楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

2017年05月


IMG_7090


一体どこに15台分があるのか分かりませんでしたが

IMG_7073


店頭に停められたので無事に入店できました

IMG_7075


用もなければ通らない場所に来たのは生姜に惹かれてでしたが

IMG_7078


ファーストタッチはほとんど生姜を感じず肩透かし

IMG_7080


お店のアナウンス通りに味変を楽しもうと思いましたが具少ないし

IMG_7077


もういいや!と全部をまぜまぜしてチャーシューを広げてビックリ

IMG_7084


どんぶり一面に広がるチャーシューに思わずにんまり

IMG_7083


そして口内に広がる生姜フレーバーに再度にんまり

IMG_7087


ダシの効いた味玉に三度目のにんまりで結果的に大マンゾクなのでした

IMG_7072


近くに来るコトがあったら是非ともまた再訪したいです




以前のボクなら地方へ行くときは真っ先にラーメン店を探していましたが

IMG_6914


いつの間にか真っ先に鮨の店を探す人間になっていました

IMG_6916


地方を探すとなれば某〇〇ログに頼らざるを得ない現代ネット社会

IMG_6920


宮崎県で検索すればジャンルの壁を越えて堂々の宮崎県総合1位

IMG_6918


そんな鮨屋さんを見つけたら行かずにはいられないのです

IMG_6922

IMG_6921



「まずはご挨拶の一貫です」なんてワインと一緒に出された金目鯛

IMG_6923


口の中に広がる何とも言えないマリアージュはこの後を期待させてくれます

IMG_6924


せっかくの九州なので焼酎を頼んだらお店の人が

IMG_6925


宮崎県の焼酎はアルコール度数が20度とプチ宮崎トリビアを教えてくれたりします

IMG_6927

IMG_6928


さて宮崎ナンバーワンのお鮨屋さん

IMG_6932

IMG_6933


ハコが大きいので店員さんは多いけど機能していない部分も感じられ

IMG_6935


一抹の不安を感じさせられますが大将の動きはナカナカいい感じで一安心

IMG_6936

IMG_6938


いよいよにぎりタイムに突入なのでジャパンをチェンジして臨戦態勢を整えます

IMG_6940


にぎりを皿に置いて手を引くしぐさがとてもカッコいい大将

IMG_6941

IMG_6942

IMG_6943


やや小ぶりなにぎりはイイ仕事がしてあります

IMG_6945

IMG_6946

IMG_6948


食べていてシャリがほんのり甘いのに気付きましたが何だか分かりません

IMG_6950

IMG_6952

IMG_6953


聞けばなんとシャリを炊く水にカボチャのエキスだかが入っていて甘いそうで

IMG_6955

IMG_6958


そんなイロイロな工夫もあって宮崎ナンバーワンにのし上がったのでしょう

IMG_6961

IMG_6962

IMG_6957


デザートに出てきた大人のプリンとやらにも仕掛けがあり

IMG_6959

IMG_6964


最後の最後まで楽しませてもらいました

IMG_6913


宮崎でのイイ食の思い出ができました!




江東区からいなくなったと思ってた麺屋中川會が住吉に復活

IMG_7058


11:00オープンだとばかり思っていたボクを迎えたのは

IMG_7056


備準中という看板でした(笑)

IMG_7060


濃厚なつけ麺がウリの中川會が新メニューを引っさげての凱旋というコトで

IMG_7062


もちろん新メニューの醤油そばを特製でいただきました

IMG_7065


前回いただいた濃厚なヤーツに比べると真逆な感じですが

IMG_7066


ひとくち目から鶏以上に強烈なホンビノス貝炸裂スープに

IMG_7063


味変用にレアチャーシューに乗っけられたフォアグラソースとやら

IMG_7064


フォアグラといえば千葉から来た変態とか巣鴨のミシュラニストあたりがアレですが

IMG_7067


清湯と思わせておいて濃いーのからの濃いーのに味変なので

IMG_7068


オジサン的にはもう少し味を薄目でやってもらえるとスゴク助かります

IMG_7070


とはいえボクの後にも並びが続々でこの味も地元に受け入れられている様子で

BlogPaint


やはり住吉には中川會というコトのようです




IMG_0207


とうとう憧れのダンロップフェニックス開催のコースへやって来ました

IMG_0178


前日に比べれば広いですが左右には松林が広がり不安が隠せないスタート

IMG_0182


まあホドホドにホドホドのスコアで前半戦を終了

IMG_0188


ホテルのバイキングで朝ごはんを食べ過ぎたせいか

IMG_0189


あまり食欲がないので焼うどんをみんなでシェアとか

IMG_0191


ツマミにしてはやたらと多い唐揚げとかで十分すぎて

IMG_0192


人気メニューとかいう宮崎牛の牛丼には手が出ない状況で

IMG_0195


なんとなくお腹を満たしたら後半戦のスタートです

IMG_0199


ボクあたりが言うのもなんですが曲がりさえしなければ何とかスコアになりそうな

IMG_0202


そんな気がするコースでスコアの出ない右曲がりのダンディ

IMG_0208


リベンジを誓いながら今回の格安ツアーの成功を祝ったのでした

IMG_0206


やっぱりサスガとしか言いようがないわフェニックスカントリー




オープン当初よりそのビジュアルに惹かれて行こう行こうと思っていても

IMG_6981


なかなか足が向かないのがボクにとっての新店というモノでありまして

IMG_6983


行った人たちの評判もイイので夏本番を迎える前にと行ってきました

IMG_6987


元々とんこつは苦手ジャンルと言ってきたボクですが最近はだいぶ耐性が付いて

IMG_6986


この程度のにおいであればなんてコトなくなりましたが

IMG_6985


元々がそうなのかたまたまこの時がそうなのか分かりませんが

IMG_6988


かなりショッパめだと思います

IMG_6990


イロイロな数値が気になる年頃ですし体重を気にするとライスも追加できないし

IMG_6991


味玉だけがボクの救いだったのは言うまでもありません

BlogPaint


もう少し塩分控えめならばかなりイイと思いました




先月宮崎へゴルフ旅行に行った友人が

IMG_0138


「宮崎サイコーです!今まで行ったドコよりもサイコーです!」だなんて言うもんだから

IMG_0142


それほど言うなら行ってみようじゃないかと有給取って格安ツアーで行ってきました

IMG_0144


お昼からのスループレーというコトでスタート前に喉を潤して

IMG_0145


宮崎ゴルフデビューとなりました

IMG_0149


当たり前ですが東京より暑いので半袖で南国気分です

IMG_0153


ツアーも格安ならプレーレベルも格安なボクたちですから

IMG_0154


クソ狭いコースにやっつけられてスゴスゴとホテルへ行きましたが

BlogPaint


ナニココΣ(゚д゚lll)

IMG_0159


東京宮崎の往復にゴルフ2プレーで64400円のツアーなのに

IMG_0163


デラックスタイプのツインをシングルユースとか、、、

IMG_0161


ハッピータイムのメガモヒート1080円とか、、、

IMG_0169


こりゃナカナカに良いツアーになりそうです




IMG_4973


ゴールデンウイークを過ぎたあたりから急に暑くなって

IMG_4963


ラーメンを食べるのにタオルが必要な時期になってきました

IMG_4965


この時期の店はエアコン入れずに表のドアを開けて風を入れるとか多いし

IMG_4968


超暑がりなボクとしては涼しいところで冷たいサッパリしたのが食べたくて

IMG_4967


吉祥寺辺りでそんなのあるかと思いきや探せばあるもんですね

IMG_4964


ナニやら名店を何軒も輩出している中華料理界の重鎮のお店だそうで

IMG_4966


冷たくて酸っぱいスープの麺は本格中華らしいサスガの味わいで

IMG_4969


禁断のスープ全飲みをしてしまったのはナイショの話し

IMG_4960


夏だけでなくイロイロと食べたいメニュー目白押しのお店でした




IMG_6893


格安ツアーなんかで旅行に行くと次の予定への接続が中途半端で

IMG_6897


なんか食べようにもドコのお店も開いておらず仕方なくコンビニごはんとか

IMG_6899


今回のツアーも宮崎着が9:40でゴルフのスタートが12:00

IMG_6903


大体の飲食店が早くて11:00辺りがオープン時間ですから

IMG_6904


狙ったお店に行っていてはプレー時間に間に合わないのです

IMG_6901


そんなあなたにオススメしたいのが朝ラーなのです

IMG_6909


某〇〇ログでは宮崎県ナンバーワンのお店が朝からやってるなんて

IMG_6908


こんなにうれしいコトはない!

IMG_6907


ホントはこってりが食べたかったけど朝ラータイムはあっさりのみ

IMG_6905


それでも難民になりかけたボクの胃袋に染み渡るとんこつスープ

IMG_6910


旅に出かけるときはこういうお店を一軒は調べておいて間違いないです

IMG_6891


これで旅の成功は約束されたようなモノですから




行こうと思ってた中華料理屋さんが閉店したと思ったら

IMG_6872


店名が変わって居抜きでオープンしたので行ってみました

IMG_6871


ハコが大きいせいかカウンターがないので行ってなかったのですが

IMG_6878


テーブルしかない割には来るわ来るわの一人客

IMG_6876


そして誰ひとりとしてメシを食いに来ていないという呑み中華

IMG_6879


お客さんと店員さんのやり取りを見る限り新規オープンというよりは

IMG_6884


経営が変わって中身はそのまま的な感じのようです

IMG_6886


となれば前の店でコレだけのために通ってたという人がいるきくらげ炒め

IMG_6881


こいつを頼まない手はありません

IMG_6882


全般的に味付けが甘めですがどれもが十分にツマミとしてのポテンシャルあり

IMG_6888


焼きそばも麺よりも具の方が多いぐらいのツマミ仕様

IMG_6889


どれも量が多いので人数がいないとキビしそうではありますが

IMG_6870


南砂的呑み中華としての選択肢に加えられそうです



IMG_6853


某〇〇ログにて日本の焼肉店で日本一に輝いたコトもあり

IMG_6816


現時点においても支店が日本一で本店が三本指の焼肉店

IMG_6820


そりゃあ行ってみたいと思いますよね

IMG_6821


ところがどっこいそれだけの人気店というコトは当然予約困難店なのです

IMG_6823


そういう店に行くなら常連の人と仲良くなるのがイチバンの近道

IMG_6824

IMG_6825

IMG_6826


自分では叶わないSATOブリアンへの道が拓けるのです

IMG_6827


焼肉店では自分で焼くのが当たり前ですがコチラのお店は

IMG_6828

IMG_6829

IMG_6830


焼いてくれる系♡

IMG_6834

IMG_6835

IMG_6836


いくら美味しい肉でも下手な人が焼けばタダの焼肉

IMG_6838

IMG_6840

IMG_6842


匠の技で焼いて初めて美味しい焼肉へと昇華するのです

IMG_6843


そんなコチラの名物である玉子を絡めたお肉を乗っけて食べるすきめし

IMG_6847

IMG_6851

IMG_6852


まずはココで一回悶え死にます

IMG_6854

IMG_6856

IMG_6857


ココらで一回現世へと引き戻されたかと思いきや

IMG_6860

IMG_6864


ウニを乗っけたブリめしでもう一度悶え死ぬコトになるのです

IMG_6867

IMG_6868


そんなサスガとしか言いようのない未知の焼肉ワールドを知りたかったら

IMG_6869


予約が取れる常連の人を探しましょう

IMG_6814


ココで食べるため我々にできるコトはそれしかないようです



↑このページのトップヘ