楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 江東区


地元の徒歩圏内ではナカナカお店もなく苦戦の南砂町でも

IMG_7842


江東区という枠で検索を拡げればまだまだ捨てたものでもなく

IMG_7846


最寄駅が住吉といったところでホントに最寄り?と聞きたくなるような場所に

IMG_7850


実はこんな実力店が隠れていたりするのです

IMG_7852


駅から遠い上に近くに駐車場も少なく路駐しようにも交番の前というロケーション

IMG_7856


来るものを拒むと言っても過言でないロケーションでいただく麺は

IMG_7849


スペル〇小麦というココでしか食べられない小麦を使った自家製麺

IMG_7843


こだわりの動物系100%のスープとも相性バツグンです

IMG_7844


メニューを絞って営業しているのがボク的にはちょっとアレですが

IMG_7840


自転車なら行ける距離なのでもうチョイ行ってみようかと思いました




休日を感じられるのはどんなときかと聞かれれば

IMG_7718


朝から酒を呑んでるときです

IMG_7711


そんな休日ですから車で出かけるワケにもいかず電車もだるい

IMG_7707


となれば徒歩圏にあるスパ辛というコトになるのです

IMG_7714


アルコールにやられた脳ですからいくらでも食べられそうですが

IMG_7712


ソコは酔ってても中年のたしなみは忘れずに麺少なめオーダー

IMG_7709


でも休日モードですから平日にはできないイケないコトも忘れません

IMG_7715


以前よりコクを増したように感じる魔性のスパ辛スープはボクを惹きつけてやまず

IMG_7716


レンゲが止まりませんが気管に入って咳も止まりませんし汗も止まりません

IMG_7706


イイ汗かいたので午後からのビールがさらに美味しそうです




いつもは家族で食べに来るココですが

BlogPaint


今回は砂町人の会と称していつも遊んでる砂町人に加えて

IMG_7656

IMG_7655

IMG_7657


地元が砂町という鮨屋の大将も誘って食べに来ました

IMG_7659

IMG_7661


家族で来るときは男ひとりに女ふたりですから量をあまり頼みませんが

IMG_7662

IMG_7663


男3人となれば頼む量が違います

BlogPaint


とはいえボクは小食ですからどちらかといえば焼き担当で

IMG_7653

IMG_7664

IMG_7667


二人に食わせながら呑んだくれています

IMG_7665

IMG_7666

IMG_7668


気が付けばボトルも2本入ってたりしてかなり調子がイイ様子

IMG_7669

IMG_7671


お会計もココ史上最高額をマークしましたが美味しく楽しい時間を過ごした我々は

IMG_7651


夜の錦糸町に消えていったとさ




もつ焼き屋さんに行こうと思ったら一杯で入れなかったので

IMG_7637


以前より気になっていたコチラのお店に入ってみました

IMG_7621


もともと小料理屋か何かだった店を改装して作ったような手作り感満載の店内

IMG_7624


普段都心部での食事が多い自分にとって地元感がかえって増します

IMG_7626


飲み物もグラスの泡が500円にワインも500円とリーズナブル

IMG_7628


料理もほとんどが1000円以下で楽しめるという

IMG_7630


まさに江東区価格地元密着型の店とでも言いましょうか

IMG_7632


自宅からは徒歩圏とはいえ距離があるので通えるかというと?ですが

IMG_7633


近所にあればフラッと呑みに立ち寄るレベルの使いやすさ

IMG_7635


深夜までやっているのも実に心強いお店です

IMG_7620


あまりイイ場所ではないけどガンバってほしいと思いました




南砂町に引っ越してきてから2年半経ちましたが

IMG_7215


しっぽり呑めるイイ店ないかななんて思いつつも地元で呑むコトも少ないしで

IMG_7214


まったりと平和な南砂町ライフを過ごしておりました

IMG_7216


が、砂町の先輩から「行ったコトないんですけどけっこうイイ店らしいすよ」と聞いたので

IMG_7222


早速WEBで検索するも某〇〇ログでさえ店舗情報だけで口コミなし

IMG_7230


となれば自分で行って確かめるしかないと思いやって来ました

IMG_7223


カウンター以外にテーブルが3つの店内はホドホドの入りですが

IMG_7218


厨房にいる大将以外はおやじさん?と手伝いの娘さん?と思わしき布陣で

IMG_7225


やや提供スピードがアレかなというのはありましたが

IMG_7224


出てくる料理はすべてが出汁から塩梅まで素晴らしく

IMG_7228


さすがに砂町でちょいとお高め設定の店だけあります

IMG_7232


一人呑みだとやや使い勝手が悪そうなメニュー構成だけに気軽にとはいきませんが

IMG_7211


家族メシでも十分使えるイイお店見つけちゃいました




めったなコトでは平日に早く帰宅するコトはありません

R0016247


そんなめったなコトが起きた19時の帰宅

R0016249


せっかく早く帰ってきたんだから食べに行きましょ!と

R0016250


作り始めていた夕飯の支度を止める女将

R0016253


となれば近所で食べに行くならほぼ一択の焼肉こうしん

R0016252

R0016260


そういうコトになりました

R0016255

R0016264


来るのが休日ばかりなので平日のまったりモードは初めてでしたが

R0016259


神戸牛上ロースとただのロースを間違えたのはいただけません

R0016256


ほら全然違うでしょう?

R0016272


この違いで1000円位なのだから良心的なお店です

R0016269


間違えた店員さんはともかくやっぱりイイお店です

R0016242


砂町で焼肉食うならココとだけ言っておきます




江東区からいなくなったと思ってた麺屋中川會が住吉に復活

IMG_7058


11:00オープンだとばかり思っていたボクを迎えたのは

IMG_7056


備準中という看板でした(笑)

IMG_7060


濃厚なつけ麺がウリの中川會が新メニューを引っさげての凱旋というコトで

IMG_7062


もちろん新メニューの醤油そばを特製でいただきました

IMG_7065


前回いただいた濃厚なヤーツに比べると真逆な感じですが

IMG_7066


ひとくち目から鶏以上に強烈なホンビノス貝炸裂スープに

IMG_7063


味変用にレアチャーシューに乗っけられたフォアグラソースとやら

IMG_7064


フォアグラといえば千葉から来た変態とか巣鴨のミシュラニストあたりがアレですが

IMG_7067


清湯と思わせておいて濃いーのからの濃いーのに味変なので

IMG_7068


オジサン的にはもう少し味を薄目でやってもらえるとスゴク助かります

IMG_7070


とはいえボクの後にも並びが続々でこの味も地元に受け入れられている様子で

BlogPaint


やはり住吉には中川會というコトのようです




行こうと思ってた中華料理屋さんが閉店したと思ったら

IMG_6872


店名が変わって居抜きでオープンしたので行ってみました

IMG_6871


ハコが大きいせいかカウンターがないので行ってなかったのですが

IMG_6878


テーブルしかない割には来るわ来るわの一人客

IMG_6876


そして誰ひとりとしてメシを食いに来ていないという呑み中華

IMG_6879


お客さんと店員さんのやり取りを見る限り新規オープンというよりは

IMG_6884


経営が変わって中身はそのまま的な感じのようです

IMG_6886


となれば前の店でコレだけのために通ってたという人がいるきくらげ炒め

IMG_6881


こいつを頼まない手はありません

IMG_6882


全般的に味付けが甘めですがどれもが十分にツマミとしてのポテンシャルあり

IMG_6888


焼きそばも麺よりも具の方が多いぐらいのツマミ仕様

IMG_6889


どれも量が多いので人数がいないとキビしそうではありますが

IMG_6870


南砂的呑み中華としての選択肢に加えられそうです



すっかり新興勢力にハマっているボクですが

R0016228


南砂に来てからというものお世話になったコチラも忘れていません

R0016230


食事情にキビシイ南砂町のさらに駅からも遠いトコロにありながら

R0016229


平日でも行列のできる南砂町が誇るラーメン店なので

R0016236


並ばず食べたいボクはいつだってシャッターチャンス

R0016234


ココのカレーはナカナカにスパイシーですが卓上の辛し高菜も合うので

R0016237


ホドホドにまぜまぜしながら楽しむのも良いでしょう

R0016238


今は数量ながらも冷凍のお持ち帰りも販売しているので

R0016241


遠くから来た人はお持ち帰りで他の味を楽しむのもイイでしょう

R0016227


やっぱり好きデスとうかんや




3月のオープン以来ボクのコトを魅了しているお店ですが

R0016216


女将から仕事中にLINEが入ったと思ったら

R0016217


「スパ辛が食べたい。休み中に行こう!」とか

R0016222


1回行っただけの女将まですっかり虜になったようです

R0016220


それならばと若女将も連れて行って

R0016223


一家全員スパ辛計画発動というコトになりました

R0016224


若女将もスパ酢やらナニやら入れて自分なりのカスタマイズで

R0016219


一家全員スパ辛計画は上手くいったようです(笑)

R0016225


ちょっと場所がアレなだけに心配がないと言えばウソになりますが

R0016213


是非とも砂町名物として根付いてもらいたいスパ辛なのでした



↑このページのトップヘ