットでいきたいと思います




IMG_3345

兎にも角にも某〇〇ログ日本一だったコトのある郷土料理の柳家さん

IMG_3350

IMG_3344

IMG_3346

滋賀の山奥にあって4人?6人?からしか予約取れないなんて高ハードル

IMG_3353

IMG_3352

IMG_3354

行けないと諦めてたところに超常連さんの会への誘いがあったら即行くでしょ

BlogPaint

IMG_3356

IMG_3357

しかも超常連さんの会だけあって焼いてくれるのは社長さんとかいうスペシャルだし

IMG_3359

IMG_3360

IMG_3362

幹事の方が自宅に4,000本入るワインセラーを持つ方で日本酒やらワインも持ち込みとか

IMG_3361

IMG_3364

IMG_3366

初めて来たのに何から何までスペシャル過ぎてワケが分かりません

IMG_3370

IMG_3371

IMG_3373

〇〇〇という秘密の食材なんて初めて聞いた時から40年以上経って初めて食べたし

IMG_3374

IMG_3377

IMG_3379

蜂の子の佃煮に始まり尾長鴨、仔猪、仔鹿、仔鳩と柳家来たぜと感じる食材の数々にウットリ

IMG_3382

IMG_3384

IMG_3386

〆には尾長鴨の鍋に自然薯麦とろご飯で大マンゾクのフィニッシュ

IMG_3389

BlogPaint

この山奥で何十年と続く人気店のワケがよーく分かりました




前回の予約時に3ヶ月に2回しか予約が取れないコトは学習済みだというのに

IMG_3261

IMG_3263

IMG_3264

2月の予約日に見てみたら日曜ランチがあったので夜と一緒に取ってしまいました

IMG_3274

IMG_3267

IMG_3269

取ってから気付くなんて遅いっつーのってコレでボクは5月6月と予約できなくなってしまいました

IMG_3270

IMG_3271

IMG_3273

と言ったところで始まらないので素直に鮨を楽しみましょう

IMG_3275

IMG_3276

IMG_3279

ところで前回もそうでしたがココに来てる割にはジャパン少なくねと思いません?

IMG_3280

IMG_3282

IMG_3284

最高ひとりで七合半呑んでたっていうのにどうしたの?という声もチラホラ

IMG_3285

IMG_3286

IMG_3287

酒に呑まれるよりは酒を楽しもうという呑み方にスイッチで大人の階段を一段上がったのです

IMG_3288

IMG_3289

IMG_3291

どうせ一軒で終わらないワケだから翌日のコトも考えるとコレがイチバンなのです

IMG_3293

IMG_3294

IMG_3295

アルコールで脳がしびれないお陰か鮨の味もよく分かるようになった気がします

IMG_3296

IMG_3298

IMG_3300

せっかく鮨の楽しみ方を覚えたというのに3月から6月であと二回

IMG_3302

IMG_3303

IMG_3259

予約の仕方を考えないといけないってか月イチぐらい取らせてもらえないもんすかね





貸し切りの予約が2年待ちとかいうウワサの超人気焼肉店ヒロミヤ

IMG_3178

2時間飲み放題が付いた焼肉のコースが6,000円?6,500円?だとかで

IMG_3179

IMG_3180

IMG_3181

行きたいとは思っていたけどナカナカ行けずSNSでこの店を見るたび歯ぎしりでしたが

IMG_3187

IMG_3183

阿佐ヶ谷の女王様に呼び出していただいて来るコトができました

IMG_3188

IMG_3190

下僕として女王様に仕える身ですから末席に加えていただけるだけでもありがたいコトなのに

IMG_3191

IMG_3194

なんと女王様自ら焼いていただけるというミラクルな会

IMG_3200

IMG_3205

炭の状態を見て肉の置き場所や返すタイミングを見極めるその華麗なテクニック

IMG_3206

IMG_3218

女王様の普段のピンヒール攻撃とは打って変わった施しに涙がこぼれます

IMG_3220

IMG_3221

この日は通常とは違う3時間な上に肉増量のコースというコトで次々にお肉が登場しますが

IMG_3224

IMG_3229

それらを華麗なトングさばきで焼いて我らに与えてくれる女王様には後光がさして見えます

IMG_3231

IMG_3234

そしてこの日の女王様は我ら下僕が知り得なかった美味しいモノも教えてくださいました

IMG_3235

IMG_3242

焼きバナナなんて思いついたコトなかったですがコレはいいモノだ(バナナは持ち込みです)

IMG_3243

IMG_3246

〆の冷麺の麺までカットしていただいて下僕として無上のシアワセを感じた夜

IMG_3177

ナカナカ予約取れないのが納得のスバラシイお店でした





ダイエッツだのなんだの言っていますがフルーツが大好きです

IMG_3337

なので地方に行ったときでも美味しそうなフルーツパーラーがあれば行っています

IMG_3324

フルーツ全般でイチゴが一番好きなボクなので

BlogPaint

フラッグシップのマスクメロンでなく間違いなくイチゴに行ってしまいます

IMG_3328

レッドパールという品種を使ってるらしいですが除けておく皿が用意されるほどの盛りっぷり

IMG_3330

上品な甘さのクリームを付けていただきますがマジで激ウマ

IMG_3331

IMG_3332

そのイチゴの下から現れたシャーベットもさっぱりで激ウマ

IMG_3334

IMG_3336

更にその下からはプリンやらゼリーにスポンジまで出てきて宝石箱やー

IMG_3335

女性客ばっかりで入りづらかったけど入って良かった大マンゾクのパフェ

IMG_3338

名駅にあるタカノを選ばずコチラにしたの正解だったかしらん




IMG_3085

行くたび行くたび予約が一年待ちとかあって足が遠のいていた紀尾井町

IMG_3087

IMG_3089

IMG_3090

縁あって約二年ぶりにやってまいりました

IMG_3093

IMG_3091

IMG_3096

ココに来たらもちろんマリアージュをフルサイズでお願いするのですが

IMG_3099

IMG_3097

最初の方はたしかツマミ一品に対して一杯の酒が出てくるので呑むのが忙しい(笑)

IMG_3100

IMG_3103

KGMさんも辞めちゃって知ってる人いないけどやっぱりココのツマミ美味しいね

IMG_3104

IMG_3105

一品一杯飲ませるのに十分ってかもう一杯!的ないいツマミが続々と

IMG_3111

IMG_3107

あん肝のアイスなんて初めて食ったけどコレはヤバイやーつでした

IMG_3112

IMG_3109

さーにぎりタイムに突入ですが手渡しにしますか?置きますか?なんて初めて聞かれたし

IMG_3115

IMG_3116

IMG_3120

手渡しって意外とタイミングがメンドーだったりするので今回は置いてもらいました

IMG_3119

IMG_3121

IMG_3123

にぎりに入ったらお酒は流れで出てくるのでようやく呑む忙しさから解放されます(笑)

IMG_3125

IMG_3127

IMG_3129

この後のクラブ活動もありますし若干控えめに鮨とのマリアージュを楽しみましょう

IMG_3130

IMG_3132

IMG_3134

そんなコト言ったところで止まらないのは悪い癖ってか呑ませる鮨が悪いってコトにしちゃいます

IMG_3136

IMG_3135

IMG_3137

次の予約がいつになるか聞いてみたらやっぱり一年待ちだそうで

IMG_3139

IMG_3086

二回転すればイイのにとか勝手なコトを考えさせられる一年待ちの人気店でした



↑このページのトップヘ