未だに烏龍茶の出ないボクですのでそろそろ認知してもらうべく


002



この店で最もお客さんの少ないであろう土曜日の夜に突入です


005



土曜日の夜に神田にいるというコトは社畜生活中なので


004



お供は当然入社3年目なのにボクを差し置いて烏龍茶の部下です


008



狙い通りってか全然お客さんのいない店内にビックリしつつも


009



ヒマだからかやたらとフレンドリーに話しかける店員さんに


019



なぜボクに烏龍茶を出さないのかと意見してやりました


014



大食いの部下はバカみたいに食べるから印象に残っているらしく


013



普通に食べてるボクなんか忙しいランチタイムには認識されていなかった様子


020



今度から烏龍茶出しますので声掛けて下さいなんて言われて


016



当初の目標はクリアしたワケなんですが


023



ちょっとメシ食うつもりがすっかり呑んじゃったので支払いが


022



というワケで同じく社畜生活していたグループ会社のT部長に電話して


011



昨日オタクの部下に酒おごったから金払いに来てと言ったら


025



ウーロンハイ3杯で1万円払ってくれました(笑)


001



烏龍茶ゲットで財布にも優しい最高の夜でした