楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

2017年03月


相も変わらず大行列の続く東京ラーメンストリートの六厘舎ですが

IMG_6283


創業の地である大崎に来れば楽勝で食べられちゃうからアラ不思議

IMG_6291


今日も並ばずスイスイのスイなボクなのです

IMG_6287


他の店舗ではあるのか分かりませんが中華そばがあったので頼みましたが

IMG_6285


つけめんほどでないにしてもソコはやっぱり六厘舎

IMG_6290


中年のオジサンにはやっぱり濃いようで二日酔いの胃に響きます

IMG_6293


卓上に割スープが置いてあるのでソレを活用して乗り切りましたが

IMG_6294


ラーメン食べて歳を感じるなんて切なさでお腹いっぱいです

IMG_6295


二日酔いのときの濃厚系は控えるようにしようと思いました




最近のラーメン事情についていけていないボクですから

IMG_6269


会社近辺の神田ですら新しい情報を求めて某〇〇ログで検索したりして

IMG_6271


そうしたら必ず上位に出てくるのがコチラのお店だったりするのです

IMG_6275


前回来たのが実に2年程前とかなりのゴブサタになりますが

IMG_6274


そうこうしている内に貝のラーメンなんか出してたようなのでソチラを注文

IMG_6273


鮮魚を謳う店なので貝もさぞかしフレッシュな感じでって思いきや

IMG_6278


フレッシュな貝など牡蠣以外食べたコトないじゃんというコトになりました

IMG_6276


さすがに魚ほどのフレッシュさはないですが貝出汁が効いたスープはナカナカで

IMG_6279


ナニゲに卓上の山椒なんか振ってみるとイイ感じになったりしますし

IMG_6280


以前来ていた頃に比べると混雑加減も程よくランチタイムも安心だし

IMG_6281


会社近くの定点観測店として重宝しそうです




R0016031


入院しているあいだ普段は朝以外あまり会わない娘が

R0016032

R0016033

R0016036


何を企んでか毎日お見舞いに来てくれて

R0016037

R0016038


父親としてすごくうれしかったのですが

R0016039


すしの日生まれのすしの申し子なのに全然食べに行ってないだとか

R0016040

R0016041


当然そんなコトを愚痴りに来たワケじゃないでしょうが

R0016042

R0016043

R0016045


連日の病院食でうまいもの食いたい欲がMAXになったいたボクですから

R0016046

R0016048

R0016050


じゃあ退院したら鮨食いに行こうかというコトになりました(支払いはボク)

R0016052


今どきのお鮨屋さんってなかなか予約が取れないとかあって

R0016053

R0016054

R0016055


思い立ったときに食べに行けなかったりしますが

R0016058

R0016059

R0016061


ココならイロイロと融通してくれるので安心なのです

R0016062


あまり某〇〇ログとかには登場しない店ですが

R0016063

R0016066

R0016068


ナニゲに知ってる人の少ない匠系だったりするし

R0016070

R0016072

R0016073


今やセレブの街になりつつある月島にありながら値段もリーズナブル

R0016075


そしてボクの愛してやまない茶碗蒸しがあったりするので

R0016077


今年もイロイロとお世話になりそうです

R0016030


旨いメシチャージしたのでコレで仕事復帰は万全です




不健康極まりない生活を送っているボクですが

image


実は入院などしたコトもなく突然入院手術になってドキドキわくわく

R0015997


仕事柄電話での仕事が多いので個室をリクエストしたところ

R0015994


1日38,550円

R0016007


専用番号のある個室電話があるってのは値段を考えれば当然ですし

R0015995


シャワー・トイレ付ってだけでこの値段なんてプチセレブ気分です

BlogPaint


そんな部屋ですから産婦人科みたいな食事を期待していたら

R0015998


ハッキリ言ってしびれましたし躾のいいボクでも残しました

R0016005


食事制限のない患者のボクでもこんなのが出るのは想定外だし

R0016010


夜ごはんも想像を絶するさびしさ

R0016015


こんなんじゃ手術に耐えられる体力付かないじゃんと思った翌朝

R0016017


とどめを刺されました

R0016019


こりゃ入院して痩せる人が多いワケだなんて思いながら

R0016008


白衣の天使との剃毛プレーや坐薬プレーなども楽しんだボクでしたが

R0016029


やっぱり健康が一番だなと強く感じた入院生活だったのでした





その昔ラーメン本もなく週刊現代のラーメン特集が情報源だったり

IMG_6255


そんな時代にこの系統のルーツである満来の旧店舗に行って食べたのが

IMG_6259


ビックリするようなボリュームのチャーシューが乗ったラーメンだったのです

IMG_6257


そのとき食べたチャーシューは大きさこそすごかったけど意外とアレで

IMG_6262


それ以来ラーメンでなくざるの方を頼むようになったのです

IMG_6261


しかしながら寒かったこの日はどうしてもラーメンでチャーシュー気分だったので

IMG_6260


ココの店なら大丈夫だろうと頼んでみたらビンゴ

IMG_6263


これだけの肉塊ながら柔らかく煮られていてナカナカな仕上がり

IMG_6265


厚みは2cmは超えると思われるチャーシューがスルッと入っていきます

IMG_6266


精力的に作られる月替わり限定も美味しそうなのも多くて

IMG_6268


やっぱり神田で一番通う店に変わりはなさそうです




神田のゆで太郎が閉店して跡地に何ができるかと期待していたら

IMG_6254


なんで福井県推しなのか分からない居酒屋ができていて

IMG_6243


福井県名物?とかいうソースカツ丼をランチで出していたので

IMG_6248


ソースカツ丼食べたコトないので食べに行ってきました

IMG_6249


揚げ物をソースにくぐらせる時点でオジサンには大敵な食べ物ですが

IMG_6251


味が濃いのでライスが異常に進んでしまってカロリアスこの上なし

IMG_6250


こうなるとゴマドレッシングのかかったサラダでさえ一服の清涼剤となり

IMG_6245


味の薄い味噌汁でさえ心のよりどころとなるのです

IMG_6247


夜も働いていると思われるBBA軍団のミョーに明るい接客に戸惑いながら

IMG_6252


なんとか食べきったはイイけどお腹パンパンでした

IMG_6239


他のお客さんが頼んだのを見るとねぎトロ丼のほうが正解っぽい感じで

IMG_6238


中年にはソースカツ丼が向かないコトがよく分かりました





新宿ほどでないにしても弟子のを追い落とすかの出店攻勢

IMG_6063


どちらも生き残ってくれれば新宿よりも新橋なボクは全然構いませんが

IMG_6065


それよりも納豆らぁめんがメニュー落ちしているほうが気になります

IMG_6067


意識的に空けられた中心部に生卵のトッピングが良さげですが

IMG_6071


それすらも叶わないのが残念で仕方ありません

IMG_6066


デフォで950円もするせいかランチタイムでもそれほど混まないのはイイですが

IMG_6070


やっぱり生卵or納豆の不在は大きすぎる気がするのはボクだけでないはず

IMG_6073


それで千円オーバーになろうと構わないので是非とも置いていただきたい

IMG_6068


それ以外に言うコトがないだけにもったいなくてなりません

IMG_6062


ホントに言いたいコトはそれだけなのです




IMG_6144


ちょいちょい銀座の夜を徘徊しているボクですが

IMG_6142


サスガと言うべきかやっぱりと言うべきか銀座という街は

IMG_6146


夜中でも美味しいものが食べられる店がワンサカ

IMG_6148


ココもその一つで岐阜の名懐石店で修行された方が作る創作家庭料理が

IMG_6154

IMG_6156


一軒引っかけた後でも楽しめてしまうのです

IMG_6158


「レバニラです」なんて出されたものはボク達の知らないレバニラだし

IMG_6151

IMG_6153


すっぽんのパイ包みスープなんてのも出てきます

IMG_6159


いちいちメニューを書き記していないのでナニがなんだかうろ覚えですが

IMG_6161


コレが肉じゃがだなんてドコの誰が見ても分からないメニューぞろいの創作っぷり

IMG_6164

IMG_6166


チキンカツも使っている鶏がハンパないので味もハンパないし

IMG_6168

IMG_6170


〆のごはんまで充実したコースでした

IMG_6171

IMG_6173


22時以降はアラカルトで呑めるのでソチラも気になります

image


実にまったりとくつろげるイイお店でした




いつまでもあると思うな親と金なんて言いますが

IMG_6192


両サイドの建物が取り壊され移転の話しなんかをチラホラ聞いていると

IMG_6193


いつまでもあると思うな大喜だなんて思ってしまうのです

IMG_6194


そんな不安を掻き立てられて未食の納豆中華そばを急いで食べに来ました

IMG_6200


満来系以外で納豆を食べるのはそれほど多くないですが

IMG_6201


さすが大喜といった仕上がりで全く隙が見当たらないラーメン

IMG_6197


穴あきレンゲが装備されていないのが唯一の欠点かもしれませんが

IMG_6199


そんな欠点もランチタイム50円の日本人の心がしっかりと受け止め

IMG_6203


最高のランチタイムセットだと思いました

IMG_6191


移転先分かんないけど遠くに行かないコトを祈るだけです




四ツ谷の三谷といえば予約が取れない鮨店の代表格みたいな店ですが

IMG_6078


その予約が取れない店が支店を出してソコなら行けるかもなんて思ってたら

IMG_6081

IMG_6082

IMG_6083


行けちゃいました♡ テル君AZMS

IMG_6085

IMG_6088

IMG_6087


ココは料理に合わせてお酒をペアリングしてくれるというお店で

IMG_6089

IMG_6092


まさか赤ワイン!?なんてのも普通に出てきます

IMG_6097

IMG_6094

IMG_6096


お酒が飲めない人が行ったらどんな感じになるのか知りませんが

IMG_6101

IMG_6102

IMG_6100


酒好きの人が行ったならこれだけの種類の酒がオートマチックに出てくるなんて

IMG_6106

IMG_6103

IMG_6104


楽園に来たとしか思えません

IMG_6111

IMG_6109


飲み物を白ワインに変えたらにぎりタイムのスタートです

IMG_6112

IMG_6113

IMG_6114


にぎりは全て手渡しという初音鮨スタイル

IMG_6115

IMG_6116


写真を撮る間待ってもらうのも悪いので置いてもらい撮影(笑)

IMG_6117

IMG_6118


次々と繰り出される絶品鮨にぴったりマッチするお酒たち

IMG_6120


こりゃあスゴイとこ来ちゃったぞ!

IMG_6121

IMG_6122


こんなにお酒呑んだら酔っぱらっちゃいそうですが

IMG_6124

IMG_6123

IMG_6126


鮨にトークに既に酔わされてしまっているようで

IMG_6128

IMG_6129

IMG_6130


もうおじさんメロメロです

IMG_6132

IMG_6134


けっこうイロイロな鮨屋に行ったつもりでいましたが世界は広い

IMG_6136

IMG_6137

IMG_6139


こんなの味わっちゃったらまた来るしかボクに手立てはありません

IMG_6140


こんなお店との新しい出会いに興奮を隠せません

IMG_6075


機会があるなら是非とも行ったほうがいいお店です



↑このページのトップヘ