楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 中央区


この日は女将の誕生日なので二人で予約していたのに最近ロンリーな若女将が連れてけと

IMG_0115

最近ワインの勉強をしているそうでコチラのお店に興味があったようです

IMG_0117

後で請求されるとは知らずに一緒になっておシャンパンなんぞ呑んでます ククク

IMG_0118

さてこの5ヶ月で4回目の訪問となるFumiさんですが料理の構成は変わりませんが

IMG_0120

IMG_0122

ビミョーにネタが変わってたりするので飽きるコトなく楽しめます

IMG_0125

前に食べて感動したナスの春巻きなんかも新たな種類のナスを見つけたそうで変わってたし

IMG_0128

春巻きでも良かったんだけどボクは前に食べてるからとコロッケに変えてくれたり

IMG_0131

IMG_0132

1日最大8名とはいえ4回目となれば覚えていてくれてウレシイ限りです

IMG_0134

IMG_0136

それもあってなのか大してメディアに登場していないにも関わらず2ヶ月先まで予約いっぱいとか

IMG_0138

2ヶ月先までしか予約を取らないお店なので既に予約の取れない店になったようです

IMG_0140

勉強になったのかよく分かりませんが若女将もワインを堪能したようでマンゾクそうでした

IMG_0144

比較的量が少なめのコチラは少食な女将にもピッタリで家族全員マンゾクのため息

IMG_0146

IMG_0148

次の予約が取れなかったのだけが残念でなりません

IMG_0114

年内にもう1回ぐらい行きたいなー




FUJIYAMA!

IMG_0065

日本一の繁華街銀座に日本一のFUJIYAMAかと思いきや実は藤山さんでした

IMG_0069

IMG_0070

IMG_0072

なんでも京都の有名な和久傳という料亭で料理長をされてた方が独立しての銀座出店だそうで

IMG_0074

IMG_0075

IMG_0078

和久傳に行ったコトがないボクですが期待が四人用テント位パンパンになってます

IMG_0081

IMG_0083

京都ではケッコウな店で食べたコトありますがそもそも京料理ってのが?なボク

IMG_0085

IMG_0087

IMG_0090

コレぞ京料理の神髄!などという感想には至りませんが

IMG_0093

IMG_0096

IMG_0098

コレが一流の和食だというコトぐらいは分かるとてもスバラシイ料理の数々

IMG_0100

IMG_0102

IMG_0103

こういうトコロって〆に炊き込みご飯だったりするのが多いけどココは白飯で勝負

IMG_0105

IMG_0106

IMG_0110

自分ちのご飯も農家から直接買ってる米でウマいと思ってるけど当然その上を行くワケで

IMG_0108

IMG_0112

IMG_0113

最後の最後までサスガ京の大御所出身と思える味と仕上がりに脱帽でした

IMG_0062

こんなん来ちゃったら銀座の人気店もウカウカしていられないよねー




今どきの鮨バブルのコトを考えると知らない鮨屋でおまかせを食べるなんて

IMG_9992

清水の舞台から飛び降りる気持ちですよね

IMG_9993

IMG_9994

IMG_9995

そんな鮨屋でおまかせを食べてみたいというドリームをカンタンに叶えてくれるのがココ

IMG_0001

IMG_0004

IMG_0006

しじみの出汁から始まって一貫ずつ出されるソレはまさに鮨屋のおまかせ

IMG_0002

IMG_0007

IMG_0008

隣りにいた若いカップルの女の子がすごくうれしそうに食べていたのが印象的で

IMG_0009

IMG_0011

IMG_0012

若い人でも気張らず来れるというのはとても大事なコトだと思います

IMG_0019

IMG_0013

IMG_0015

なんてったってこのおまかせコースがおひとり様6,000円だなんて価格破壊

IMG_0016

IMG_0018

IMG_0021

一流店と比べてどうだとかネタがどうだとか言うなんて野暮ってもんです

IMG_0023

IMG_0024

IMG_0025

マグロだってキッチリ赤身のヅケから中トロに大トロなんて出ちゃうし

IMG_0027

IMG_0029

IMG_0031

カニ味噌で和えたカニの身なんて出てきた日にゃあジャパンをオカワリなんですが

IMG_0038

IMG_0033

IMG_0034

このジャパンがこれまた安くって一合で900円とか一人で一万超えるの無理でしょ

IMG_0036

IMG_0041

IMG_0042

意味不明なぐらいギッシリのしじみ汁で肝臓を癒されたら玉やら何やらでフィニッシュです

IMG_0045

IMG_0046

IMG_0048

この値段でこのやり切り感は何ぞねとひたすら驚きの食事体験でした

IMG_9991

まんてん鮨おそるべし!とだけ言っておきましょう




席が狭いから4人以上での予約が出来ないとかのアナウンスが障害になってたんですよ

IMG_9811

4人で行くワケじゃないけど狭い席で隣りのお客さんと触れ合うとかイヤじゃないですかー

IMG_9812

とは言いながらもお盆期間中も通常営業してるってんで行ってみたんですが

IMG_9814

いきなりサバの燻製に出汁に漬けた梅干しなんて呑めちゃうの出されたら即ジャパンでしょ

IMG_9819

IMG_9820

IMG_9822

この温玉の出汁ジュレがけってのもイイですね

IMG_9823

IMG_9825

季節の八寸なんてコレだけで三合はイケるんじゃないでしょうか

IMG_9828

IMG_9830

煮アワビの肝ソースなんてコレこそジャパンでないと受け止められない逸品だし

IMG_9831

IMG_9833

調子が出てきたのでかっちゃんイカなるメニューを追加しましたがこれまた酒がススム

IMG_9835

IMG_9839

鱧のかき揚げに煮穴子とドンドン酒が進むツマミが連射されましたら

IMG_9841

IMG_9840

尾崎牛ロース芯ステーキなんかも追加しちゃってもう止まりません

IMG_9847

IMG_9845

〆はご飯に麺の2種類が出るようでまずは鮑の炊き込みご飯に悶絶したら

IMG_9849

IMG_9852

ウニの冷製パスタでフィニッシュしてお腹も肝臓も大マンゾク

IMG_9848

IMG_9853

手作りデザートの嶺岡豆腐とやらも美味しくて今まで来なかったコトを後悔しきり

IMG_9809

IMG_9810

簡単なコースなんかもあってナカナカに使い勝手も良さそうなお店でした




IMG_9710

天ぷらをきちんと食べるってコトは普通に生きていると意外になかったりしますよね

IMG_9708

IMG_9709

ウチなんかは女将が片付けがメンドウだからって天ぷらは作ってくれませんし

IMG_9712

IMG_9713

かと言って揚げ物を好んで食べられるほど若くないのも事実です

IMG_9718

IMG_9719

そんなボクがなぜ天ぷらを食べてるかって言うとその美味しさに気付かされたがあったから

IMG_9717

IMG_9723

IMG_9725

その後にココに来て天ぷら好きを決定づけられたってワケです

IMG_9726

IMG_9721

コチラの店主もイロイロと勉強されているようで仲の良い鮨屋さんに教わってガリ作ってみたり

IMG_9728

IMG_9727

IMG_9729

ナスなんて生と天ぷらの食べくらべとか自在な変化球で攻めてきて飽きが来ません

IMG_9731

IMG_9734

IMG_9736

最初に出てくる蕎麦の実もそうですが箸休めに出てくる蕎麦がきもナカナカ呑ませてくれますし

IMG_9737

IMG_9738

IMG_9740

この定番の玉取茸なんかはキノコがきらいと言ってる人にこそ食べてもらいたい美味しさ

IMG_9743

IMG_9745

IMG_9747

この日は鮎も入ってるしカキはいつも通りだけど二種類の食べ方で鉄板です

IMG_9748

IMG_9749

そしてココのスペシャリテ?と勝手にボクが思ってる島田人参でエンジンが掛かったので

IMG_9750

IMG_9752

IMG_9757

追加メニューのめごち、ウニ、海苔、いちじく、さつまいもと全メニュー制覇を果たしました

IMG_9756

IMG_9761

IMG_9764

IMG_9767

こんなに食べたってまだ呑めるし食べられるのはカラッと揚がった天ぷらのお陰でしょう

IMG_9765

IMG_9759

IMG_9760

ダイエッツなんてどこ吹く風で蕎麦を温かいのと冷たいのをもらってフィニッシュ

IMG_9771

IMG_9773

IMG_9774

この日も大マンゾクで次の予約して帰ろうと思ったらなんと9ヶ月待ちですってよ

IMG_9776

IMG_9705

あまりの人気でやっぱり天ぷらを食べる機会が増えないようです泣




神田に勤めて17年目に突入していますが意外とお膝下の開拓ができてなくて

IMG_9679

ボクの愛する金舌グループのお店が近くに出来てるなんて知りませんでした

IMG_9680

汐留の焼肉は会社のみんなで呑みに行ったときにやり過ぎちゃったので出禁かもですがw

IMG_9683

美味しい牛タンやらユッケやら食べられてなかなかにリーズナブルなのが好きです

IMG_9686

色んな業態がある金舌ですがココは肉寿司推しらしく鮨ラヴァーなボクに打ってつけ

IMG_9690

牛タンの食べ比べなんてのもあったりして趣向を凝らしている感じはしますが

IMG_9691

場所柄というかこういう施設に入ると家賃やら何やらあるのかと思いますが

IMG_9694

IMG_9696

同じ値段を出すなら赤坂の方がコスパいいような気がしますがコッチの方が近いし

IMG_9697

そうは言ってもナカナカのレベルの肉料理をソコソコの値段で食べられるのが金舌のイイところ

IMG_9700

IMG_9701

初訪問の室町でしたが会社から歩いて行けるというのがボクにとってプラス効果

IMG_9702

マンゾクしたのは言うまでもありませんが赤坂ならあるお土産のサンドイッチがないのは至極残念

IMG_9677

コース内容の見直しとかあればもっと来たい感じかなー




夜ごはんをそんなに食べた覚えがないのに翌朝の体重がえっ!?ってなったとき

IMG_2777

まずはケータイの写真を確認するようにしています

FullSizeRender

そんでもって出てきたのがこれら一連の写真たちです

IMG_2786

記憶がなくとも写真だけはしっかり撮ってる自分を褒めてあげたい気持ちもありますが

IMG_2788

ココまで頑張ってきたダイエッツを台無しにするスイーツからのラーメンという流れ

IMG_2787

全てはこの沢庵の魔力というコトにしておきます

IMG_2789

ところでお店の名前は「橋悟」か「はしご」のどっちなのかね?




今や某〇〇ログにも掲載されているので隠れ家感が若干薄れ気味のFumiですが

IMG_9429

IMG_9430

「そんなに来たら飽きますよ」美人店主に言われながらもまた来てしまいました

IMG_9432

IMG_9436

野菜はミモレットチーズの風味が相変わらずハンパないしイカやクエの熟成具合もイイ感じ

IMG_9441

IMG_9445

そんでもって出てきた中国醤油のかかった鯛が人生観変わる位の旨味バクハツだし

IMG_9437

IMG_9443

茄子の春巻きにからすみビーフンとかコチラの料理はワインに合うように作っているそうで

IMG_9446

IMG_9448

店主の思惑通りワインを飲みまくっているのがワタシたちです

IMG_9449

IMG_9452

超肉厚のフカヒレのお椀もこれまたワインに合ったりするのもビックリです

IMG_9465

IMG_9466

そしてFumiに来たらやっぱり赤身肉だけで作った肉肉しいハンバーグがマスト

IMG_9455

IMG_9456

これなら永遠に食べられるし永遠にワインも呑めそうな気がする逸品です

IMG_9461

IMG_9462

〆は焼いたトウモロコシを和えた炊き込みご飯で今回もダイマンゾクのコースでした

IMG_9426

これ以上メディアに出て予約取れなくなるなんてコトがないよう願います




昨年より取り組んできたカッコイイ50歳になろうダイエッツですが

IMG_9309

IMG_9311

ようやく最終日を迎え四十台最後の晩餐に選んだのは銀座しのはらというゼイタク

IMG_9315

IMG_9316

トータルで約13kg落としたのだから数年会ってない人から見たら別人レベル

IMG_9313

IMG_9320

これで調子に乗るとあっという間にリバウンド王になってしまうのでホドホドに楽しみましょう

IMG_9324

IMG_9323

初めて来た三年前よりどんどんレベルは上がってるしスタッフも充実してテンポもいいし

IMG_9327

IMG_9329

最も銀座で行くべき和食店になったと思いますが最近の人気ぶりはハンパなく

IMG_9338

IMG_9334

開店当初は三ヶ月先位の予約が取れたのに今や半年以上待ちとか(汗)

IMG_9336

IMG_9341

焼いたスッポンなんてココでしか食べたコトないし相当な美味しさだからもっと来たいのに

IMG_9342

IMG_9346

鮨だけでない飲食店バブルがここ銀座では日常茶飯事なのです

IMG_9349

IMG_9356

やはりこういうお店では季節のメニューを楽しむために三ヶ月サイクル位で来たいもの

IMG_9352

IMG_9355

なので秋のジビエが出てくるあたりで誰か予約持ってる人お誘い待ってます♡

IMG_9359

IMG_9360

というワケで四十代最後の晩餐を楽しんだのですが四十代最後の宴会も控えてるワケで

IMG_9364

IMG_9303

リバウンドしないように生きていくのが心配な五十代になったのでした




IMG_9100

何でこんなコトになってしまったのかあらいさんへの訪問が三カ月以上ぶりになってしまいました

IMG_9101

IMG_9102

IMG_9104

この日は久々に飲む相手と一緒でしたが食べ物の中で鮨が一番好きという方

IMG_9107

IMG_9109

IMG_9111

いつもは焼酎を飲んでいるというコトでしたがせっかくなのでジャパンにしてもらいました

IMG_9106

IMG_9115

IMG_9116

こんなアワビの肝ソースにシャリどぼんなんて受け止められるのはジャパンしかありませんし

IMG_9119

IMG_9117

IMG_9120

あらいさんでは徳利でジャパンを頼むとスバラシイ江戸切子の酒器が出るので

IMG_9124

IMG_9128

IMG_9129

お酒だけでなく目でも楽しめるという一粒で二度おいしい的に楽しめちゃうのです

IMG_9125

IMG_9130

IMG_9132

鮨好きを自称する同行者でしたが今までこんな鮨を食べたコトがないと感動の嵐

IMG_9134

IMG_9136

IMG_9139

そりゃそうでしょうあらいさんは今や銀座を代表するどころか東京を代表するような鮨店

IMG_9142

IMG_9141

IMG_9143

某〇〇ログで鮨店ランキングを見れば日本全国のベスト10に入ってるほど

IMG_9145

IMG_9148

IMG_9149

感動の次には欲も出てきたらしく是非ともまた今度こういう鮨店に連れてってほしいと

IMG_9151

IMG_9152

IMG_9154

完全なる鮨好きの覚醒に食べ歩ける仲間が増えた喜びひとしお

IMG_9157

IMG_9159

なにやらあらいさん新しいコト始めるそうでますます目が離せない鮨店となりました

IMG_9162

IMG_9166

もう年内は予約いっぱいとかマジで人気ありすぎてナカナカ来れなくて困りますけど

IMG_9099

また鮨好きを連れてきて覚醒させたいと思います



↑このページのトップヘ