楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

2015年10月


南砂町に引っ越して来てから地元ラーメンライフはとうかんや一色ですが

IMG_5814


日曜日となるとドコへ行っていいか分からず

IMG_5820


バスに揺られて亀戸辺りまで来たりするのです

IMG_5823


仕事で来るコトもなければ買い物に来るコトもない亀戸ですので

IMG_5828


ちょいと某〇〇ログのお世話になって検索してみました

IMG_5827


亀戸駅 ラーメンで検索してみればランキング1位

IMG_5825


知りもしない人の評価なんてどうでもいいですが一つの基準になるのも確か

IMG_5829


知らない味との出会いを求めてやって来たワケですが

IMG_5833


昼メシというよりは呑んだ後の〆ラーメンにぴったりな感じの優しさで

IMG_5830


味変用に出されるガラムマサラにラー油はちょっとやり過ぎてて

IMG_5834


ランキングに踊らされてしまった感の日曜日昼下がり

IMG_5812


まだまだ日曜日の迷走は続きそうです


使ない

025


とても安心で安全なお店を秋葉原の路地裏に見つけました

031


もちろん安心安全なだけではありません

030


写真だと少なく見える半炒飯も器が茶碗なのでタップリと入ってるし

034


自慢の無添加自家製玉子麺もプリプリとなかなかの好食感

036


店内のPOPによると国産豚の自家製焼豚も2枚入りだし

037


ほんのり生姜の効いたスープもいいじゃない

033


作り置きでないチャーハンまで付いたこのセットで750円とか

038


秋葉原の良心とでも呼ぶべきレベルのお店だと思います

035


テーブル席しかないから相席必至なので撮影とかアレですが

024


わざわざ感はなくてもリピート確実なお店でした


野菜を食べたくなったら迷わずちゃんぽん

004


野菜炒めだと油を使っているしライス食べすぎちゃうし

009


二郎系のラーメンだとヤサイ無料だけどカロリー気になるし

011


その点ちゃんぽんだと野菜以外にもイカやエビとか魚介類も入ってて

007


勘違いなのは分かっているけどヘルシーな気がして

013


具大盛とかの量を食べても罪悪感ゼロ

014


そんなちゃんぽんを待たずにいただけるコチラ

016


駅直結なので大変重宝しております(特に雨の日ね)



雨ニモマケズ

二日酔ヒニモマケズ

サウイフモノニ

ワタシハナリタイ

018


やあ

おれマコト

みんな元気だったかい

019


いつもはラーメンの話しばかりだけど

今日は珍しくブクロで飲み会なんだ

020


ここはおれの大好きなやきとんひなたが出した店で

ずっと気になっていた店なんだ

022


すげえ人気みたいで予約必須なんだって

ここらじゃ顔のおれだけど予約の電話は忘れなかったよ

031


この日はちょっとした密談モードだったんで

小上がりをお願いしていたんだ

034


それなのに店に着いたら手配違いでカウンターだとさ

店長が謝るより予約の電話受けたやつが謝らないとな

038


そういうのって子供がケンカした後で

親があやまってるのに子供が後ろで舌出してる

そんな感じがしていやなんだ

029


そこらへん大人として覚えておいた方がいいぜ

まあ一品サービスしてもらったから上機嫌だけどな

040


それにしてもずい分と品数が出てくるけど

これで4800円のコースだなんて信じられるかい

046


料理も美味いんでついつい酒が進むんだ

おれらしくもなく日本酒なんて手を出しちゃったよ

043


これ以上つまんでると帰れなくなりそうだな

そんな気がしていたらびっくりなのが出てきたよ

050


一体全体何なんだ

おれ達のために土鍋でごはん炊いてるなんて

051


こんなに食べられる訳ないじゃないか

なんて思っていたら残りはおにぎりにして土産だなんて

054


あまりにもサービスが良すぎるじゃないか

まさかここまでとは思わなかったよ

055


そしてイチローズモルトまで置いてるなんて

サービスだけじゃなく品ぞろえも最高だな

057


デザートも少しずつを二皿で出すなんて

お得感をくすぐるじゃないか

059


飲みすぎたんでそろそろ帰らないとな

これからの時期はふぐを楽しめるらしいし

017


また行かなきゃいけない店が増えちまったよ

やっぱりブクロサイコー!



渋谷時代はちょいちょい通っていたすずらんですが移転して早一年

006


ようやくの訪問となりました

009


昼過ぎに訪れたせいかちょうど満席程度の混み具合で

011


渋谷時代は行列覚悟だったので並びたくないボクにとってはありがたいです

013


恵比寿というハイソな街でも最安値950円という価格がアレなのかも知れませんが

008


それを払ってでも食べたいボクにはむしろ好都合だったりするのです

012


相変わらず創作麺や冷やしもやっていたりしますがボクの後に来たお客さん

010


限定3000円冷やし1950円と聞いて中華麺セット頼んでたのが印象的(笑)

015


値段はともかくボクはすずらんらしい一杯が頂けて大マンゾクでした

003


替玉1玉無料とかセットもあるので給料日後のランチにオススメです



普段は行列の店が通りかかったとき空いていたら?

016


行く気もなかったのに入ってしまったりするのがラーメンに毒された者の性です

017


何度か来てはいますが正直言ってラーメンに満足した覚えがありません

020


麺がスープに合っていないと言うかアレなのも理由の一つですが

022


色だけ見ればそうでもないですがスープも結構ブレがあるように思います

019


何と言えばいいか分かりませんが濃いのに薄い

023


ボクの感想はそういうコトになります

021


チャーシューはとても気に入ってるのでコレでライス食べたいですが

025


まさかチャーシューとライスだけってワケにはいかないですからねぇ



まさかこんな場所でこんなラーメンに出会えるなんて的な

004


都内在住の人からすればそんな場所にこの店はあります

005


カウンター3席に4人掛けテーブル多数という大衆食堂的な作りの店で

008


まさかまさかのロックンロールテイスト

013


厨房一人ホール一人なのでけっして回転は良くないですが

011


ココに行く時間がある人は是非とも行った方がいいでしょう

009


ここまでミシュランの人が来るかどうか分かりませんが

015


都内のビブグルマンクラスと肩を並べるレベルにあると思います

017


まあボク自身また来れるか分からないような遠い場所ですが

007


ココならまた食べに来たいし違うメニューも食べたいしで

001


胃袋も時間も足りなくて困ってしまいますね



とうとう焼肉の最高峰に行ってきました

004


最高の焼肉に合わせる飲み物ですから当然のコト

002


庶民にはビールがせいぜいというコトになりました

006


なかはらと聞いてピンと来る人は焼肉好きな人だと思います

009


店名は変わりましたが三ノ輪にあった七輪の時代には

013


某〇〇ログ焼肉ランキング日本一とか

016


そういうワケで焼肉の最高峰と言ったのです

018


ところで焼肉屋さんのランキングって何を基準にしてるんでしょうね

021


まあ普通に考えれば肉質や味付けや接客だったりでしょうが

023


他の料理と違って自分で焼くワケなので(一部焼いてくれる系の店もあり)

025


他の料理店のランキングとは少し違う気もしたりするのです

027


そんな焼肉店ですからイイ肉を安く提供しているだけ

030


評価の高い店があったりしてもおかしくはありませんが

039


そんな焼肉界において料理としての焼肉を追及しているのがココなのです

040


何をどうすれば美味しくなるとか難しいコトは分かりませんが

043


肉の厚みや切り方や提供温度でこうまで変わるのかという驚きに満ちていて

045


ある意味焼肉の概念を変えられるお店だと思います

046


お土産まで頂いちゃってマンゾクなコトこの上ない日でしたが

049


次に行くときは是非とも悶絶コースで昇天したいと思います

BlogPaint


というワケで予約は頼んだよYMGM君



アムロいきまーす!

004


ってかビグザム3500円の完全制圧者にはなれないので

008


普通にたんめんの制圧者になろうと思います

013


たんめん専門と言うだけあって迷う程の種類がありますが

016


一番人気というとまとたんめんを頼まず選んだきんかたんめん

012


野菜がこれでもかっ!と入った熱々フルあんかけ仕様のたんめんは

010


太麺ががっちりとマッチしているピリ辛のオリジナリティあるもので

014


また違うたんめんを試しに来たくなる感じでした

005


ってか大食いの部下を連れてビグザムチャレンジも面白そうな

003


期待に違わないお店でした




最近はラーメン店よりも鮨のお店ばかり探している気がするボクです

003


そんなボクですから鮨大好きブロガーからよくお誘いを受けるのです

007

008


ココの大将は某〇〇ログで日本一に君臨し続ける名店出身とのコト

011

012


日本一の店には行ったコトないですが弥が上にも期待は高まります

015

016

018


銀座の鮨店の大将としてはビックリするほど若い大将(イケメン)ですが

020

022

023


ビッグネーム出身というコトが作用しているのかもしれませんが

021


大将の気合いと言うよりは気負いっていうのかな

024

025

026


お店の空気がピンって張りつめた感じがして

027

028

029


楽しく食事するというよりは「俺にさわると怪我するぜ」的真剣勝負みたいな

031

032


こちとらタイトルにあるように楽しく飲んで食べたいだけですので

034


ちょっとそういう雰囲気にはアレなのです

033

036


せっかく美味しいお鮨を握ってるんだからもっと肩の力を抜いて

038


ほんわかした感じのお店になればいいかなとボクは思います

BlogPaint


若い大将の今後に期待です


↑このページのトップヘ