楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 港区


湯島でお世話になったくろぎさんが自社ビルを建てての移転

IMG_6995


もっと早く来たかったけれど価格帯を考えるとそうそう来れないので

IMG_6996


結婚記念日のお祝いディナーに合わせての予約です

IMG_6997

IMG_6998


今回の移転で何よりもボクたちを悩ませるのが席数の激減で

IMG_6999


カウンター10席と個室一つだけになったので湯島時代に比べれば半分

IMG_7001


となれば予約倍率が単純に2倍という超絶プレミアムシートになります

IMG_7002

IMG_7004


なので電話予約だと昼間しか取れないのね、、、

IMG_7005

IMG_7007


そんな超絶プレミアムシートでいただく料理ですが

IMG_7008

IMG_7009


移転して厨房が広くなったからなのか何なのか分かりませんが

IMG_7011

IMG_7013


湯島時代から別次元へと進化を遂げています

IMG_7014

IMG_7018


何が良くなったとかどう違うとか聞かれても答えられませんが

IMG_7022

IMG_7021

IMG_7024


カウンター席だけになったコトによるお店の一体感というか

IMG_7027

IMG_7029


鱧を捌くところを含めた劇場型演出が寄与しているのは言うまでもありません

IMG_7030

IMG_7031


春のモノから夏へと切り替わっていく時期ですが

IMG_7033

IMG_7034

IMG_7037


それぞれに良いモノを仕入れて最高の調理で食べさせてくれます

IMG_7032

IMG_7040

IMG_7038


〆のごはんは湯島時代のランチで好評だった鯛茶漬けに

IMG_7042

IMG_7043

IMG_7044


これまた以前から好評なハラスご飯と複数の〆が楽しまます

IMG_7046


デザートは自家製わらび餅に貴腐ワインをかける塩アイスとか

IMG_7049


これまでのメニューを再構築してさらに高みへと昇り詰めています

IMG_7050

IMG_7052


結婚記念日のケーキまで作ってもらってマンゾク以外ない晩餐

IMG_7053


何とかこのお店には通い続けたいものです




呑んでやらかすコトが多いボクですから

IMG_6649


カメラに残った写真を見て記憶を辿るなんてしょっちゅうですが

IMG_6647


まさか平日真っ昼間の記憶を辿るコトになるとは思いませんでした

IMG_6650


なぜこんな浜松町のはずれにいたのか

IMG_6653


なぜ来たコトもないココで麺を啜っていたのか

IMG_6648


記憶がなくても写真を撮ってる自分を誇らしく思うと同時に

IMG_6654


昼間っから記憶ないなんてとんでもないクソヤローだと思います

IMG_6651


もういい加減アルコールが脳を侵し始めたみたいなので

IMG_6646


呑み歩き抑えて食べ歩きするしかなさそうです



R0016117


本日もやってまいりました青山龍次郎劇場

R0016082

R0016083

R0016085


もう何度も来ているにも関わらずココに来るのが楽しみで仕方ありません

R0016084


正直楽しい店のナンバーワンはアソコだと思ってましたが

R0016086

R0016087

R0016088


今やその座は完全にコチラのモノになりました

R0016089

R0016091

R0016092


純粋に美味しいものを静かに楽しみたいという人には不向きな店かも知れませんが

R0016090


ある意味うるさいと思う方もいるであろう元気一杯の接客に

R0016094

R0016096

R0016097


超絶おもしろキャラ龍次郎の軽妙なトークに

R0016099

R0016100

R0016102


鮨だけでなく海味を楽しんでいってもらいたいという気持ちが溢れていて

R0016104

R0016105

R0016106


ボクの気持ちを惹きつけてやまないのです

R0016107

R0016110

R0016111


そんな海味はまさにブログタイトルにぴったりのお店なので

R0016093


ボクが連れてった人たちもすっかり魅了されて通ってるみたいだし

R0016114

R0016115

R0016118


ほぼ誰が来ても楽しめちゃうお店だと思います

R0016120

R0016122

R0016123


常連さんたちとイロイロ食べ歩いて感性を磨いている大将の今後も楽しみだし

R0016124

R0016125


来るたび楽しさが増していく感じなので次が今から楽しみです

R0016079


さーて5月の第三幕は誰と行こうかなあ





新宿ほどでないにしても弟子のを追い落とすかの出店攻勢

IMG_6063


どちらも生き残ってくれれば新宿よりも新橋なボクは全然構いませんが

IMG_6065


それよりも納豆らぁめんがメニュー落ちしているほうが気になります

IMG_6067


意識的に空けられた中心部に生卵のトッピングが良さげですが

IMG_6071


それすらも叶わないのが残念で仕方ありません

IMG_6066


デフォで950円もするせいかランチタイムでもそれほど混まないのはイイですが

IMG_6070


やっぱり生卵or納豆の不在は大きすぎる気がするのはボクだけでないはず

IMG_6073


それで千円オーバーになろうと構わないので是非とも置いていただきたい

IMG_6068


それ以外に言うコトがないだけにもったいなくてなりません

IMG_6062


ホントに言いたいコトはそれだけなのです




毎日ラーメンがおいしく食べられるように

IMG_5721


健康でいられるようにと気を付けているのは

IMG_5723


塩分の摂りすぎにならないようにスープを残すコト

IMG_5734


な・の・に

IMG_5736


こんなにしょっぱいラーメンが好きなんだから困ったもんです

IMG_5726


ただでさえしょっぱいのにコショウまで振りかけてパワーアップ

IMG_5738


そのラーメンを全力で受け止めるのは白ごはん

IMG_5733


日本人に生まれてきて良かったと思う瞬間です

IMG_5739


今日も麺より先にごはんがなくなるというスーパーおかずラーメン

IMG_5735


月イチ以上食べると肉体的にイロイロと不安要素がありますが

IMG_5719


それでもやっぱり止められない高井田系の魔力なのでした




〇〇さんお飲み物いかがなさいますか

IMG_5376


おーいカワシボ一つすぐ持ってきて(カメラをカウンターに置く用の乾いたおしぼり)

IMG_5377


まずは一貫にぎらせてください!

IMG_5378


龍次郎劇場2017開幕です

IMG_5379

IMG_5380


いつも噛み噛みな大将のトークがいつもより滑らかだったのは

IMG_5381

IMG_5383


ボクの隣りに座っていた美女の前でカッコつけたかったからだと思います

IMG_5384


いつもならマシンガントークぐらいですがこの日はガトリングガンぐらいの話しっぷり

IMG_5385

IMG_5386

IMG_5387


やはりこの店の楽しさは大将との会話にありますが

IMG_5389

IMG_5390

IMG_5391


あまりにも大将がキャラが立ち過ぎているので

IMG_5392

IMG_5394


二番手以降の人たちがどの辺りから活躍を始めるのかも見ものですね

IMG_5396

IMG_5397

IMG_5398


そして最近気付いたんですが実はココのお店

IMG_5399

IMG_5400

IMG_5401


メチャメチャ料金が良心的なんです

IMG_5402

IMG_5404

IMG_5405


ビール一杯にジャパンをたしか11杯呑んでお持ち帰りの太巻きまで頼んでも

IMG_5406

IMG_5407

IMG_5408


ソコらへんの同等クラスの鮨屋に比べると5千円は違うかなと

IMG_5410

IMG_5411

IMG_5412


楽しい美味しいに安いが加われば鬼に金棒天下無敵

IMG_5375


今年も通いますぜ龍次郎劇場





さんざん言い続けてきましたが冬は味噌です

IMG_5450


溜池から虎ノ門方面をさまよっていたら気になる看板を発見

IMG_5440


すぐ横にある行列店が並んでいなかったのでソチラも気にはなりましたが

IMG_5443


そこはやっぱり冬は味噌というコトで落ち着きました

IMG_5442


具は野菜以外には若干のひき肉だけですが都度調理で炒められる野菜の甘みに

IMG_5446


味噌だれにも練り込まれたという野菜の甘みも加わってマンゾクな味わい

IMG_5447


そして味噌ラーメンの永遠の伴侶のライスがサービスという太っ腹

IMG_5448


夫婦二人で忙しそうなのに接客も申し分もなく入って正解だと思いました

IMG_5439


もしランチタイムにタバコが吸えるとなるとソコだけは減点対象ですが

IMG_5449


定食やら他のメニューも気になるのでまた来たいと思います




今年新たにミシュラニストの仲間入りを果たした鮨店の店主が

IMG_5286


ココの店が好きと言って内装まで真似しちゃったなんて聞いていて

IMG_5287


行こう行こうと思っていたけど今どきの鮨屋さんとは違う予約システムで

IMG_5290


当日の朝8時からとか、、、

IMG_5288

IMG_5289


それほど計画的でないボクでも当日予約しかないとなると尻込みしてました

IMG_5291

IMG_5293


最近になって一週間前予約が可能になったとのコトで早速の突撃です

IMG_5294

IMG_5295


寡黙な大将はなかなかの雰囲気を醸し出してるし

IMG_5297

IMG_5299


なかなかに目配り気配りの好接客だし

IMG_5298


焼酎は置いてないのにグラスで呑めるシャンパンやらワインやらあったりして

IMG_5300

IMG_5301


どちらかと言えば今どき流行りの鮨店と違うクラシカル江戸前と思わせておいて

IMG_5302

IMG_5303


ネオクラシカル江戸前鮨とでも名付けましょうか

IMG_5304

IMG_5305


シャリが小さめでイロイロなネタを食べさせる鮨とは違って

IMG_5306

IMG_5307


しっかりと大きめのシャリで鮨を食ってるなって気にさせられるにぎりで

IMG_5308

IMG_5309


なるほどアソコの大将が好きなのもうなずける鮨でした

IMG_5285


何か月も予約できない店よりもチョイチョイ行きたい鮨店との出会いでした





わざわざ並んでまで食べないといつも言っているボクですから

IMG_5198


いつ前を通っても並んでいるコチラの店は来るコトがないと思っていました

IMG_5200


先日通りがかったときに並ぶどころか空席も見えたので入ってみましたが

IMG_5199


12時前だから空いているのかと思ったらボクが入った途端にお客さん続々

IMG_5202


あっという間の行列出来上がりにビックリするのはイイんですが

IMG_5204


店内にまで並ばせるもんだから背後霊の存在に食べにくいったらありゃしない

IMG_5201


ただでさえ狭い店内なのに無駄に並ばせて店員さえ動きにくいという始末に

IMG_5203


食悪環境創造空間という意味不明な言葉が脳内を駆け巡ります

IMG_5205


必要以上に旨み過多なこのラーメンに何故にココまでというのは個人の意見

IMG_5206


ラーメンがどうこう言うよりも食べる環境にアレされた感じが否めず

BlogPaint


並んでいてくれれば良かったのにと思ったのは言うまでもありません




超オリジナル麺だと!?

IMG_5025


通りすがりにこんなの見かけた日にゃあ入らずにはいられないタチです

IMG_5015


好きな人は好きかも知れませんがあまり胡椒を使わないボクにとって未知の味

IMG_5018


粒生こしょうと一緒に提供される超オリジナル麺

IMG_5016


酸辣といえばもともと胡椒が入っているので相性はイイと思うのですが

IMG_5021


胡椒を練り込んだ麺とやらはソレほど胡椒を感じさせるコトもなく

IMG_5019


ほどよい酸味と辛みのスープと相まってナカナカのお味

IMG_5023


この手のラーメンに多い具の弱さは否めないモノの

IMG_5022


ライスと一緒に楽しみたくなる味で一気にすすり切っちゃいました

IMG_5026


夜に呑みに来てもヨサゲな感じのするなんかいい店でした



↑このページのトップヘ