楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

2014年12月


砂町銀座デビュー!!


001



砂町銀座と言えばイロイロと楽しめそうな商店街ですが


005



まず最初の食べ歩きはラーメンから始めればなりませぬ


010



いわゆる町中華的なお店にも触手が動くのは否めないけど


014



ココは気になったセットのお店に入ってみるコトにします


006



味噌に変更したので+100円と言えどもお得なAセット


008



驚くほどの味ではないけれどツマミに最適な餃子とか


011



ナニゲにお店のウリである味噌が美味しかったりするスープとか


013



期待してなかっただけにイケてる気はするんだけど


015



ちょっと課長が活躍し過ぎなんじゃないかなというのもあったり


020



とりあえずはチャーシューをどうにかすればいいんじゃないかなと


017



そんな風に思った砂町銀座デビュー戦


022



これからマスターになるべく通う砂町銀座ですが


004



埋もれた逸材がドンドン出てくるのを楽しみにしています


蒲田名物(自称)


002



最高級カレーライス(自称)


013



この店を語るなら(自称)を除いた二つのワードになると思います


006



先代はラーメンと頼むと「うちには支那そばしかねえ!」と言ったとか言わないとか


011



そんな熱いハートを受け継いでいるかどうかは別として


010



このあっさり系のスープがカレーに負けない事実というか


007



カレーを食べながら飲むと旨みが増幅されるという事実に驚愕するという


014



ありそうでないカレーと共に唯一無比なこのセット


012



蓮沼本店ほど混んでいなくてサッと食べられる蒲田西口店


001



名物かどうかは別としてオススメできます




赤坂の支店にはちょくちょく食べに行ってたんだけど


001



赤坂がなくなって二子玉川辺りは来る用もなかったので


008



ココに来るのは実に8年ぶりぐらいとなりました


004



久々に鮎のラーメンが食えるとワクワクして行ってみたら


002



コチラでは冬は味噌ならず冬はしょうがというコトのようです


011



鮎のラーメンがあれだけのモノですから当然しょうがにも期待が高まりますが


007



しょうが炸裂のスープはしょうが好きにはタマラナイでしょう


012



当然サービスのおにぎりもキッチリいただいて大満足のランチ


010



この炙りチャーシューはツマミに最高なんだろうなー


003



なんて思いもよぎりますがナカナカ来れない二子玉川


013



チャーシューで呑んで鮎で〆られたらサイコーの夜だろうなー




ラーメン店に限らず自分で調理したものを人に出していれば


017



その人の味覚や感性が現れた料理が出来上がるはずで


003



当然それを作った本人が味に責任を持っているのですが


007



ただ麺を茹でて盛りつけているだけの人の場合


009



たとえば「今日のスープちょっと違うよ」と言われても


014



いったい何が違って言われているのか分からないのです


012



何の臆面もなく和食出身だとかフレンチ出身だとかいう設定の


010



そんな店主という名の雇われ店員がいるお店で食べる場合


013



設定じゃない店主がいる店と違い言いたいコトが言えるのです


015



味のない蛤は8個入っててもうれしくない


016



ビブグルマンだし美味けりゃイイじゃんというナカの人の声も聞こえてきそうですが


001



愛のない店に納得が行かないのは仕方ないコトなのです



名店がひしめく銀座の洋食界に於いてB好きな人達が集う隠れた名店


011



それがココはと屋なのです


003



B好きな人達だけでなく有名人もチラホラと訪れるコチラで頂くのは


009



ナポリタンセットのハンバーグです


008



お味噌汁まで付いてくるこのセットのご飯の量はチョビッとだけ


006



ケチャップだけでなくデミグラスソースを使ったナポリタンはおかずにもなるので


007



ライスを別に頼んでもおかずに困るコトはないでしょうってか


010



おかずに困るどころかライスに困るのが現実です


004



是非とも別ライスをオススメします


001



コメ泥棒なおかずばかりで困ってしまうお店です




この一週間で既にココに来るのが三回目だとか


019



この場所この営業時間でこんなに来れるのは近所だから


007



ってかこんなハイペースで来ちゃって飽きたりしないんだろうかって


013



そんな心配は御無用な初のしおらーめん


012



基本的に濃い味が好きなボクにピッタリの濃いめの味付けで


011



きっと飽きるコトないんだろうなーとは思いつつの


015



この店のもう一つのキラコンであるたまごかけごはん


016



お店オリジナルの辛子高菜と合わせて食べてみたり


017



スープをかけて雑炊風に楽しんじゃったり


018



とうかんやライフを満喫しておりますが


014



常に待っているお客さんがいるぐらいの人気店なので


001



ブログに書くのが悩ましい今日この頃なのでした








年末年始の予定はコチラです

005


祝開店!!


IMG_0506



長野を中心に活躍するボンドオブハーツの新店が御徒町にできました


IMG_0508



都内に展開している3店舗ともそれぞれが魅力的な店だけに


IMG_0510



今回のお店もスッゲー期待しちゃいますね


IMG_0515



工事の関係で若干の移転でリニューアルした御徒町ラーメン横丁の中で


IMG_0516



ボクの中でイチバンの注目店がコチラになります


IMG_0514



最初っから胡椒が入ってるラーメンってあんまり好きじゃないんだけど


IMG_0512



ココのスープに関してはとても効果的ってか不思議な味わいで


IMG_0519



グイグイと引き込まれる魅惑のスープ


IMG_0517



長野のファンタジスタが作ったありそうでなかった新しい味


IMG_0507



フトラナイカラダがあれば毎日でも食べたいくらいです



その昔TVチャンピオンのラーメン王選手権予選に出た際の問題に


003



環七時代の田中商店の床の写真が出てきてココどこだ?みたいな


004



既に早押し問題で負けてたボクが分かった問題なのに


013



勝ち残っている人達が答えられなかったのが自慢です


012



そんな田中商店が展開する田中そば店に来るのはオープン以来ですが


009



実にイイ


008



ホールのおねいさんと厨房の人の私語が減れば更にヨシ


015



辛味噌のニンニクが及ぼす午後の仕事への影響はさて置いて


001



ご飯と一緒に食べたかった秋葉原の昼下がりなのでした




虎ノ門にあるから虎吉なのかトラキチだから虎吉なのか知りませんが


006



若干トラキチな感じのボクですから来てみるワケです


010



お店の推しは白味噌らーめんっぽいですが


015



初訪問と言えどソコはカレー好きなボクですから当然


012



お店のイチオシとか関係なくカレーの一択となるワケです


014



味噌カレーといえば以前ラ博で出してたのが良かった気がするので


018



それなりの味は期待していたのですが


011



良くも悪くもそれなりに味噌カレーな味でした


016



ランチタイムには小ライスがサービスされるので当然


021



こうやって楽しむのが礼儀というモノです


023



夜もナニゲに楽しめそうな裏虎ノ門ですが


005



虎ノ門で呑むコトはあまり考えられないので


002



冬は味噌気分なときに来ようと思います




けっこう好きな店だけど場所的にアレだったりして


030



あんまり来るコトがなかったこの店に2日続けて来るとか


031



お昼にしか食べられないつけ麺食べられるとか


034



近所になるって素晴らしい


037



葛西に住んでいた頃より近くにイイ店があるのに


035



呑める店じゃないのは至極残念とか


036



純粋なラーメン好きでなくなってる自分が至極残念だったりして


038



そうは言いつつも日曜日定休なのがイチバン残念だったりします


040



おそらく残り人生にて最も多く行くであろう店になったので


041



全メニュー制覇どころか何周もするコトになるのでしょうが


029



閉店時間が早いのが最大の障壁になりそうです


↑このページのトップヘ