ギロッポン肉戦争!


008



2月になってニューヨークの有名なステーキハウスが来て


010



鼠先輩が心配するほど熱いギロッポンのステーキ戦争が勃発


015



赤身のステーキがガッツリ食いたい!


019



というコトで話題のウルフギャングの予約を試みるも


021



誰もが考えるコトは同じのようで予約が取れなくて


023



すかさずコチラの店の予約を取った次第デス


024



ココはポーターハウスステークスが閉店した後


026



ギロッポンの赤身事情を支え続けてきたステーキハウス


029



だから本気で1kgのポーターハウスステーキを注文しましたよ


038



やっぱり1kgあるステーキとか頼んだら


035



ドーン!!って感じの写真撮りたいのに


034



右がフィレで左がサーロインでございますだなんて切ったの出された日にゃ


042



写真を撮る楽しみが半減したでございますわよ


039



とは言いつつもさすがUSプライムステーキですわな


046



ボクの赤身ガッツリ要求を存分に満たしてくれました


049



まあ霜降りとかもイイけど赤身の方が肉食った感じするよね


013



もうチョイ安いと助かるけど支払い時の気分はすっかりヒルズ族


004



たまにはこういうゼイタクもイイですよね