R0016291


本店とココを合わせると片手に余るほどお誘いいただいたSATOなブリアンですが

R0016295


我々にとっては予約が取れないプラチナシートならぬプラチナミート

R0016292


いつもは一人で来ていましたがサスガに家族からのブーイングを受けまして

R0016296


阿佐ヶ谷の女王にお伺いを立てたところ任せなさいと3席用意してくれました

R0016302


今年最後のSATOなブリアンをファミリーでブリしちゃおうという贅沢ランチです

R0016303


せっかくの機会なのにカメラを会社に忘れて予備のカメラを持って来ましたが

R0016311


ラーメンスープにダイブした経験を持つカメラだけあってなかなかのボケっぷり

R0016312


焼く前と焼いた後に写真を撮っても使える写真があまりにも少ないというコトで

R0016315


最高の肉の最高に美味しそうな姿を伝えきれていないのが残念です

R0016317


写真はアレですが人生初のSATOブリアンを味わったうちの家族たちは言葉も失い

R0016319


普段は小食を気取っているくせにバクバクと食べ続けます

BlogPaint


小食の二人からあわよくば肉が回ってくるかもと思っていたボクには大誤算

R0016322


最大のターゲットだったごはん物まで余裕で食べちゃってます

R0016328


箸休めのトマトでまったりとお腹いっぱいになっちゃえばアレが3人分食べられるかも!

R0016331


そんな期待も木っ端みじん

R0016337


美味しい物の前では小食とかいう人の胃袋さえ無力なのです

R0016340


後で苦しむコトになろうとも食べ続ける自称小食の二人に半ば唖然としながら

R0016345


これほどまでに人々を魅了する焼肉屋さんが他にあるだろうかと考えましたが

R0016350


そんなコト考えるより他にやるコトがありました

R0016290


女王!来年もお願いしまーす