楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 港区


美味しいモノを食べるためだけに働いているようなボクですが

IMG_6481

最近行きたい店があり過ぎてリピートか新規開拓か悩んでいるのが実情です

IMG_6485

そんな中一回食べて即リピートの新星がココ鈴田式なのです

IMG_6487

一発で持ってかれるコト請け合いの薪で炙った茶豆に始まり網走の釣りキンキとか

IMG_6491

呑めるヤツが来ちゃったら即ジャパンにスイッチです

IMG_6489

んでもってバツグンなのがこの岩手のふくよ香というしいたけで超お気に入り

IMG_6494

ハモに焼きとうもろこしのソースを合わせる辺りひねりが効いていて好きです

IMG_6495

そしてこの店のスペシャリテである但馬牛の飯蒸しに関しては何も言うコトなし

IMG_6497

賀茂茄子にウニが乗っかったヤツはソースが何だったか忘れましたw

IMG_6501

アユれーす!の下にあったのは胡麻といぶりがっこのソースでこれまた面白い

IMG_6502

女将もイロイロと食べに連れてっていますがココに関してはかなりの好感触だったようで

IMG_6503

小食で鳴らす女将なのにココまで全然手伝ってくれと言いません

IMG_6506

噴火湾の毛ガニとキャビアの組み合わせなんぞ楽しんだらマゴチの刺身です

IMG_6509

アマダイと冬瓜のお椀は思ったよりは上品だったかな

IMG_6513

焼肉屋の経営だけあって飯蒸しもそうですがこのカイノミの手巻きも隙がありません

IMG_6511

ここまで思ったより量が出てきたのでちょっと女将が心配ですが今日の女将はひと味違う

IMG_6514

うなぎの薪焼きなんて出てきた日にゃあ酒が止まらなくなるし

IMG_6517

ってところでじゅんさいと真蛸の酢の物でサッパリとしたらフィニッシュへと向かいます

IMG_6519

IMG_6520

ノドグロの炊き込みご飯には薪で焼いたノドグロまでトッピング

IMG_6523

IMG_6524

さすがに全部は食べきれないのでお持ち帰りのおにぎりにしてもらいましたが

IMG_6527

お店で打った十割そば食べます?なんて聞かれたらそりゃ食うにきまってます

IMG_6528

燻製アイスでまったりパンパンのお腹をクールダウンしてたら

IMG_6533

まだ出るの!?

IMG_6534

台湾式カステラだっけ?コレもお持ち帰りさせてもらいました

IMG_6535

今回は味だけでなくボリュームまですごくって完全ノックアウトです

IMG_6479

ココにはずっと通うコトになりそうです




自ら飲食店を経営しつつも美味しいモノをたくさん食べ歩いてる信頼できる方が言いました

IMG_6424

IMG_6426

この店には焼きを極めた焼き鳥の達人がいると

IMG_6428

IMG_6429

最近インスタやら何やらで見かけるコトが多く気になってたとこにそんなん聞いたら即GOです

IMG_6431

IMG_6432

しっとりとしたささみに砂肝と来ましたがこのくるみネギマってのがかなりイイです

IMG_6434

IMG_6436

かわも今まで食べてきたのと全然違う食感で焼きテクでここまで違うとは驚きです

IMG_6439

IMG_6440

ココまで来ると多分何食っても美味しいというのが分かるので安心して酔っ払えます

IMG_6443

IMG_6444

山椒とクルミのパンにレバーパテなんてのもイケてるし

IMG_6442

IMG_6445

このつくねなんかタダモノではない感がハンパありません

IMG_6447

IMG_6451

てかココの大将ひとりで焼き台3台使ってココまでやるってマジで神レベル

IMG_6454

IMG_6449

その見た目と味のすごさに敬意を表して焼鳥界の那須川天心と呼ばせてもらいます

IMG_6455

IMG_6460

回転制じゃないのもありユッタリと食事できるので食べたいだけ食べられるのもイイし

IMG_6462

IMG_6465

最近流行ってる系の焼鳥に比べると多分安いしサイコーではありませんか!

IMG_6466

IMG_6469

串を何本か追加したら〆ごはんに向かいますがまずはこのスープやば過ぎるウマさだし

IMG_6461

IMG_6472

ココは近ければマジでヘビロテするの間違いなしですわ

IMG_6470

IMG_6476

多分今ならまだ予約も取りやすいし焼鳥好きならマジで行かなきゃダメなレベルです

IMG_6418

ほら書いててもう食べたくなっちゃった




事前情報によれば羽釜で飯を炊くようになってシャリが美味しくなったとか

IMG_6293

IMG_6294

IMG_6295

開店以来進化を続ける店ですからそんなん聞いたら当然上がるハードルですが

IMG_6298

IMG_6296

IMG_6299

いきなりスゴイの出てきて軽~く超えてっちゃいました

IMG_6300

IMG_6301

すっぽんとマツタケの冷たい茶わん蒸しです

IMG_6302

IMG_6305

すっぽんのコラーゲン由来なのか食べたコトのない新食感で丼でほしいぐらいでした

IMG_6306

IMG_6309

IMG_6310

さてにぎりの方はどうかというと羽釜効果はしっかりと出ているようで

IMG_6311

IMG_6313

IMG_6316

鮨屋としての階段を二段飛ばしで上がったぐらいに感じました

IMG_6317

IMG_6319

IMG_6321

以前に比べてパフォーマンス的なコト減ったので動画好きな人にはアレですが

IMG_6323

IMG_6324

IMG_6327

着実に確実に寿司職人としてステップアップしているのでこれからも期待大です

IMG_6329

IMG_6331

IMG_6332

気のせいかかっぱ巻きのキュウリの分量増えた気がしますがコレも進化の一つかな

IMG_6292

次に行くのが楽しみで仕方ないお店の一つです




高評価のお店が多い京味出身の和食店ですが評価以外にも敷居が高かったりして

IMG_6164

IMG_6165

予約が取れないってのもありますがおいそれと行ける値段のお店ではありません

IMG_6167

IMG_6168

代表格のくろぎは大門に移ってから湯島時代とは全然違う価格帯に突入したし

IMG_6169

IMG_6170

とても遠い存在になってしまいましたが待ったを掛けるお店が登場しました

IMG_6171

IMG_6172

直接京味出身ではありませんが京味→くろぎからの独立なのでその系譜です

IMG_6173

IMG_6175

そんなお店が御成門に店を構えたと思ったら一人15,000円のコース一本で勝負とか

IMG_6178

IMG_6180

この系統のお店とは思えないほどの価格帯で勝負をかけています

IMG_6181

IMG_6184

モチロン高価格帯のお店とは使っている素材が違うんでしょうが

IMG_6185

IMG_6188

そんなコトを微塵も感じさせず一気にフィニッシュまで持って行く実力派

IMG_6187

IMG_6189

旅行にも行けない夏休みに御成門はるという名の小旅行に連れて行ってもらった気分です

IMG_6190

IMG_6191

店主の小川氏も実にイイ人で応援したくなるしボクの懐にも優しい応援価格

IMG_6194

IMG_6195

港区にありながらこれだけの和食をそれなりの値段で食べさせてくれる高価格化ストッパー

IMG_6159

今ならまだ予約が取りやすいのでこの系統を攻めたい方は是非!!




ランチのコスパ良しとイロイロな方から噂は聞いてはおりましたが

IMG_5478

IMG_5479

IMG_5481

鮨でジャパンをキメる快感に目覚めたボクですからいかに鮨が好きと言えども

IMG_5484

IMG_5486

IMG_5487

ってかこの前ランチをススメておきながらもキッチリと夜に訪問して呑み倒すのです

IMG_5488

IMG_5490

IMG_5492

イワシと平貝を追加したら他にツマミの用意がないってコトだったのでにぎりに突入!

IMG_5494

IMG_5497

IMG_5499

瓶を持ってこない系のお店だったので写真はありませんがジャパンがどんどん消えていくし

IMG_5501

IMG_5503

IMG_5505

口の中でのシャリのほどけ具合がけっこうボクの好みだったりして

IMG_5509

IMG_5511

IMG_5512

ちょっと他では見ない仕事をしたネタがあったりとナカナカにナカナカです

IMG_5515

IMG_5517

IMG_5519

このレベルの鮨がランチで6,000円で食べられたらそりゃ評判になるわな

IMG_5521

IMG_5523

IMG_5525

かんぴょうを追加してのフィニッシュでしたけどコレだけ食べて呑んで一人2ちょっとって

IMG_5526

IMG_5528

IMG_5474

港区の鮨店とは思えないコスパに驚かされたお店でした





住所非公開完全紹介制な上に月イチ二時間だけの予約受付と高ハードル

IMG_5274

IMG_5277

IMG_5279

この時は予約日がゴルフだったので自分では予約できないと思いFacebookに書きました

IMG_5282

IMG_5283

IMG_5285

まさみつ行きたい まさみつ行きたい まさみつ行きたい と三行だけ

IMG_5287

IMG_5289

IMG_5290

そんな下僕の願いを見た女王様が即対応してくださり今宵の宴をセッティング

IMG_5294

IMG_5296

IMG_5299

メデタク(仮)阿佐ヶ谷の女王と愉快な下僕たちの宴の開催となりました

IMG_5300

IMG_5302

IMG_5305

皆さまには持つべきは良き友とお仕えするなら阿佐ヶ谷の女王とだけ言っておきます

IMG_5304

IMG_5307

IMG_5309

まさみつさんのイイところは前半戦に和食出身ならではのツマミが出るところ

IMG_5313

IMG_5314

IMG_5316

大体ビールでスタートしますが初っ端から呑ませてくれるのでソッコーでジャパン

IMG_5317

IMG_5319

IMG_5323

今回はまさみつさんに狙い撃ちされてた感もありますが完全に術中にハマってます

IMG_5321

IMG_5324

IMG_5328

女王様の貸し切りで来ると量がいつもより多いらしいのですがこの日はこれまたハンパなく

IMG_5331

IMG_5330

IMG_5333

この辺りになってくるとお腹の具合もあやしくなってくるのですがジャパンで覚醒してるだけに

IMG_5334

IMG_5336

IMG_5338

お腹の具合を聞かれてもまだまだ余裕としか言えません

IMG_5340

IMG_5341

IMG_5344

さてとココらで〆にかかって例のカレーうどんが登場でーす

IMG_5348

IMG_5351

IMG_5354

いつ食べてもサイコーなカレーうどんに土鍋で炊き立てのご飯をドボン

IMG_5355

IMG_5359

IMG_5361

お腹いっぱいのはずなのにハイボールで刺激を受けた胃袋はかき揚げ丼をオーダー

IMG_5364

IMG_5366

二層仕上げのかき揚げ丼は大根おろしが仕込んであり混ぜ混ぜして食べる新食感

IMG_5368

デザートのマンゴープリンまでサイコーでいつ来たって大マンゾクの南青山まさみつ

IMG_5268

自分で予約したいけど女王様にオマカセした方が楽しくて美味しいようです







和食店でも鮨屋でも三か月に一度は訪れて季節を感じたいというのがボクの希望です

IMG_4988

IMG_4989

IMG_4992

とはいえその三か月に一度の訪問をなかなかさせてくれないのが昨今の人気店

IMG_4994

IMG_4995

IMG_4997

ボクがそういうお店で予約できているのは予約に絶対穴を開けないからだと思っています

IMG_4998

IMG_4999

IMG_5000

最高でも月イチ訪問しかしたコトないのに同じ月にまた来ているのはそういうコトで

IMG_5002

IMG_5005

IMG_5006

予約を持っている友人が来られずピンチヒッターを頼まれて食べに来ているのです

IMG_5009

IMG_5012

IMG_5013

ただ同じ店に二週間で二回行ったりするとネタがかぶったりするのはアレですが(笑)

IMG_5015

IMG_5018

IMG_5019

なかなか予約できない人には申し訳ないですがそういう事情なので許してください

IMG_5022

IMG_5024

IMG_5026

最近食べたばかりとは言えヤッパリ鮨って美味しいわね

IMG_5029

IMG_5030

IMG_5032

また次の日も普通に鮨食いたいと思うぐらいだもんね←イヤちょっとおかしいかも(笑)

IMG_5034

IMG_5036

IMG_4709

次はちょっと空けて8月の予定だけどピンチヒッターならいつでも引き受けますよー




電話予約のわずらわしさから解放されたくて最近はOMAKASE利用率が高めですが

IMG_4898

IMG_4900

そのサイトにオープン前だというのに突然現れた「鮨 あお」ってなんじゃらほい

IMG_4901

IMG_4903

IMG_4907

調べてみたらすきやばし次郎で10年修業した人が独立して出すんだとか

IMG_4904

IMG_4908

しかもすきやばし次郎史上最高の弟子だとか

IMG_4910

IMG_4915

IMG_4912

そんなん聞いたら即凸入しかございません

IMG_4919

IMG_4921

IMG_4924

次郎出身でボクが好きだったますが閉店してしまいあのシャリが食べられないなんて

IMG_4923

IMG_4927

そう思っていただけにココを迷わずに予約して正解だったようです

IMG_4928

IMG_4930

IMG_4932

数寄屋橋のお店には行こうとも思ったコトはないけれどボクを魅了するあのシャリ

IMG_4934

IMG_4937

IMG_4939

コチラのお店でも温度が下がってくると特に感じられるシャリの酸味が心地よく

IMG_4940

IMG_4941

IMG_4944

シャリだけで言えばきっとボクは赤酢よりも米酢派なんだろうなーなんて思ったり

IMG_4950

IMG_4946

IMG_4949

そして何よりも食べていて驚いたのはまだ出るの?ってホドのにぎりのラッシュ

IMG_4951

IMG_4954

IMG_4956

コレで追加したのはかんぴょう巻だけなんだから満足と満腹が混ざり合う食後感

IMG_4960

IMG_4961

IMG_4964

今どきの鮨屋ではコレぐらいの値段は当たり前なんだろうけどマンゾク感では相当なモノ

IMG_4897

行ってみて損はないと思いますよ




神戸行きの旅行がキャンセルになったのを皮切りに悪夢のような4月でした

IMG_4711

IMG_4713

6日に行ったはしもとでギリギリセーフだっただけでその翌日のすし匠キャンセル

IMG_4714

IMG_4715

その翌週に入っていたさわ田もOMAKASE見たらキャンセルになってるし

IMG_4716

IMG_4718

こりゃあいよいよ龍次郎もヤバいかなと思ったら悪魔の電話が掛かってきました

IMG_4719

IMG_4720

すいませんウチもお休みさせてもらうんでご予約キャンセルで

IMG_4721

IMG_4722

その後も心香になんば日比谷にもう一個持ってたはしもとの予約もキャンセルという

IMG_4724

IMG_4726

外食だけを楽しみに生きているようなボクには地獄のような自粛期間でした

IMG_4727

IMG_4730

まだステップ2だけど何となく飲食店が動き始めた6月になってようやく龍次郎へ

IMG_4732

IMG_4734

なんか久しぶりっすねーってそりゃ1月以来だもの実に5ヶ月ぶりの訪問です

IMG_4736

IMG_4737

久しぶりに会った大将は相変わらずの軽快トークで龍次郎劇場は健在でした

IMG_4740

IMG_4742

久しぶりに来るので期待してたけどこの数ヶ月でまた腕が上がった様子で酒もススミマス

IMG_4744

IMG_4747

ジャパンもいつも通り一周呑ませてもらって〆にはフォーティーン

IMG_4743

IMG_4746

いやいやマンゾクしかなかったけど最後にアレ食べなきゃ〆らないんだったわ

IMG_4748

IMG_4710

次来るのが楽しみですーってか次来るのって来週じゃん(笑)




IMG_3943

これまで予約が取れなくて地団太踏んでた店のキャンセルが出たタイミングをゲットできました

IMG_3942

薪窯とかではなく薪の直火を使って素材を調理するボクの見たコトないスタイル

IMG_3948

まずは炙ったソラマメが出されましたが一品目でコレかよという超絶酒泥棒

IMG_3946

気取っておシャンパンなんか飲んでる場合でなくソッコーでジャパンにスイッチです

IMG_3950

お次は皮目を炙った網走の釣りキンキですがコレだけで二合はイケそうです

IMG_3954

そして何よりも驚くのがこの焼き椎茸でボクが食べた椎茸の中で世界一と断言できます

IMG_3953

こうなるとほーら酒が加速していく一方です

IMG_3959

お椀はワカメのすり流しに帆立の真薯ですがこれまたバカウマで序盤から飛ばしまくり

IMG_3960

そりゃ呑むしかありませんよ実際

IMG_3963

さあ来ましたこの店のスペシャリテ太田牛フィレを使った飯蒸しです

IMG_3965

タレの味はバツグンだし焼き加減も絶妙で永遠に食べていたいと思いました

IMG_3966

次に来たホタルイカの和え麺は添えられたトマトをつぶして混ぜてくださいとのコト

IMG_3968

トマトの酸味がソースにぴったりとマッチして得も言われぬ美味しさ

IMG_3971

次に来た焼きタケノコですが薪の実力をいかんなく発揮した瑞々しさに驚かされます

IMG_3973

ってコトでジャパンおかわりです

IMG_3977

次に来たのは揚げた大根キャビアトッピングですが想像の遥か上を行くウマさ

IMG_3978

赤貝の木の芽ソースは木の芽の風味が効いてて絶妙な味

IMG_3983

ホワイトアスパラのフライ伊勢海老ソースなんて来た日にゃもうタマラン

IMG_3981

こうして記憶喪失と睡魔と闘いながらもドンドン食べ進めていきます

IMG_3987

この辺りはまだまだ記憶しっかりのアイナメとうるいのお椀

IMG_3989

カイノミの手巻きは薄れかけていく意識を取り戻してくれる衝撃のウマさ

IMG_3985

コレだけの料理を食べりゃそりゃ飲むでしょって

IMG_3993

そろそろ〆に入って新玉ねぎと菜の花の炊き合わせでしみじみしたら

IMG_3996

薪の香りをまとったノドグロ(だったはず)の炊き込みご飯の登場です

IMG_3998

ハンパなくウマかったという記憶しかないほど酔っていたと思います

IMG_3992

酔ってるからこそまた吞んじゃうんだろうねー

IMG_4001

ボクの記憶になく記録に残っていたもう一つのご飯はお土産にしてもらいました

IMG_4003

写真のボケ具合が全てを語っていますが美味しい料理があると酒が進むのは仕方ない

IMG_3940

IMG_3938

ちょっとお高めですが大マンゾクなディナーとなるコト間違いなしのお店でした



↑このページのトップヘ