楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 中野区


R0013074



中野で大人気の熟成肉を出す店に


R0013075



集まりしラヲタ6名


R0013077



コチラのお店はビールからワインまで


R0013080

R0013079

R0013081



メニューにある酒という酒が3時間飲み放題


R0013083

R0013086



そしてイロイロなオツマミ達が出て4950円!


R0013088

R0013092



そりゃーアンタ予約なしで入れないの当たり前デスよ


R0013093



コレはショッパくて血圧が上がるやつデス


R0013090

R0013091



みんなラーメンとか食ってキテるのに


R0013096

R0013100



良く食べて良く呑みますね(^_^;)


R0013104



メインの肉が出る頃にはもう


R0013105



かなーりの酔っ払いになってた気がします


R0013115



ボクはここまで生き延びるコトができましたが


R0013118



やっぱりゴロンですわ


R0013123



まあこの後のカラオケでは


R0013126



ボクがゴロンだったワケで


R0013071



楽しい中野の夜は更けてイッたのデシタ




というワケで中野での吞み会に備え


R0013070



引き続きウォーミングアップ中デス


R0013065



ココはハイボールの立ち飲み酒場


R0013069



湯呑みでハイボールを呑ませてくれマス


R0013064



なんでも呑み口が厚い方が甘く感じるそうで


R0013066

R0013067



騙されたと思って呑んでマス


R0013063



一振り入れる何やら怪しげな液体で


R0013068



おいしく感じるのかもしれません


R0013062



コレで530円


R0013060



またイクしかないですな




この日は中野で吞み会


image



まずは一軒フラレてみるのも一興


R0013048



でもコノ街ならばダイジョウブ!


R0013052



呑み屋には一切コト欠かないのが中野デス


R0013055



ウォーミングアップなので軽めにしていますが


R0013059



ココでしっかり呑んでみたい感じの店ですな


R0013050


いかの塩辛なんかサイコーでしたよ


R0013057



コレで1300円だなんて安スギる!


R0013047



まだ時間あるので0.5次会イキますかね




そろそろ忘年会シーズンも終盤

001



疲れた胃袋ひっさげて

002



どうせ呑みにイクならイイ店イキたいよネ

003



地下にアルらしいよ

004



高い店はイキたくないけど

006



〇タミとか〇木屋とかはイヤじゃん

007



そんなときに重宝するのがコノ手の小さいお店

009



ナニ気に味がヨロシクて

010



ナニ気に空いている(?)と思う

005



入口を見る限りアヤしさイッパイだったけど

011



見た目よりも中身ってことを感じます

012



中野には最強の呑み屋がアルので

008



ナカナカ他の店は選べませんが

013



生パスタなんかもナニ気にウマいので

014



たまにイってみるのも良いかと





この中野って街はふらふら歩いても

藤丸 (2)


こんなトコにこんなが!みたいな

藤丸 (6)


サプライズに満ちた街だと思う

藤丸 (8)


まあラヲタならみんな知ってるであろうコノ店も

藤丸 (7)


用事もなきゃ通らないようなとこにあるしね

藤丸 (11)


最近はよく目にする鶏白湯のスープ

藤丸 (13)


濃厚に偏ったりしているトコが

藤丸 (10)


多いと感じていたのですが

藤丸 (12)


ココのスープはバランス重視型と見え

藤丸 (4)


こんな事すると台なしになっちゃうね

藤丸 (1)


なかなか好みのこんな一杯に出会える街

藤丸 (5)


もっと中野に来なきゃだね



圧倒的じゃないか!

347a0091.jpg


最初にこの写真見せちゃうと

ツイテル 014


ラストシーンを最初に見せるかのようだけど

ツイテル 015



この店の神髄はお肉ではなく

ツイテル 011


3時間飲み放題¥4,980

ツイテル 016


ソレに尽きるのではないか

ツイテル 019


料理を食らうのでなくツマむ

ツイテル 022


そんな感じでイイのではないか

ツイテル 023


ビールをはじめとしてワインからカクテルまで

ツイテル 025


3時間も呑めてしまうのですから

ツイテル 030


肝臓が何個あっても足りません

ツイテル 026


こんなにツマミが来て

ツイテル 031


まだメインが来ないなんて

ツイテル 033


どんだけコスパ高いの!

ツイテル 036


こういうお店を知らないでいるのはツラ過ぎる

ツイテル 034


だからコレを読んでいるあなたは

ツイテル 054


ツイテル!

ツイテル 050


是非とも酔っ払いにイッて下さい

ツイテル 063


こんな僕ですから当然

921 047


あなた達がツイテルように

ツイテル 069


憑いてる!



酔っ払いはダメだよねー



ラーメンの王道、原点は中華そばなんて言ったって

醤和 018


ラーメンと中華そばの使い分けも分かりませんが

醤和 005


別に醤油ラーメンでもいいんじゃないかね

醤和 007


先客1名で座るトコ選び放題の店内で

醤和 004


狙うべきポジションはただ一つ

醤和 020


エアコンの風がくるトコ(涼)

醤和 008


このポジションがなければ

醤和 012


つけ麺を食べていた事でしょう

醤和 010


ラーメンもとい中華そばの味もさる事ながら

醤和 015


なんかこのお店の照明がイイ感じで

醤和 016


今日の写真なかなか良くないデスカ?(自画自賛)

醤和 013


こうなったらオジサンこの店で撮りまくっちゃうかな

醤和 006


ブロガー用の写真対策までバッチリだなんて

醤和 002


ヤるじゃないですか!!









中野辺りで待ち合わせするときに

牛の四文屋 026


ちょうどイイ感じの店である

牛の四文屋 002


駅から近く

牛の四文屋 005


茶色だらけ

牛の四文屋 006


こうなったら

牛の四文屋 009


待ち人なんて来なくても

牛の四文屋 010


いいかなーなんて思ったり

牛の四文屋 008


来ちゃったからにはオカワリで

牛の四文屋 011


さらに他の部位も食べられるね

牛の四文屋 012


茶色すぎるのでたまには

牛の四文屋 016


こんなのも入れつつ

牛の四文屋 014


茶色リターンズ

牛の四文屋 013


もう何のために待ち合わせたのか

牛の四文屋 022


分からなくなってきて

牛の四文屋 018


でも食べることは忘れてなくて

牛の四文屋 020


茶色と赤のグラデーションを楽しみつつ

牛の四文屋 025


いい加減になってきましたが

牛の四文屋 004


あぶっちゃダメでしょ

牛の四文屋 007


それだけはダメだって

牛の四文屋 024


なおこちゃんに言っておきました

牛の四文屋 001


あとは皆さんが確かめに行って下さい








オープン時にはあの店とセットで

嵐風 015


中野界隈を賑わせていましたね

嵐風 005


僕は新店コレクターではないので

嵐風 003


落ち着いた頃に現れるのです

嵐風 008


オペレーションが落ち着いたときが

嵐風 002


その店の本当の味なのかなと思い

嵐風 009


どちらかといえば遅いタイミングで

嵐風 013


確かめに来るのです

嵐風 012


近所の老夫婦と見受けられるお客さん

嵐風 011


すでに常連っぽい会話だったけど

嵐風 010


地元の人に受け入れられるって感じでいいよね

嵐風 014


牛の甘みが効いていたけど

嵐風 007


なかなかに塩味も効いていて

嵐風 016


ライスをガマンするのが辛すぎました




せーいっ!!

武道家 002




一言でこのお店を語るならそうなります

武道家 004




何かの冗談かと思うほど

武道家 003




せーーいっ!!

武道家 008




マッチョでタトゥーなお兄さんたちが叫びます

武道家 011





僕の多くはない家系経験値によれば

武道家 010




家系最高濃度のスープ

武道家 012




こんな濃厚スープならこうするしかないね

武道家 013




ライス無料なんて愛に満ち溢れ

武道家 015




家系最高の満足度

武道家 016




もう一回来るかと聞かれれば

武道家 007




せーいっ!!と答えます





↑このページのトップヘ