楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 食べ歩き


IMG_6979


食事に甘いのは禁物のボクですがフルーツは大好きです

IMG_6970


フルーツの美味しい宮崎県に行って食べないという選択肢はないので

IMG_6972


昨年5月のリベンジというコトでマンゴーではなくイチゴパフェにしました

IMG_6971


完全な飲み屋街にあるフルーツ店にパーラー併設というのは意外ですが

IMG_6974


金沢のように行列ができるほどでないにしてもナカナカの客の入り

IMG_6975


そしてなぜか誰もマンゴー系を食べていないという宮崎県の謎でしたが

IMG_6977


さすがに人気店だけあってマンゾクなパフェでした

IMG_6980


宮崎に行く機会があったらオススメしたいお店です




めったなコトでは平日に早く帰宅するコトはありません

R0016247


そんなめったなコトが起きた19時の帰宅

R0016249


せっかく早く帰ってきたんだから食べに行きましょ!と

R0016250


作り始めていた夕飯の支度を止める女将

R0016253


となれば近所で食べに行くならほぼ一択の焼肉こうしん

R0016252

R0016260


そういうコトになりました

R0016255

R0016264


来るのが休日ばかりなので平日のまったりモードは初めてでしたが

R0016259


神戸牛上ロースとただのロースを間違えたのはいただけません

R0016256


ほら全然違うでしょう?

R0016272


この違いで1000円位なのだから良心的なお店です

R0016269


間違えた店員さんはともかくやっぱりイイお店です

R0016242


砂町で焼肉食うならココとだけ言っておきます




湯島でお世話になったくろぎさんが自社ビルを建てての移転

IMG_6995


もっと早く来たかったけれど価格帯を考えるとそうそう来れないので

IMG_6996


結婚記念日のお祝いディナーに合わせての予約です

IMG_6997

IMG_6998


今回の移転で何よりもボクたちを悩ませるのが席数の激減で

IMG_6999


カウンター10席と個室一つだけになったので湯島時代に比べれば半分

IMG_7001


となれば予約倍率が単純に2倍という超絶プレミアムシートになります

IMG_7002

IMG_7004


なので電話予約だと昼間しか取れないのね、、、

IMG_7005

IMG_7007


そんな超絶プレミアムシートでいただく料理ですが

IMG_7008

IMG_7009


移転して厨房が広くなったからなのか何なのか分かりませんが

IMG_7011

IMG_7013


湯島時代から別次元へと進化を遂げています

IMG_7014

IMG_7018


何が良くなったとかどう違うとか聞かれても答えられませんが

IMG_7022

IMG_7021

IMG_7024


カウンター席だけになったコトによるお店の一体感というか

IMG_7027

IMG_7029


鱧を捌くところを含めた劇場型演出が寄与しているのは言うまでもありません

IMG_7030

IMG_7031


春のモノから夏へと切り替わっていく時期ですが

IMG_7033

IMG_7034

IMG_7037


それぞれに良いモノを仕入れて最高の調理で食べさせてくれます

IMG_7032

IMG_7040

IMG_7038


〆のごはんは湯島時代のランチで好評だった鯛茶漬けに

IMG_7042

IMG_7043

IMG_7044


これまた以前から好評なハラスご飯と複数の〆が楽しまます

IMG_7046


デザートは自家製わらび餅に貴腐ワインをかける塩アイスとか

IMG_7049


これまでのメニューを再構築してさらに高みへと昇り詰めています

IMG_7050

IMG_7052


結婚記念日のケーキまで作ってもらってマンゾク以外ない晩餐

IMG_7053


何とかこのお店には通い続けたいものです




以前のボクなら地方へ行くときは真っ先にラーメン店を探していましたが

IMG_6914


いつの間にか真っ先に鮨の店を探す人間になっていました

IMG_6916


地方を探すとなれば某〇〇ログに頼らざるを得ない現代ネット社会

IMG_6920


宮崎県で検索すればジャンルの壁を越えて堂々の宮崎県総合1位

IMG_6918


そんな鮨屋さんを見つけたら行かずにはいられないのです

IMG_6922

IMG_6921



「まずはご挨拶の一貫です」なんてワインと一緒に出された金目鯛

IMG_6923


口の中に広がる何とも言えないマリアージュはこの後を期待させてくれます

IMG_6924


せっかくの九州なので焼酎を頼んだらお店の人が

IMG_6925


宮崎県の焼酎はアルコール度数が20度とプチ宮崎トリビアを教えてくれたりします

IMG_6927

IMG_6928


さて宮崎ナンバーワンのお鮨屋さん

IMG_6932

IMG_6933


ハコが大きいので店員さんは多いけど機能していない部分も感じられ

IMG_6935


一抹の不安を感じさせられますが大将の動きはナカナカいい感じで一安心

IMG_6936

IMG_6938


いよいよにぎりタイムに突入なのでジャパンをチェンジして臨戦態勢を整えます

IMG_6940


にぎりを皿に置いて手を引くしぐさがとてもカッコいい大将

IMG_6941

IMG_6942

IMG_6943


やや小ぶりなにぎりはイイ仕事がしてあります

IMG_6945

IMG_6946

IMG_6948


食べていてシャリがほんのり甘いのに気付きましたが何だか分かりません

IMG_6950

IMG_6952

IMG_6953


聞けばなんとシャリを炊く水にカボチャのエキスだかが入っていて甘いそうで

IMG_6955

IMG_6958


そんなイロイロな工夫もあって宮崎ナンバーワンにのし上がったのでしょう

IMG_6961

IMG_6962

IMG_6957


デザートに出てきた大人のプリンとやらにも仕掛けがあり

IMG_6959

IMG_6964


最後の最後まで楽しませてもらいました

IMG_6913


宮崎でのイイ食の思い出ができました!




行こうと思ってた中華料理屋さんが閉店したと思ったら

IMG_6872


店名が変わって居抜きでオープンしたので行ってみました

IMG_6871


ハコが大きいせいかカウンターがないので行ってなかったのですが

IMG_6878


テーブルしかない割には来るわ来るわの一人客

IMG_6876


そして誰ひとりとしてメシを食いに来ていないという呑み中華

IMG_6879


お客さんと店員さんのやり取りを見る限り新規オープンというよりは

IMG_6884


経営が変わって中身はそのまま的な感じのようです

IMG_6886


となれば前の店でコレだけのために通ってたという人がいるきくらげ炒め

IMG_6881


こいつを頼まない手はありません

IMG_6882


全般的に味付けが甘めですがどれもが十分にツマミとしてのポテンシャルあり

IMG_6888


焼きそばも麺よりも具の方が多いぐらいのツマミ仕様

IMG_6889


どれも量が多いので人数がいないとキビしそうではありますが

IMG_6870


南砂的呑み中華としての選択肢に加えられそうです



IMG_6853


某〇〇ログにて日本の焼肉店で日本一に輝いたコトもあり

IMG_6816


現時点においても支店が日本一で本店が三本指の焼肉店

IMG_6820


そりゃあ行ってみたいと思いますよね

IMG_6821


ところがどっこいそれだけの人気店というコトは当然予約困難店なのです

IMG_6823


そういう店に行くなら常連の人と仲良くなるのがイチバンの近道

IMG_6824

IMG_6825

IMG_6826


自分では叶わないSATOブリアンへの道が拓けるのです

IMG_6827


焼肉店では自分で焼くのが当たり前ですがコチラのお店は

IMG_6828

IMG_6829

IMG_6830


焼いてくれる系♡

IMG_6834

IMG_6835

IMG_6836


いくら美味しい肉でも下手な人が焼けばタダの焼肉

IMG_6838

IMG_6840

IMG_6842


匠の技で焼いて初めて美味しい焼肉へと昇華するのです

IMG_6843


そんなコチラの名物である玉子を絡めたお肉を乗っけて食べるすきめし

IMG_6847

IMG_6851

IMG_6852


まずはココで一回悶え死にます

IMG_6854

IMG_6856

IMG_6857


ココらで一回現世へと引き戻されたかと思いきや

IMG_6860

IMG_6864


ウニを乗っけたブリめしでもう一度悶え死ぬコトになるのです

IMG_6867

IMG_6868


そんなサスガとしか言いようのない未知の焼肉ワールドを知りたかったら

IMG_6869


予約が取れる常連の人を探しましょう

IMG_6814


ココで食べるため我々にできるコトはそれしかないようです




アレは連休前の5月2日

R0016177


同じコンペに参加していたヤツが

R0016178


「今日の夜すし匠なんですよ」などとうらやましいコト言ってるなと思ってたら

R0016179

R0016180

R0016181


一緒に行きません?♡

R0016182

R0016184

R0016185


そんなステキな誘いを断れるほど大人じゃありませんし

R0016186

R0016187

R0016188


またもや予約の取れないになってしまったすし匠ですから

R0016189

R0016190


家族との食事の予定をキャンセルしてでも参戦です

R0016191


これまたプレミアムになった波花もラス1をゲットしてゴキゲン

R0016192

R0016193

R0016194


連休だというのに会社にデジカメ置いてきてしまい予備のカメラで撮ったら

R0016195

R0016197


せっかくのおすし達もピンボケ多数という残念さでしたが

R0016199


連休前の出血大放出セール9時の会だったので

R0016200

R0016201

R0016202


すしに関してはナニも言うコトがありません

R0016203

R0016204


啓太親方が最近ハマっていたピクルスは飽きたとのコトで

R0016206


これからは浅漬けの時代だそうです

R0016208

R0016209

R0016211


翌日も早朝からゴルフだというのにジャパンきめまくりの連休前ナイト

R0016210


予約チャレンジするの忘れて帰ってきたのだけが残念ですが

R0016175


やっぱ2か月に1回位は来たいよねすし匠




イタリアンといえばテーブル主体の店が多いですがコチラはカウンターがメイン

IMG_6712


ボクのように一人メシをする人にはうってつけの店なのです

IMG_6713


一時期は不満足な不倫者のツイートで炎上したこの店ですが

IMG_6716


何事もなかったように今は落ち着いてゆっくりと食事ができます

IMG_6715


フランス産のオーブラック種という牛のサーロインがウリのコースにしましたが

IMG_6718


さすが実力派の店だけあって前菜からかなりイケてます

IMG_6719


肉イタリアンだけあってパスタもミートボール入りだったりして

IMG_6720


厨房が一人のため若干提供スピードがアレですが

IMG_6724


こんなにオイシイものが食べられるならガマンです

IMG_6726


そしてメインのサーロインステーキが登場

IMG_6727


噛みしめるほどに広がる肉のうまみにノックアウトですわ

IMG_6730


選べるドルチェもかなりハイレベルな逸品で

IMG_6728


不満足な人が来たかった理由がよく分かります

IMG_6711


狭い店なので予約した方が良さそうです




最近仕事が忙し過ぎて

IMG_6688


呑みに行くどころか食べに行くヒマすら見つけられず

IMG_6689

IMG_6692


ストックしていたブログのネタが尽きてしまいました

IMG_6694

IMG_6695


そんなおつかれモードの体に叩き込むなら肉でしょう

IMG_6699


予約が出来れば最高なのに並ばないボクが並んででも食べる焼肉

IMG_6693


それがココこうしんなのです

IMG_6696


肉屋直営の焼肉店なんか腐るほどアリますが

IMG_6702


ボクが知る限りこの値段であればトップクラス

IMG_6701


肉の脂がライスを包み込んで至福の瞬間です

IMG_6704


コレぞ仕事の疲れも吹っ飛ぶスタミナ食

IMG_6707


元気いっぱい明日から東京コンクリートジャングルで戦えます

IMG_6682


焼肉こうしんマジでオススメですよ




オープンしてまだ2年足らずだというのにいつの間にやら

IMG_6547


ミシュラニストになってたかと思ったら

IMG_6548

IMG_6549


某〇〇ログでちょいと鮨検索をかけてみたら

IMG_6550

IMG_6551

IMG_6552


コレを書いている時点で日本全国で11位とか、、、

IMG_6553

IMG_6556

IMG_6557


そんなドコまで上り詰めるのか楽しみなあらいさんですが

IMG_6555


めいちゃんというソムリエがいるので今回はワインをお願いしてみました

IMG_6558

IMG_6562

IMG_6564


「この前紀尾井町の三谷さんでマリアージュしたらケッコウな値段でしてね」

IMG_6565


「そりゃチョットいっちゃいましたね」なんて会話を楽しみながら

IMG_6566

IMG_6567


あらい流のマリアージュを楽しみまくりです

IMG_6568

IMG_6569

IMG_6570


おシャンパンに赤ワインなんかでも鮨がいけちゃうなんて

IMG_6571

IMG_6572

IMG_6573


ついこの前までは知らなかった世界ですが

IMG_6574

IMG_6576

IMG_6577


ハマると抜け出せないかもしれません

IMG_6578

IMG_6580

IMG_6581


写真ではそれほど出していませんがケッコウな量を呑みまして

IMG_6584

IMG_6585


さてお会計をお願いしましたら

IMG_6586

IMG_6587


ケッコウいっちゃいましたねという結果になりました

IMG_6588


鮨にワイン合わせるときはホドホドにした方が良さそうです




↑このページのトップヘ