楽しく飲んで食べましょう(タマニハシリマショウ)

主にラーメンの食べ歩き日記(嘘)です。 役に立たないブログなので流し読みでお願いします。

2014年10月


男には負けると分かっていても闘わなければならないときがある


003



男には太ると分かっていても添えなければならないときがある(ナイナイ)



007



この店に来る男性でライスを添えてない人を見たコトがないくらい


008



ほぼ100%に近い確率で担々麺にライスのはずだったのに


011



この日の相席になった5人組は担々麺以外にナニが出来るの?などと


009



オバチャンを困らせる傍若無人っぷり


012



壁に貼ってあるメニューが飾りでないコトを知った瞬間ですが


010



モヤシがないのでタンメン作れませんなんて言うぐらいなら


002



いっそ担々麺専門店にすればイイのにとも思った昼下がりなのでした



ウチの家族が好きな店である葫の暖簾分け店が葛西にオープン


003



葫っていえば強面の店員揃いで胸には鱒カキ男ってのが常識でしたが


006



コチラのお店でお客さんを出迎えてくれるのはフクロウに


008



カワイイおねいさん


012



店先のフクロウに興味を示した人に声をかけては捕まえるという


010



スーパーキャッチセールス(嘘)


011



こんなカワイイおねいさんにフレンドリーに話しかけられたら


014



普通に塩頼もうと思っててもついつい全部入りになってしまいます


015



コレはラーメン屋に於ける新たな商法かも知れませんが


005



また会いに来るコトだけは間違いありません




IEKでもなくEAKでもない家のラーメンを食べにやって来ました


004



豚骨一筋一期一会井上貢一喧嘩上等みたいなw


005



そんなラーメン屋さんです(嘘)


013



醤油以外に塩だの味噌だの和風やら辛いのまである上に


011



麺は極細麺や細麺に太麺とバリエーション豊かで


010



いったいナニを選べばイイのか分からず醤油太麺こってりなボク


008



骨粉を感じるしっかり豚骨に脂ガッツリはオジサン向けではないようですが


014



こんな所でこんなラーメンに出会えるとは!レベルかと思います


016



場所が場所だけに正に一期一会になりそうですが


002



機会があれば二度三度という感じでした




001



今さらココの店のスゴさについて書くまでもないですが


009



書かざるを得ないスゴいメニューがまた登場しました


008



「ひやたい」なのか「ひやだい」なのかは聞きそびれてしまいましたが


011



冷たく〆られたアノにゃが麺に温かいカレーの組み合わせに


013



もういっちょカレーを組み合わせるとか(笑)


014



全然味の違う2種類のカレーを作って両方食べて唸らせるとか


015



もう何があっても驚きません


016



一つだけ言えるコトは新メニューが出たら食っとけってコトぐらいですか


019



それぐらいハズレなしというか当たりしかない店だと思います


021



近所にあったら一日二食はココってぐらいだね!



つけ麺よりもラーメンが食べたいボクですが


007



並んでラーメン食べるか並ばずにつけ麺食べるかと聞かれれば


014



つけ麺の店に行って並ばずにラーメンを食べると答えます


006



ラーメンの店は待ってる人が背後霊のように後ろに立つから特にイヤなのです


009



並ばずに入ったのはイイけれど空席1で食べてる人1とか


013



つけ麺の店ならではのまとめて調理オペなのか知らんけど


008



並ぶのと変わらない待ち時間に昼休み終了のカウントダウンが始まり


012



せっかくのラーメン食べてるのに気が気じゃないって感じでしたが


010



やっぱこのラーメンはパクチーがメチャメチャ合うわー


002



待たずに食べれるなら毎日食べたいぐらいです




いつの間にやらタンギョウ激戦区の様相のこのエリアですが


003



ボクが生まれる前からあった來々軒が一度閉店してる間に


008



レシピを教わったとか言うが現れ人気になったりもしたけど


010



木場に來々軒が復活すると聞いたときはホッとしたものです


012



たしか元々やってた人でないはずですが餃子のウマさは変わりません


013



そして値段の高さも変わりありません


018



量の少ない麺にほとんど肉も入らないタンメンと餃子で


019



1180円とか儲かってしょうがないんじゃないかと思います


017



並びにある餃子の名店やトナリ駅にもあるアソコとか


021



1000円以下で食べられるのでソコら辺検討してもらえると助かります


001



にしても最初に出る野菜に何の意味があるのか謎のままです



いつも混んでいるのでナカナカ行く機会に恵まれなかったコチラ


002



なんとなく覗いてみたところ珍しく空いていたので入ってみました


004



こういうお店にはやはり女性と来たいところですが


012



部下と二人という何とも残念なシチュエーション


014



坊主頭のゴツイのを対面にいただく窯焼きピッツァはそれはおいしく


016



コレが素敵な女性と一緒だったらもっとおいしいのでしょう


015



酔っ払いの勢いでさらにオカワリしましたが


019



ほど良いサイズなので一人で2枚は普通にいけちゃいそうです


021



んでもって今日のメインのイチボのビステッカ登場です


023



コチラも値段の割にナカナカな感じでした


001



次こそは女性と楽しみたいお店でした



ココに来るのは約1年半ぶりというゴブサタですが


052



ラな仲間たちと一緒なのでたくさんつまめるの楽しみです


039



塩レモンサワーのメガジョッキで宴はスタートです


042



呑みで使ったコトなかったから知らなかったけど


041



実にツマミが充実していてヨロシイ


045



この焼きラーメンなんかツマミとしての破壊力抜群でした


047



そんでもってお客さんに女子が多いななんて思ったら


038



こういうコトだったんですね


048



きゃーココ〇〇君の座ったトコだー!なんてのはイイとして


050



食べられもしない赤王を頼んで残すのは良くありません


049



残されるの分かってて作るのはツライですからね


037



頼んだモノは残さずに食べましょう




味さえ良ければ場所なんて関係ないなんて言いますが


004



あくまでも味が良ければの話しです


005



いつオープンしたのか分からないけど会社の近所の新店


011



以前は辰巳らーめんがあったどう考えても飲食店向きでない場所に


009



出す以上はそれなりの自信でもあるのかと思ったら


008



空席があるも待たされるコト10分以上


007



オーダー間違いを繰り返す店員にうんざりしている客たちを見ながら


010



待ってるボクも当然うんざりです


014



決して安くない価格設定に1時間勝負のランチでこの待ち時間では


012



生き残るのがとてもムズカシイのが世のランチ事情だと思います


001



次はどんな店がココに来るコトになるのでしょう




白河ラーメンといえば当然「とら食堂」なんだけど


021



車も持ってないしビンボー暇なしのボクは福島まで行けないので


005



近場で白河を満喫するしかないのです


010



近場っていっても都内在住の人間にとっては遠い北上尾


014



そうそう来れる場所ではありませんが


007



ココまで来させる吸引力がこの一杯にはあるのです


012



果てしなく現れる焼豚たちに鶏の旨みたっぷりのスープ


019



そしてふんわり食感の手打ち麺にノックアウトです


016



なぜか都内ではあまり見かけられない白河ラーメンですが


001



もっと広がってもイイと思います



↑このページのトップヘ