楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

カテゴリ: 大田区


我が家の食事で最も食べさせてもらえない食べ物が天ぷらです

IMG_5525


油の片づけがメンドウというのが女将が言うもっともらしい理由で

IMG_5508


年末に年越しそばを作っても絶対に天ぷらだけは出来合いという徹底ぶり

IMG_5510


同じ揚げ物でも唐揚げは作るのはコレ如何にですが

IMG_5513


そんなワケでボク自身立ち食いそばの天ぷら以外そんなに食べないのが実情

IMG_5516


てんやも以前はよく行っていましたがかき揚げ丼がメニュー落ちしてから行ってません

IMG_5517


実はそれ位かき揚げLOVEなボクですから立ち食いそばのでは満足できないので

IMG_5519


かき揚げの付く上天婦羅定食を清水の舞台から飛び降りる気持ちで注文です

IMG_5514


一品一品揚げられるたびに提供される天ぷらとご飯を食べ進むタイミングが難しく

IMG_5520


天ぷら屋さんでの初ランチにとまどいを隠せませんでしたが

IMG_5521


全てのタネにおいて完璧な火入れで食材の生かし方も申し分なく

IMG_5523


ついついご飯をオカワリしてしまったのはナイショの話し

IMG_5505


今度来る機会があったらかき揚げ丼も食べてみたいなー





年内の予約はもう一杯という食べられるコト自体がプレミアムな初音鮨

RIMG0004


2部制のスタートに合わせるのが平日だと仕事上難しいと思って

RIMG0006

RIMG0007


土曜日8時の回を予約したというのに

RIMG0008

RIMG0009


大得意先のゴルフコンペがその日にブッ込まれるという非常事態

RIMG0010

RIMG0011


しかもスタート時間が9時半過ぎという遅い時間な上に

IMG_6954


開催場所の最寄りICが本庄児玉ICという超絶遠隔地!

IMG_6955

IMG_6957

IMG_6958


自宅から125km時間にして2時間半も掛かったので

IMG_6959

IMG_6960

IMG_6963


逆算すれば8時の回に間に合うためには5時にはゴルフ場を出たいところ

IMG_6961

IMG_6962


それなのに表彰式が始まったのが4時50分

IMG_6965

IMG_6966


渋滞情報を確認すれば大泉まで2時間!とか死を覚悟しながらも

IMG_6964

IMG_6968


優勝のスピーチもソコソコに済ませて車に飛び乗ったのが5時20分

IMG_6969

IMG_6972

IMG_6971


所沢まで80分の表示を見たときは終わりの始まりを予感しましたが

IMG_6973

IMG_6977


肩に注射を打ってまでゴルフに行ったボクを神は見捨てなかったのです

IMG_6980

IMG_6981


100kmオーバーを走り7時50分に駐車場に車を入れ無事に到着したボクは

IMG_6982

IMG_6984


滑り込みで4ヶ月ぶりの中治劇場をマンキツしました

IMG_6985


さて次はいつぐらいに来れるかななんて次の予約をお願いしたら

IMG_6987


最短で来年の6月とか

RIMG0003


いよいよ予約の取れない店になってしまいそうな勢いの初音だったのでした




もう蒲田生活は終わりを告げたけど乗り換えルートにあったので

IMG_1474


無駄に大きな海苔で有名なお店に入ってみました

IMG_1478


家系ラーメン以外のラーメンには海苔は要らないと思っているボクですので

IMG_1476


蒲田生活に組み込まれなかったのは至極当然のコトだったのですが

IMG_1477


ゆで時間が10分以上というバカつけ麺の麺には関心させられました

IMG_1481


所謂またおま系のつけ汁との相性については麺が強過ぎ感は否めないものの

IMG_1480


ちょっとでもオッと思えるものがあったのは収穫です

IMG_1483


このスープの感じからいくとラーメンがボクの好みっぽい感じなので

IMG_1484


また来る機会があるならラーメンを試してみたいと思います

IMG_1472


でもやっぱり海苔はいらないかなー



鮨の経験値はそれほどでもありませんが

003

005


多分言い切っちゃってもいいんじゃないかと思います

008

011


日本で一番楽しい鮨屋であると

012

013


前回来たときにすっかりハマってしまい今回は貸し切りをお願いしましたが

014

015

017


貸し切りどころか買い取りしたいぐらいの鮨屋です

018

019


ツマミがない時点で呑兵衛のボクなんかは敬遠しがちなはずなのに

020

033

031


にぎりだけで一切の不満がないどころか

034


これ以上の満足が他にあるなら教えてほしいとさえ思うレベル

036

038

043


大将から手渡しされるにぎりは他所ではちょっと味わえない

040

042


ミラクルとしか言いようがないレベルのネタ揃い

045

047

049


このウナギのにぎりなんかマジでひっくり返るくらいだったし

050

055

059


塩で食べる赤身とヅケの食べ比べなんかも楽しすぎます

061

064


見たことないような見事なウニのにぎりも最高だし

068

072

074

076


肝あえのシャリでいただくアワビのにぎりもオツなもの

066

079

081


中トロも塩とヅケの食べ比べがあるし

083

087


めったに見れないサイズの毛ガニが登場したら

091

097


カニミソあえのシャリで握ってもらったりして

102

103


カニアレルギーそっちのけで食べちゃってます(笑)

107

108


ここまで赤身、中トロと来れば大トロだってもちろん食べ比べで

113

114

116


マグロの締めくくりは例のマグロオールスターズで

119

122

123


この太巻きのためなら死んでもいいとさえ思えます

125


女将さんがセレクトする日本酒もたくさん飲んで

112

070

088

111


大将の楽しいトークと美味しい鮨を楽しむ夜

128

129


純粋に鮨だけを楽しむなら他にもいい店はあるかも知れませんが

037


客を楽しませるという点においては最高の店だと思います

002


次の予約が9月というのも納得なのでした




いよいよ残り少なくなった蒲田ライフをマンキツしようと思ったら

006


満員で待ちそうだったのでスグ裏にある気になっていたコチラへ

008


味噌ラーメン店出身のうどん屋さんというのも珍しいじゃないですか

007


けっこう暑い日だったので普通のでなくつけ麺をチョイス

011


超ドロドロのつけ汁をまとったガチムチ食感のうどんは紙エプロン必須の暴れん坊

010


ボクには辛味もちょうど良く思ってた以上に好みの味

014


炒めた玉ねぎと牛肉の薄切りが具として麺に絡みつき夢中で啜っていました

015


割スープも装備してますがランチサービスの小ライスでメシ割もよさげです

005


残り少ないのに行きたい店が増えて困っちゃう蒲田ライフなのでした




酔っ払いにとってこの看板はある意味誘蛾灯のようなもの

131


大体イイ感じで酔ってるんだから帰ればイイのに帰れない習性のボクたちは

133


食後だというのに無駄にカロリー摂取に挑みます

134


前回はイロイロ頼んでた割に記憶ゼロでしたが今回は覚えています

136


4人がかりでこれっぽっちの餃子を食べきれなかったコトを(笑)

137


記憶がなかったり記憶があっても食べなかったりしてますが

132


多分また来て同じようなコトをやるのでしょうね


残り少ない蒲田ライフをマンキツするには避けて通れないのがとんかつ

002


鈴文ではマンゾクできず檍は一度行ったけどの方が好きだったし

003


丸一に行ってみれば先の見えない大行列となれば

005


とんかつ専門店でなくったって林SPF使用の店があるじゃないかというコトで

007


奮発してのごくじょうロースでございます

006


隣りでおばちゃんがビール片手にカレー食ってたりするユルユル空間は

009


並んでる人を気にして急いで食べるコトもないし

010


てか何よりも並ばずにこの値段でこのとんかつが食べられるなんて

011


蒲田の良心とも言うべきお店との出会い

001


残りの蒲田ライフで何度か来なきゃいけないお店のようです



残り少ない蒲田ライフをどうやってマンキツしようかと思ったら

005


限定を食べないはずのボクが限定を食べに行くというコトになりました

011


つけ汁の方に納豆が入ってるとばかり思っていましたが

010


思いもよらぬ納豆まぜそばの風情が登場

014


こうなると思いっきりかき混ぜて食べるしかないのであります

015


前回来たときにも思いましたが何を食べても間違いなし

016


そして納豆とカレーの相性も間違いなしというコトで

018


こんなコトやあんなコトを楽しんだと思ったら

019


スープ割りを頼んだら温め直してくれた上に岩海苔が入ってくるなんて

021


限定にするのがもったいないと言うか毎日食べたいレベル

006


カレーまで食べちゃうので太るのが心配ですけどね(笑)


これまで縁のなかった蒲田に来るようになって一番来たかったお店なのに

BlogPaint


一回来たっきりであっちこっちのお店に行ったのは紛れもない事実

006


蒲田に来始めた当初は月曜日が休みだったこの店も今や

011


月曜日はつけめん暁として営業するようになっており

008


ハッキリ言って死角なしという状況になっています

007


納豆が気になるけどデフォを食べていなかったのでデフォにしましたが

014


やっぱり死角なし

015


ランチサービスで100円のキーマカレーも秀逸だし

016


コレに油そばやら納豆やら限定があると思うと

017


毎日ココでいいじゃんか!

013


次は是非ともサディスティックヌードルの日に来たいものです

001


残り3ケ月の蒲田ライフで何回来れるかが勝負になりそうです


スキー場とか行って雪山の写真撮ると光が反射して真っ白とかありますが

002


背脂もこれぐらいの量になると雪のように反射するみたいです(笑)

003


反射はいいとして盛り付けの美しさとは対極にあるビジュアル

008


コレを見て美味そうだなんて思ったソコのあなた

013


ボク同様デブまっしぐらなので注意が必要です

007


強烈な背脂の量に負けないニボニボ感に極太麺

009


岩のりの風味と相まってボクを惹きつけてやみません

010


コレで大油ですから鬼油にしたらどうなっちゃうのか心配ですが

014


そんなコトよりも自分の体重を心配した方が良さそうです


↑このページのトップヘ