楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

2015年07月


銀座8丁目といえば夜の蝶が飛び交うギンザオブギンザ

017


そんな夜の蝶と同伴出勤する紳士達でにぎわっているのがコチラのお店

016


函館から直送のネタをリーズナブルに頂けるというコトで大人気です

018


平日の7時頃に店を覗いてみれば見事なまでに男女比率5:5の店内

021


当然8時頃になると出勤ですので急速に空いていきます

024


よって平日の夜に行くのであれば8時過ぎがオススメですが

020


遅い時間になればアフターのお客さんで一杯になるので注意が必要です

025

026


安いものであれば一貫110円からという非銀座価格で頂ける鮨は

027

029


さすが函館の人気店という感じですが

031


夜の蝶と一緒でないボクたちはなんとなく寂しくなってウサギ狩りとか

015


結果的にリーズナブルでないいつもの銀座の夜なのでした




ちょっと前に一泊二日で2ラウンドの北海道電撃ツアーに行ってきました

image


千歳でゴルフならザ・ノースカントリー(しかもトーナメント直前ですぜ!)

022


ラーメンを食うなら味の一平と決めていました

028


ココは定休日を知らず1回臨休だか何だか知らず1回フラれた店

027


5年越しに叶った一平のラーメンに感激なんですが

025


同行者が一般の人だったので4人が4人ともみそ頼んだりして

020


ラヲタ同士なら一撃で全メニュー制覇なところを次回の楽しみ残しとか

026


何だかウレシイやら悲しいやらですが何はなくとも食べられて良かったです

030


周りのお客さんのしょうゆ率の高さに次回こそはラヲタ同行を誓いながら

018


再訪なるのか分からないながらも次こそはしょうゆなボクなのでした





伝統の味!!

003


伝統ってのは維持するのにお金が掛かるんですよねー

006


こーんな器とかホールで無駄にくっちゃべってるバイトの女の子の給料とか

007


なんて言ったって昭和57年創業の老舗ですからねー

010


伝統の味を守るのにはお金が掛かるんですよー

011


1300円オーバーでも原価ギリギリなんですよー

012


ランチタイムには漬物もタダで出してますし大盛まで無料ですしー

005


ホールに女の子いたって厨房から直接運ばないといけないんですよー

013


ってホールに二人もバイトいらなくね?

002


味はキライじゃないけど値段を考えると何だかなーって感じの伝統なのでした





休日の昼間にたまたま発見してて行ってみたいなーなんて思ってた店

011

012


地元初の鮨店に行ってみたらあまりにもアレだったのでスグに退散し

013


帰り道にあるコチラで飲み直しさせてもらいました

016


某〇〇ログのレビューによればキョンキョン似のママさんがいるとかいないとか

018


期待にズボンを膨らませて前かがみで行きましたが

015


昔はもっと細くて可愛かったのよと言われればなるほどとは思うけど

022


全然キョンキョンには似ても似つかないママさんでした

030


余計な前情報がありましたがツマミは至って正統派居酒屋で

029


寄り道するに十分値するお店でした

010


〆のラーメンなんかもあって実は使える店かもしんないね




大盛無料がキライです

002


だからって普通盛でお願いしてスープがこんなに少ないのもアレです

005


店名を冠したメニューだけあってピリ辛の肉味噌はナカナカでしたが

011


この店が昼営業だけでしかも3人体制でやっていけてるなんて

006


本郷三丁目の七不思議と言っても過言ではないと思います

009


普通盛でも量的には不満はありませんが

012


ボク以外がみんな大盛を頼んでいると損した気になるのもアレです

BlogPaint


そういうワケなので大盛無料はキライです




あまり来ない世田谷区に於いて一番に来る街三軒茶屋

002


滅多に来ないからこそ行きたい店がイロイロとあるのに

007


この店から先にある店にナカナカ行けません

009


他に行きたくてもついつい入ってしまうお店なのです

014


この日たまたま来ていた照英が帰り際に言ってたけど

012


やみつきになる味

006


醤油とも塩とも何とも言えないスープは飲めば飲むほど

015


そんな感じでハマってしまう人が多いのでしょう

017


滅多に来れない三軒茶屋でしょっちゅう行ってしまう店

005


一体いつになったら和正に行けるのか分からないぐらいです







始終ご縁がありますようになんて45円という破格の値段で頂いておいて

004


開店以来全くご縁がないという不義理な状態だったので

007


新橋で呑むという滅多にない機会にやって来ました

009


納豆がキライな人にも試してもらいたい納豆ざるですが

012


試して失敗したって責任は持ちませんので悪しからず

013


やったコトないけどつけ汁にライスをブチ込みたくなるぐらい

010


コレは納豆好きには堪らないメニューだと思います

015


呑んだ後に食べたって納豆だとヘルシーな感じがするし(気のせい)

016


なぜか大盛無料だし夜中の3時までやってるしで

018


これからはもっとご縁があるような気がしてきました




南砂町に引っ越してきてからスグに探した鮨の店ですが

033


「鮨 〇〇」と駅名を入れて検索すれば某〇〇ログでイロイロ出るはずなのに

035


普通の鮨店がほとんど現れない南砂町

037


某〇〇ログでトップで出てきた店に入ってみたら超絶アレな店だったので

044


翌日にリベンジで挿入です

054


ココはネットで検索してもナカナカ出てこない謎の店

043


ランチのにぎりが600円という破格の値段のため

046

048


もしかしたらアレな店なのかと思って入るのを控えていた店

049

051


前日に超絶アレなジョーカーを引いてしまったので

052

053


アレ以上にアレな店なんてそうそうないだろうと思い

041


地元での負けは地元で取り返さねばと思って入りました

055


ランチにぎりとかちらしを食べないのでそこら辺は関係ないですが

061


程よい値段で程よく呑んで楽しめる地元のお店発見という感じでした

058


この日は帰りにボトルを入れたのでチョイと値が張ってしまいましたが

060


家族を連れてちょくちょく来たいと思います

031


ラーメン屋さんみたいなテントにも親しみが湧くしね




お一人様限定!!

013


ツイッターだか何だかで見かけたお一人様限定のコースとやらが気になってたんだけど

008


会食がない限りは家で食事するボクには関係ないと思っていたら

006


今日は外で食べて来てくれる?と女将からLINEが入ったので仕方なく

010


お一人様限定コースを食べに来るコトになりました(あくまでも仕方なく)

014


本当は食事に鮨が付くはずのこのコースですが

011


店に着いたのが21時でシャリが切れているという残念な事態

015


ナニか別の食事を考えますのでというコトでコースは始まりました

018


カウンターに座る客がボクお一人様だけのせいなのか知らないけど

020


カウンターに立つ板さんはほとんど片付けばかりで一切の会話もなく

026


厨房から聞こえる明日の仕込みをしている人達の会話がこだまする店内

027


初めての店だしココがどういった接客するのか分からないけど

029


カウンターで向かい合って1時間もいて会話もしない店って初めて

031


つまんないヤツだったら逆に話しかけてほしくないけどココまで来ると

033


完全一人ぼっちコース!

040


お一人様をお一人様らしく呑ませる演出をお店がしていたとしたら

041


ある意味完璧な接客であったと言っていいでしょう

043


そんなロンリネスお一人様コースですがそんなに安くはないので

002


まずランチタイムに偵察してからの方がイイと思います





つけ麺よりもラーメンが好きなボクですから真夏日にはこんなのがイイのです

002


半チャーハンセットを冷しトンコツでお願いしまっす!

004


すいませんねー今日はやってないんですよー

008


冷しを求めてココまで歩き続けたボクの汗が涙に変わった瞬間でした

007


スープが少ししょっぱかったのはボクの涙のせいでしょう

010


そんなハートブレイクなボクを癒してくれたのは半チャーハン

012


半と言うには多過ぎるボリュームにスバラシイ味付け

013


ベニショもバッチリ合う合うですっかり立ち直ったボクなのです

001


次こそは冷しがありますように!


↑このページのトップヘ